FC2ブログ

DiaryTOP > [38カ国目 ギリシャ]ザキントス島 > 優雅なるザキントス島

優雅なるザキントス島

のんびりとした朝。
テントから出ると、清々しいほど気持ちの良い天気で、気候も最適。
なるほど、ギリシャにバカンスに来る人たちの気持ちがわかる。
それくらい何の非の打ちようも無い気候。

昨日の光景が、まだはっきりと頭の中に残っている。
白い砂浜に、沈没船が横たえたビーチ。
青すぎる海と、広い空。
太陽が、美しすぎるほど儚く遥か向こうの水平線に沈んでいった時間。
全てが幻かのような時間だった。
心の中にぽっかりと穴が開いてしまうくらいに、
自分の心をそのビーチに置いてきてしまったみたいだ。
それくらい気分がぼーっとしている。

心が震え上がるほどの美しさをこの旅で何度も感じてきたけれど、
正直、もう無いだろうと思っていた。
でも、そこにはそれがあった。
世界には、まだまだ美しい場所がある。

名残を楽しむかのように、キャンプ場で、のんびり過ごす。
広く大きなキャンプ場には、数多くの車が止まっていて、みんな思い思いに過ごしている。
レストランもプールもWiFiまであるという、至れり尽くせりな設備。
敷地内からそのまま海にいけるという素敵なキャンプ場。
ビーチまで行って、のんびりと砂浜に座ってくつろぐ。
とても静かで、何組かの家族が水に戯れている。
泳ぐには水温が低すぎると思ったけど、それでもみんな楽しそうだった。

ザキントスのビーチ

この完璧さは何だろうか?
過ごしやすすぎる暖かい気候、暑すぎない程度の太陽の明るい光、透明で波立たない海。
素朴さと美しさを兼ね備えたこんな完璧な世界。
こういうところが存在するんだって思えるほどの、文句のつけ用のない世界。

ほぼ観光地化されていないこの島で目にする観光客たちは、
のんびりしたくてこの避暑地に訪れているという感じだ。
アテネで出会ったイタリア人の少年たちは、夜毎パーティに行くために、
ある島を訪れるんだって興奮して話してくれた。
エーゲ海には、そんな島もあるんだそうだ。
この島がそうじゃなくて、とんでもなく救われた気分だった。

もっと滞在したいと思えるくらい素敵な島だ。
でも、ここに少しでも長く居たら夏の間はずっと出たくないって思ってしまうんだろうな。
後ろ髪を引かれつつ、また違う島に行くことにしよう。

ザキントス島の港

昼過ぎまでのんびりと過ごし、再度、アテネに向けてフェリーに乗る。

アテネに到着する頃には日が暮れていて、案の定どこもお店が閉まっている。
たまたま通りかかったところにお店があり、
そこでスブラキなるものを頼んでみる。
豚肉をグリルし、ピタで巻いたもの。
生ビールと合わせて最高のごはんだった。
アテネのなんとも暗い雰囲気は、田舎の島々の開放感とあまりに違いすぎている。
不思議な国だ。

ゆーじ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:2

かっちゃん URL 2012-01-18 (水) 01:44

豊かさや、幸福っていろんな次元があるんだな~と思う今日この頃。

96ゆーじ&ありさ URL 2012-01-18 (水) 12:05

>かっちゃん、
普通、あんまり目にみえないはずの「豊かさ」とか「幸福」が、ギリシャでははっきり目にすることができて、不思議だったよ。
夕暮れ時に夕陽だけを求めて人が集まる感じとか、安いワインで近所のおじちゃんたちがいつまでもしゃべってる感じとか、朝の陽に輝く海とか。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/644-09805033
Listed below are links to weblogs that reference
優雅なるザキントス島 from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [38カ国目 ギリシャ]ザキントス島 > 優雅なるザキントス島

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top