FC2ブログ

DiaryTOP > [38カ国目 ギリシャ]ロードス島 > 中世の顔を持つロードス島へ

中世の顔を持つロードス島へ

フェリーのデッキ上で潮風を一晩中浴び、12時間かけてロードス島にやってきた。
この島に足を踏み入れてすぐに、こんなにも自分のテンションが上がるとは思いもしなかった。
それだけ自分を魅了した島でもある。

ロードス島は、ギリシャのエーゲ海に点在する島々の中でもっとも東に位置する島のひとつで、
地図上で見れば、トルコの目と鼻の先だ。
島からは、トルコへの往復フェリーも頻繁に出ている。
この位置にあるということは、歴史的にも多くの事件が起きてきた場所でもあるようだ。
そして、様々な文化が交じり合ってきた場所でもある。

ロードス島の港を眺めて

フェリーが停泊した港は、街の中心部から外れていて、宿を見つけるべく街に向かう。
ロードスの街は城壁に囲まれ、中世の面影を残している。
旧市街を歩く。
石畳の歴史ある街並み。
ガラガラと荷物を引くのにも一苦労。
こんなに苦労する場所は、ペルーのクスコくらいだ。
クスコも好きな街のひとつ。
つまりは石畳の街に単純に惹かれてしまっているだけだろうか。

観光客の数は、サントリーニ島で出くわした数に負けじと多い。
それにしても、サントリーニの白い家と青い屋根といった街並みとは、全く雰囲気が異なる。
こんなにも島ごとに雰囲気が変わることに驚きを隠せない。
エキゾチックさが微塵も感じられなくなり、まさに中世の古い街という代名詞が似合う。
なんらへんてつの無い町のような気もがするが、
それでもこの古さを感じる佇まいが、どこか自分を刺激するのだろう。

ロードス島の裏道

宿に荷物を置いて、さっそく旧市街をぶらぶらしてみる。
メイン通りはびっくりするくらいの人で溢れていて、まっすぐ歩くことができない。
ここはヨーロッパの人々にとって、歴史的にとても重要な島であったため、ツアーでの観光に来ている人を多く見かけた。
ところどこに中世の甲冑などが置かれていたり、一番の観光名所「騎士団長の居城」には、溢れんばかりの人が押し寄せていた。
十字軍の頃に起源を持つ、聖ヨハネ騎士団がこの島に移ってロードス騎士団として本拠地を構えたようだ。
ここでイスラム教徒と数多く激闘を繰り返してきたみたいだが、
全くこの歴史的価値を自分たちは知らなかったので、ここまで観光客が訪れるような島だとは思いもしなかった。

遺跡周りのあまりの人の多さにうんざりして、旧市街を出て新市街の港の方へ行ってみる。
港からは高級ヨットが並び、近郊の島々に行く観光ボートや海中を見ることができるグラスボートが並んでいる。
相変わらず天気は快晴で、すっきりと湿り気がなく、気持ちのよい太陽が輝いている。
街には普通に見かけるヨーロッパのブランド店が並び、全く普通の町という感じが漂っている。
新市街にいるとギリシャ本土から遠い島にいるという気がしてこない。
不思議なものだ。

ロードス島の夜

また旧市街に入ると、タイムスリップしたかのように一気に中世の街並みに戻ってしまう。
一本裏路地に入ってしまえば、全然人がいなくなってしまい、
歴史ある街並みをひっすりと歩くことができる。
これがなおさらこの島でテンションが上がってしまった理由のひとつだろう。
特に、夜の街並みは素敵だ。
裏路地で暗がりにゆっくりと灯るライト。
遠くでうっすら聞こえる街のざわめき。
ある狭い路地には、小さなレストランがあり、みんなワイワイがやがやと楽しく食事をしている。
暗がりにそっと佇むレストランと中の賑わいが対照的に明るかった。

ザキントス島、サントリーに島と巡り、ロードス島にやってきた。
そこには違う顔を持つギリシャの島の姿があった。

ゆーじ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:2

かっちゃん URL 2012-02-22 (水) 15:04

切ったり刺したり叩いたりで、中世の戦争って、なんか痛そう…。

心霊写真とか映ってませんでした?

96ゆーじ&ありさ URL 2012-02-24 (金) 14:53

>かっちゃん、
時代を遡れば遡るほど、戦争って痛々しいよね。
「戦争では敵に一撃で殺される人は少なくて、傷口が化膿して徐々に腐っていったり、食べ物がなくて徐々に衰弱して餓死する人が殆どなんだ」ってなことを誰かがおっしゃっていたのを覚えているんだけど、じわじわと死んでいくのって想像するだけで痛い。
古い街並みの夜は、浮かばれない霊が徘徊していてもおかしくないね。あ~写真見直せないわっ!

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/649-a70b9f63
Listed below are links to weblogs that reference
中世の顔を持つロードス島へ from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [38カ国目 ギリシャ]ロードス島 > 中世の顔を持つロードス島へ

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top