FC2ブログ

DiaryTOP > スポンサー広告 > エジプトの昔と今

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/631-82d4409b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > スポンサー広告 > エジプトの昔と今

DiaryTOP > [37カ国目 エジプト]カイロ > エジプトの昔と今

エジプトの昔と今

カイロにある考古学博物館へ。

ラマダン中ということもあり、日中通りを歩いている人は少ない。
博物館に向かって歩いていると、たまたま通りかかった人が道中、やたらと声を掛けてくる。
「どこに行くんだ?」「今日は博物館は休みだ」と。
また違う人に出会うと、
「金曜はムスリムだけしか入場できない」とも、言ってくる。
もちろん嘘。こんな嘘に何の意味があるんだろうか?
博物館に行けないから(たぶん自分か友人の)タクシーでピラミッドに行こうというお話。
嘘が見え見えで、おかしくて笑ってしまう。

この博物館は言わずとも知られている、有名なツタンカーメンのマスクが展示されているところ。
その黄金のマスクを、小さい頃から見たくて見たくて仕方がなかった。
そこには、何か神秘的なものが隠されているはずだから、
それを見るとドキドキするに違いない。

カイロの考古学博物館

ピンク色をした博物館は、もちろんオープンしていて普通に入場できた。
隣の大きな建物、たぶん有名な高級ホテルは、火事で燃えたのだろう。
爆撃でも受けたかのように、黒々として朽ちかけていた。
きっとこの「中東の春」と言われるデモで攻撃されたのだろう。
ピンクと黒のコントラストが、そのデモのすさまじさを物語っている。

博物館内は撮影禁止で、かつカメラを持ちこめなかったため、
集中して展示物を見ることができた。
一階には、各時代の王の像や石棺が無造作に並べられている。
案の定、簡単な説明文があるだけで、
あまり見栄えのするような置き方がなされていなかった。
せっかくの歴史的価値のあるものが、なんとなくみすばらしく見えてしまう。
簡単に触れて、すぐに手が届いてしまうからだろうか。

それでも、置かれている石像の威厳を目の当たりにすると、
「おっー」と、うなってしまうものも数多くある。
ガイドブックを片手に、あれは何々王の像だとか、これはあそこの遺跡にあったんだと、
ルクソールで見てきた遺跡の王たちの威光がここでも輝いていた。

お目当ての二階へ。
ツタンカーメンの墓から見つかった調度品が、二階のほぼ半分を占めて展示されている。
そこで目にしたものたちは、圧倒的だった。
ほとんど全てが、黄金に輝いていた。
精巧な造り。何かしら意味のある動物達の姿。
ありとあらゆるものが気になって、ゆっくり眺めた。
ベッドまである。
とても仲が良かったと言われる王妃が置いたという草も残っていた。
そこには時間を越えたストーリーが詰まっていた。

ツタンカーメンは、19歳という若さで亡くなったらしいが、
そこにあった黄金の数々は、彼がどれだけの力を持っていたかを物語っている。
ミイラに付けられていた黄金マスクは、
見る者の心を惹きつけずにはいられない、何か独特の力がみなぎっていた。
金を見て美しいと思う事は、今まで自分の中の価値観にはなかったことだ。
装飾が合わさったことで、とんでもなく美しい姿になったのだろう。
この目に焼き付けたくて、ずっと見ていた。

博物館の展示物を通してエジプトの昔のすごさを見て、
なんだか力が抜けて呆然としてしまった。
出口の目の前には、入場する前に見えていた黒焦げのホテルが立ち尽くしていた。
展示物と黒こげのホテルのギャップがあまりに大きすぎた。
積み重ねてきたエジプトの歴史が、現在変わろうとしている。
ピンクと黒のコントラストに、改めてその事を気付かされた。

ゆーじ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/631-82d4409b
Listed below are links to weblogs that reference
エジプトの昔と今 from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [37カ国目 エジプト]カイロ > エジプトの昔と今

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。