FC2ブログ

DiaryTOP > [38カ国目 ギリシャ]カストロリゾ(メイス)島 > 止まった時を過ごす ‐ カステロリゾ(メイス)島

止まった時を過ごす ‐ カステロリゾ(メイス)島

去りがたい完璧な部屋を後にする。
何時まで居てもいいと言われたけれど、
とりあえずは宿のオーナーさんが経営するカフェで、
最後のギリシャコーヒーを飲みながらネットしつつのんびり過ごす。

カステロリゾ島

短い滞在だったけれど、この小さな島カステロリゾ(メイス)島は、
大きな安らぎをくれた島だった。
ロードス島に来た時に、どの島とも違う雰囲気を感じて、島ぞれぞれに特徴があっておもしろいなと思ったけれど、
ここに来てもまた同じ気持ちになった。

カステロリゾ島の港を眺めて

豚肉が手に入りにくいからだろうか、ギュロスを売る屋台もお店も無くなり、
シーフードをメインにしたタヴェルナが港周りにずらっと並ぶ。
しかもすぐ側に海がある。完璧なるシチュエーション。
港にはウミガメさんが優雅に泳いでいる。
コの字型した港の周囲にしかお店は無いし、港からすぐ山がそびえているため、
人々は港の近辺にしか暮らしていないようだった。
島を歩いても、特別な名所もなけれどお土産屋さんすらほとんどない島。

素朴。

その言葉がぴったりの島。
他の島で多く見かけた観光客は、ここでは止まった時間を過ごすためだけに訪れる少数の人たちしかいなかった。
なかには自家用クルーザーで優雅に停留する人たちも。
何か全てが別次元で起こっているような時間の流れだった。

カステロリゾ島

島の向こうには大きな大地がすぐ近くに見えている。
トルコはすぐそこ。
でも、ここではギリシャの国旗がはためいている。
トルコに向かう船の乗組員は顔つきからトルコ人だろう。
急にアバウトになった気がする。

国が違えば、顔も性格も何から何まで違う。
目に見えない境がここにはある。
でも、ギリシャの完璧なる優雅さだけは確かにここにあった。

ゆーじ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/651-d3e9ad6a
Listed below are links to weblogs that reference
止まった時を過ごす ‐ カステロリゾ(メイス)島 from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [38カ国目 ギリシャ]カストロリゾ(メイス)島 > 止まった時を過ごす ‐ カステロリゾ(メイス)島

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top