FC2ブログ

DiaryTOP > [出発前]

[出発前]

出発日決定!

ついに世界一周夫婦ふたり旅の出発日が確定した。

『3月15日』

大阪、伊丹から成田に飛び、
1ヶ国目オーストラリア・パースへ。

その後のルートも、ほぼ決定し、
近日中にワンワールド世界一周航空券(ワンワールド・エクスプローラー)を購入予定。
ルートの詳細はまた後日日記にUP!

想いが現実に近づいてきた。
わくわく。

ゆーじ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 出発日決定!


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

一期一会

前職の旅行会社の現地スタッフが2名来日し、
歓迎会に呼んでもらった。

久しぶりの再会を喜ぶもつかの間。
あっという間に歓迎会は終わってしまい、
「もっと話したかった」と残念に思いながら一緒に駅へ。

私と彼らは同じホームだが、反対方向へ向かう電車に乗る。
エスカレーターでホームに着くと、
ちょうど彼らが乗るべき電車が入ってきた。
終電近い時間だったので、皆急ぎ足で乗り込んでいく。

お別れの挨拶をしようとすると、
「私たちには、時間はたっぷりあります。
 次の電車で大丈夫!」
と、にこにこしながら、私の乗る電車が来るまでお見送りの時間を取ってくれた。

当たり前のように自分たちが乗るはずの電車を見送ったのを見て、
なんだかとても感動してしまった。

遠くて会えなくなってしまう大切な人との、
最後になるかもしれない時間の使い方を、また、この人たちから学んだ。
どんな人とも、一緒にいる時は「最後になるかもしれない」
そんな気持ちで、大切に大切に時を過ごしたい。

結局、私の電車が来るまでの10分程度は、
「いつものように」たわいのない冗談ばかり言っていたけど、
これから「いつものように」ができなくなるのがとても哀しく、
そして最後まで楽しかった。

彼らと一緒に仕事をして、本当にたくさんのことを学ばせてもらった。
一緒に仕事をする機会を得たことを心から感謝している。
そして、またいつか、必ず会いたい。

そんな大切な出会いに、これからの旅でも巡りあえますように。

ありさ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 一期一会


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

狂犬病の予防接種第2回目

SAN CAFE

狂犬病の予防接種2回目を受けに行った。
1回目の接種後、二人ともふらふらになったのを教訓に、
今回は用事を済ませて夕方に接種。
前回よりなぜか痛い。

残るは黄熱病だけ。
こちらはさらに接種後がきついらしい。
人によっては高熱が出る人もいるそうだ。
今からおそろしいわ。

最近いろいろばたばたしていたので、
久しぶりに二人でカフェへ。
使い古したソファーややわらかな光を放つ小さな電球が心地よい空間で、
ガトーショコラを食べながら、しばしのんびり時間。
もうすぐバレンタインだしね~。

ありさ

FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 狂犬病の予防接種第2回目


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

お好み焼きじゃけん

広島風お好み焼きじゃけん

旅行中、家財道具等の荷物を置かせてもらうため、
ゆーやんの実家がある広島に一度引越しした。

で、早速近所の広島焼きを食べに行く。
店長さんがこなれた手つきで焼いてくれる。
キャベツの蒸し具合やお肉の焼き加減など、
音を聞けばどんなあんばいになっているか分かるらしい。
あの様子だと、手元を見ないで、ブラインドタッチでも
お好み焼きが作れるはず。

ゆーやんのお母さんによると、
広島のおばちゃん達は喫茶店に行く感じで気軽にお好み焼き屋へ行くらしい。
いろんなお好み焼き屋に行って、焼き方談義をするそうだ。
そうやっていろんなお好み焼き屋で研究を重ねているから、
お母さんのお好み焼きはめちゃくちゃおいしい!!
広島ではお好み焼きのデリバリーもやっている。
ピザ屋かよっ。

ゆーやんに会うまで、人生でこれほど
広島風お好み焼きを食べることになるとは想像もしていなかった。
東京での二人暮らしを始めて間もなくしたある日、
会社帰りに満面の笑みでゆーやんが小脇にホットプレートを買ってきて
ぎょっとした。
そして、2週間に一度は目を輝かせて「お好み焼き食べる?」
と焼いてくれる。

土地に根付いた食べ物って、面白い。
小さい頃から血となり肉となってきたから、
その人なりの「作り方」や「味」がある。
食べ物は、その人を表わす作品だ。

世界中を旅しながら、その土地のとっておきを、
その人のとっておきを、味わいたい。
食べ物に込められた、その土地、その人の「誇り」のようなものも
たくさんレポートしていきたい。

ありさ

  • Comments: 4
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - お好み焼きじゃけん


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

平和への祈り

平和の祈りを捧げる

広島平和記念公園へ。
近代的なビル群を背景に、ひとつ異質な古い建物、原爆ドーム。
屋根は吹き飛ばされ、鉄柱はむき出しになり、
内部は建物の壁の破片が散らばって足の踏み場がない。
そこだけがぽっかりと時が止まっているかのようだ。

原爆ドームと元安川

原爆ドームは悲惨さの象徴のようになっているけど、
原爆投下直後の写真を見ると、ドームの周りは一面の焼け野原。
ドームは、残骸がかろうじて残った数少ない建物だったとわかる。
原爆は、すべてを焼き尽くし、人々の心の奥底まで突き刺さった。

千羽鶴

原爆資料館で、人間の作り出した地獄を目の当たりにし、
自分に何ができるのだろうと途方にくれる。
資料館の中はあまりにも暗く、痛みと哀しみが徘徊している。

でも、一歩資料館の外に出ると、太陽がとてもまぶしく、
公園内はあまりにも平和で、そのギャップに戸惑ってしまう。
明るい場所に居続けると、そこが当たり前のように感じて、
負の面に意識を向けなくなってしまう。

正直、原爆ドームのあたりの空気は重苦しく、
原爆ドームと平和公園との間を流れる元安川はお墓のような雰囲気が漂っていて苦手だ。
でも、負の遺産を見る前と見た後では、確実に平和観が違っている。
負の遺産を見て、平和について考えること、これは世界一周中も続けていきたい。

ノーモアヒロシマ

原爆投下へ向けての日米両政府の政策過程、日米両国民の原爆観については、
次の学術書がお勧め。
学術書なので、文章は固いけど、膨大な資料とデータに基づいた分析がされている。

両大戦間の日米関係―海軍と政策決定過程両大戦間の日米関係―海軍と政策決定過程
(1993/12)
麻田 貞雄

商品詳細を見る


ありさ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 平和への祈り


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > [出発前]

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top