FC2ブログ

DiaryTOP > [3カ国目 USA]ハワイ島 > 溶岩に対面

溶岩に対面

木々をなぎ倒した溶岩流

空港でレンタカーを借りて、火山を見に南部へ。

レンタカーは毎度のように小型車かと思いきや、
普通車にしては大き目の派手な青色のアメ車。
アクセル&ブレーキワーク抜群。安定感あり。しかし、燃費が悪い!(ゆーやん談)

空港でもらってきた情報誌に130号線の終点に新しい火山観測地ができていると書いてあったので、130号線を進む。
終点付近までくると、「許可された車のみ進入可」の看板。
アメリカは罰金大国なのでどうしようか迷うも、情報誌には「観測地には駐車場もある」と書いてあったのを思い出し、駐車場が見えるまでもう少し進んでみることに。
すると突然、道路の両脇に溶岩が出現したので、二人ともびっくり。
こんなとこを本当に走って大丈夫なのか不安になってきたころ、前方に止まっている車があったので、入っていい場所なのかどうか聞いてみる。
「前方に駐車場があって、そこには人もいっぱいいる」との事。
よかった。

はるか遠くの噴火口を望む人達

溶岩の断面

駐車場からは溶岩の上を1~2km、歩けるようになっている。
真っ黒の溶岩は、流れてきた時の形状のまま冷えて固まっている。
赤く流れていた時の景色を想像すると恐ろしくもある。
遠くのほうを見ると、煙が上がっているのが見え、その下にかすかに赤い炎のようなものが見える。
夜になると遠くからではあるけど、そこから溶岩が流れる様子がきれいに見えるらしい。
ガードマンのお兄さんに教えてもらった溶岩の割れ目に手を入れると、オーブンの中のように熱く、マグマが生きている事を実感した。

マカダミア・チョコ

溶岩を後にすると、たちまち霧で目の前が見えなくなった。
山の天気は変わりやすい。
なんとか今夜のキャンプ場「ナマカニ パイオ」にたどり着く。
オーストラリアやニュージーランドのキャンプ場と違って、
ハワイ島のキャンプ場には何もない!
電気はもちろん、快適キッチンやシャワー室も。
これはこの施設が無料だから?明日からのキャンプに少し不安がよぎる。

ここの標高は1200m以上。夜は冷えそうなので併設するキャビン(山小屋)にでも泊まろうなんて軽く考えていたが、
なぜか予告なしに閉まっている。が~ん。

というわけで、諦めてキャンプ場でテントも張らず車中泊。
アメ車のリクライニングは腰にくる。。。けど、足元広々。

寄り道して買ったマカダミアナッツ工場のチョコレートをデザートに、今夜は早めに就寝。
マカダミアナッツチョコ、うまうま~♪

ありさ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/71-e74e2f1f
Listed below are links to weblogs that reference
溶岩に対面 from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [3カ国目 USA]ハワイ島 > 溶岩に対面

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top