FC2ブログ

DiaryTOP > [40カ国目 グルジア]トビリシ > 中世の町並みのトビリシ旧市街

中世の町並みのトビリシ旧市街

朝7時にトビリシ駅に到着。
駅前は閑散としていて、少々治安が悪そう。
早足で宿に向かう。

トビリシ旧市街

お昼から地下鉄で旧市街へ。
19世紀の町並みが今も残る旧市街は、古い建物が多く残り、道は石畳になつている。
まるでヨーロッパのような町並み。

グルジアの母像

街を一望できるというムタツミンダ山を登る。
結構急勾配でいい運動。
中腹には、町のシンボルになっているグルジア母の像が建っている。
右手に剣、左手にワインの杯を持っており、敵が来れば剣で戦う誇りをもち、
友が来ればワインで歓迎するという意味があるそうだ。
グルジアはワイン発祥の地とも言われており、メスティアやズグディディでもブドウの木をよく見かけた。
土壌や気候がブドウ栽培に適しているのだろう。

トビリシ市街

頂上にはダビデ寺院があり、かつてマルコポーロが「絵のように美しい」とたたえたトビリシの街を一望できた。
山々に囲まれた街の中心をトルコから流れるムトゥクヴァリ川が流れ、ちらほらと教会が見える。

トビリシの平和橋

山を下りて、イタリアの建築家ミケーレ デ ルッキがデザインした平和橋へ。
中世の町並みに突然20世紀がやってきたような印象だけど、
地元の人々のデートスポットにもなっているようで、うまく町の人々に溶け込んでいた。

旧市街には大きなハンマムもあったけど、
山登りで疲れていたのでパスして、
宿の近くのレストランでグルジア料理を堪能する事にした。
後で調べてみると、ここのハンマムはただの蒸し風呂ではなく、
硫黄温泉で、貸切の個室もあって湯に浸かることもできたらしく、入っておけばよかったかも。

ありさ

*2011年9月15日の旅日記です。
4年掛けて旅の日記を仕上げていきます。もうしばらくお付き合いを!
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/678-c500c57b
Listed below are links to weblogs that reference
中世の町並みのトビリシ旧市街 from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [40カ国目 グルジア]トビリシ > 中世の町並みのトビリシ旧市街

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top