FC2ブログ

DiaryTOP > [32カ国目 南アフリカ]クルーガー国立公園 > 生命に触れる ~ クルーガー国立公園ドライブ2日目

生命に触れる ~ クルーガー国立公園ドライブ2日目

クルーガー国立公園は、広い。
朝に今日一日どの辺を走るか目星をつけておかないと、
閉門時間までにレストキャンプに戻ってこれない。
日没後のドライブは禁止されていて、閉門時間に間に合わないと罰金を取られるのだ。

サイティングマップ

ドライブの計画を立てるときに参考になるのが、
大きなキャンプ場の掲示板に張り出してある「サイティング・ボード」。
昨日と本日の2枚の地図があり、
レンジャーや訪問者が人気の動物を見かけた場所に、
各動物の色のマグネットを置くシステムになっている。
これを見ると、どの辺りにどの動物が出没しやすいかがわかるので、
それを目安にその日のドライブの予定を立てる。

今日はどの動物に出会えるだろう。
期待に胸を膨らませ、宿のゲートをくぐる。

サイ
シロサイ
今日のドライブで最初に出会ったのがサイ。
茂みの間にいた。

シロサイとクロサイの違いは、実は色の違いではないらしい。
シロサイは地面の草を食むので、食べやすいように口が横長。
クロサイは、少し背の高い草や低木の葉を食べるので、口が尖っている。
現地の人が、シロサイを案内するとき、口を指差して「ワイド」と言ったのが、
「ホワイト」と聞き間違えられたのだとか。
色は、両方とも灰色をしている。

バッファロー
バッファロー(アフリカスイギュウ)
黄昏時、湿地帯に草を食みに来ていた。

センター分けの前髪をなでつけましたといった風貌の角が、どうしても笑えてしまう。
外巻きにカールしているし!
確か、アジアにいる水牛の角はこんな形をしていなかった。

バッファロー、ゾウ、ライオン、ヒョウ、カバは「ビッグ5」と呼ばれる動物の一つ。
これは「見るのが難しい動物5」ではなくて、「人間が狩りをする時に最も危険な動物5」だそうだ。
ビッグ5のなかでも、おとなしそうなバッファロー。
実際は、狩りをしている人間に背後から近づき、鋭い角で襲うとしてハンターから恐れられているという。

バッファローの天敵はライオンだけ。
幼獣はハイエナに狙われることがあるそうだ。

キリン
キリン
高い木が固まって生えているところによくいる。
首が長~いせいで、背の高い草が茂っていても比較的見つけやすい。

「キリンの目は、どうしてあんなにやさしい目をしてるんだろう。
 なんだあの丸っこいコブのような角は。
 きゃわい~~~!」

…と、夢中になって観察していたその時。

にょろにょろ~~っと舌が出た。

ギャァァ、気持ち悪い!

長さは30~40cmはあったと思う。
この舌を木の葉にからめてちぎり取って、もぐもぐしている。
ううむ…。
あのグロテスクな舌は見ない方がいいかも…。

ちなみにキリンは日本の法律上、ペットとして飼育できるそうだ。
飼っている人いるのかなぁ?

ゾウの群れ
アフリカゾウ
そろそろ宿の閉門時間が近づいていたので、
宿に向かって車を走らせていた時、ガサガサ音がする。
車を停めると、茂みにゾウの群れがいた。

群れは、車の少し前を横切り始めた。
ちょうど川へ水浴びに行く時間帯だったみたいで、
大量のゾウが横切っていく。
すると、後ろにもゾウのご一行。
私達は前後に挟まれてしまって身動きができない。
密林になっているその一帯はゾウの棲みかのようで、
車を少し走らせては群れが通りすぎるのを待つ、を何度も繰り返した。

群れには必ず何頭もの子ゾウがいて、
通り過ぎる時は親ゾウが子ゾウを挟み、守るようにして通り過ぎる。

他のゾウより身体が大きいボスゾウは、
たまに威嚇するかのようにこちらに視線を向けてくる。緊張する。
アジアゾウに比べて、アフリカゾウは身体が大きく、足が長い印象。


サイ、バッファロー、キリン、ゾウ…。
こういった大型の動物に出会うと、嬉しい反面、緊張する。
野生動物はどちらに進もうが自由。
次の行動が予測できない怖さ、自分が完全に安全な位置にいないという怖さ。
昨日に引き続き、大きな動物と対峙した時の恐怖をここに来てはじめて知った。

動物達は、食い食われを繰り返して淡々と生きていた。
生きるということは、この広いサバンナで餌や獲物を獲得することであり、
死から自身と愛するものの生命を守り抜くことだ。
このたくましい生態系のサイクルが繰り返されている大地に置き去りにされたら、
私は無力で小さく、生きていけないだろう。

子ゾウがいる時の親ゾウは神経質にこちらの様子を伺い、
インパラのオスは何十頭ものメスが渡りきるまで道路を見張り続けていた。
あぁ、生きるってこういう事だ。
どの動物を見ても、その生きている姿が美しくて、感動した。

今後子どもを授かる機会があれば、ぜひまた家族でここに来られたらいいと思う。
大自然での自分の無力さを感じるため。
生命に触れるため。
動物達は何も語らないけれど、その姿だけで、多くのことを教えてくれる。

ありさ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:2

かっちゃん URL 2011-08-04 (木) 02:04

♪ゴジラとメカゴジラ♪をしっとるちゅうことは、、「赤坂泰彦のミリオンナイツ」しっとるちゅうことやね!

バッファローは、髭男爵のひぐちくん。キリンは深田恭子または、故岸田今日子に似てる~。

シロサイとクロサイの違いまさに「食の多様化」やね。ビジネスで言うとこの「差別化」ちゅうとこやね。

動物園は、どちからというと人間>動物だけど、サファリは人間<動物の関係性やね。

♪ホントにホントにライオンだ~近すぎちゃってど~おしよ~♪
これは「富士サファリパーク」のテーマやで。

96ゆーじ&ありさ URL 2011-08-04 (木) 04:04

>かっちゃん、
♪ゴジラとメカゴジラ♪と、♪富士サファリパーク♪はゆーやんが
ハッと気づいたら歌っとけーうつるんよね。
中世のカツラは、もしやバッファローのまね??キリン顔はよくおるよね。 
食のすみ分けで、生きながらえとーねんね。にゃるほど~!


Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/540-57d0f758
Listed below are links to weblogs that reference
生命に触れる ~ クルーガー国立公園ドライブ2日目 from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [32カ国目 南アフリカ]クルーガー国立公園 > 生命に触れる ~ クルーガー国立公園ドライブ2日目

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top