FC2ブログ

DiaryTOP > [31カ国目 モロッコ]シャウエン > 海色の街でのんびり時間 シャウエン

海色の街でのんびり時間 シャウエン

シャウエンの街並み

山肌にへばりつく様に町が形成されているシャウエンにやってきた。
白と水色の海色に塗られた壁が張り巡らされ、坂道の至る所で猫がくつろぐ。
空色に塗られたドアは、一つ一つ形が違ってお気に入りのドアを探すのも楽しい。
まるでギリシャの島かスペインのアンダルシア地方にでもやってきたかのようで、
そこが山の中である事を忘れてしまう。

昨日までいたフェズのメディナは人でごった返し、人々の歩くスピードも早かった。
一方、シャウエンは人がまばらで、急坂のせいか、
人々は一歩一歩確認するようにゆっくり歩く。
マラケシュに住む友人によると、平坦なマラケシュに比べて、
山岳地帯の女性達はスリムできれいな人が多いという。

日が傾くと男性達がカフェに集まり、何をするともなく通りを眺めている。
時の流れがこの町だけちょっと違うみたいだ。
私達も、地元の人々のリズムに合わせてゆっくり路地を歩き、
おじさん達に混じってカフェでまったりした。

レストラン カーサハッサン

夕食は、いつもよりちょっとだけ奮発してCasa Hassanという宿のレストランへ。
メインは、「パスティラ」と「チキンのクスクス」をオーダーしてみる。
パスティラはモロッコの高級料理で、結婚式や祝い事の宴などの特別な日に作られる。
鳩肉、野菜、卵、刻んだアーモンドを薄いパイ生地で焼き、シナモンと粉砂糖を振りかけてある。
ほどよい甘さとアーモンドの歯ざわりがお菓子みたいだけど、しっかりお肉の味もする、
不思議な食べ心地のお料理だ。
このレストランは、本格的なモロッコ料理をおいしく食べられるので、
シャウエンに行く方はぜひ。

パスティラ

山の中に造られた町なのに、長期滞在する外国人をちらほら見かける。
かわいらしい街並みとゆったりとした時の流れが、
旅人をずるずる長居させてしまうのだろう。
世界中の物価が安くて居心地のよい場所は、必ずバッグパッカーの溜まり場になっている。
これで花粉がなくて海が近くにあったら、私達も離れられなくなるところだ。

ありさ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:2

かよ URL 2011-07-28 (木) 03:15

シャウエン私達は行かなかったんですよー。
やっぱり素敵な街!!またいつかの楽しみにとっておこう♪

たまにちょとイイお店で食事が出来ると幸せ感じちゃいますよねー☆

96ゆーじ+&+ありさ URL 2011-07-28 (木) 05:25

>かよさん、
そうそう、旅してると、いつかの楽しみがどんどん増えていきますよねっ。
世界2周、3周しても見切れない~!

ちょっとイイご飯、イイ宿、イイ洋服で、シアワセ~~!!!!になれるのがいいですよね☆☆☆
これが、「いつもイイ」じゃ、飽きちゃってダメなんでしょうね。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/532-b6e84b10
Listed below are links to weblogs that reference
海色の街でのんびり時間 シャウエン from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [31カ国目 モロッコ]シャウエン > 海色の街でのんびり時間 シャウエン

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top