FC2ブログ

DiaryTOP > [31カ国目 モロッコ]ムゴナ > バラ職人を訪ねて

バラ職人を訪ねて

朝摘まれたばかりのバラ

友人が働くモロッコ自然コスメを扱う会社のバラ工房にお邪魔させていただいた。
工房では、バラの選別作業が行われている最中だった。
人を酔わせてしまうような、かぐわしい香りがあたり一面に漂っている。
私達もその中に混ぜてもらい、作業をお手伝いさせていだたくことにした。

バラの選別作業

朝摘まれたばかりのバラは、しっとりとしたやわらかい手触り。
幾重にも重なった花びら一枚一枚が生命力を主張するかのように甘い香りを発している。
お手伝いさせていただくにあたって、スタッフが選別のプロとして厳しく指導してくれた。
固い蕾はドライローズ用に仕分ける。
開きかかった蕾は手のひらで軽く回し開いて香りが出やすいようにする。
茎からは苦味が出てしまうので、茎は切り取る。
枯れた花、痛んだ花、葉はゴミ箱へ。
単純そうで、瞬時の判断力が要求される作業だ。

小さい頃からバラを身近な存在として育ってきたスタッフ達は、バラの扱いがとても上手い。
ものすごいスピードで選別しながらも、バラをとても大切に丁寧に宝物のように扱う。
乾燥すると香りが飛んでしまうので、風や光が入らないようにも気を配る。
バラはとてもデリケートなので、扱い一つで香りも変わってしまうそうだ。

バラを摘み取るのは、ムゴナの農家の人々。
日が昇って気温が高くなると、バラの香りがどんどん揮発してしまうため、
涼しい早朝に家族総出でバラの摘み取り作業が行われるそうだ。

ダマスカスローズ

香りをとるためにこの辺りで植えられているバラは、
ダマスカス・ローズという種類のピンク色のバラ。
観賞用の真っ赤なバラとは種類が違う。

この辺りにバラ専門の畑は見当たらず、
野菜や果実を育てる畑と畑の間に垣根のようにバラが植えられている。
バラの収穫時期は、4月の中旬頃から20~40日間くらいと短い。
農家の人にとってバラ栽培は副収入という位置付けで、特に手入れもしないそうだ。
バラは、普段から畑を守るための防御手段としての役割を保ちながら、
開花時期には現金収入をもたらす、貴重な存在といえる。

朝摘んだバラは、その日のうちに選別作業をして蒸留する。
そうすることで、芳香成分が一番高い状態のエッセンスを抽出することができるからだそう。
翌朝に新しいバラが運ばれるまでに、その一連の作業は終えていなければいけない。
そのため、バラの収穫時期は24時間体勢で選別・蒸留作業が行われるという。

この工房では、選別されたバラは圧力がかからない伝統的な蒸留方法でゆっくり蒸留され、
それがそのまま瓶詰めされて「バラ水」として商品化される。
添加物は一切加えられない、バラと水だけが原料の化粧水だ。
蒸留後のバラは羊の餌となり、その糞は畑の肥料となるそうだ。
友人によると、バラを食べる羊はとてもおいしいのだそう。
使い捨てのゴミとして捨ててしまわず、大地からの恵みを大地へ返す、そんな考え方が素敵だ。

工房で働くスタッフは、皆、地元ムゴナのベルベルの男性達。
収穫時期以外の一年の大半は、マラケシュで瓶詰めの作業や他の商品を扱う仕事をしている。
マラケシュでの仕事の方が多ければ、
アラブ人が多く住むマラケシュでスタッフを募集すればいいのではないかと思うところ。
でも、友人は昔からバラと共に生活してきたベルベルと仕事がしたいとムゴナで人材募集をしたそうだ。
友人は社長だけど、スタッフと一緒に寝泊りするし、同じ作業をするし、ご飯もサッカーも一緒にする。

今回、スタッフの皆さんと一緒に作業をさせてもらって気づいたのは、
彼らがバラの仕事に携わることが大好きで誇りとしている事。
農家さんから質のよいバラを仕入れ、選別し、蒸留し、瓶詰めする。
彼らは質の高いのバラ商品を生み出すバラ職人なんだと思った。
自分の仕事に誇りを持って喜んで仕事をする彼らを見て、自分も帰ったらそうありたいと思った。

ムゴナを出るとき、友人からバラ水をプレゼントしてもらった。
「しっとり、つるつるの肌になりますよ」との事。
前に使ってすごくよかったから知ってるよー。欲しかったのだ!
蓋を開けると、甘美な香りが広がる。
これから蓋を開けるたびに、ムゴナの緑とやさしいベルベルのバラ職人達が蘇るはずだ。
100mlのバラ水に、約60個ものバラのエッセンスが詰まっているとの事。
大切に大切に使わせていただきたい。

男性には興味がなかったかもしれない今回の日記…スミマセン。
でも、一度この香りをかいでみたら、男性も夢中になってしまうはず。
モロッコでは男性がバラのコスメを買っている姿をよく見かけるし、
プレゼントしても喜ばれること間違いなし。
バラの香りには、缶コーヒーより?アイドルより?癒しの成分がたっぷり含まれていると思う。

☆☆☆
ここのバラ職人さんのバラ水は、日本のナイアードさんで買えますよ~!

ありさ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:6

ゆっきー URL 2011-07-22 (金) 00:11

めっちゃ素敵な化粧品ですね!パッケージもきれいだし、しかもそんなに高くない!
日本に帰ったらぜひ試してみたいです!!

96ゆーじ & ありさ URL 2011-07-22 (金) 00:33

ぜひぜひ~!香りがもう、たまらないんですっ。
瓶ごと冷蔵庫に入れてお風呂上りにシュってやると、「さわやかになるひとーとき(コカコーラ風)♪」が流れちゃいますよ~♪♪

よしこ URL 2011-07-22 (金) 14:23

バラ水早速購入しまーす!
お腹がだいぶ大きく、よいこらしょって感じになってきました。ひゅうごはお兄ちゃんっぷり炸裂で、なんでもお手伝いしてくれます。日本はいろいろ放射能とか心配なことがあるけど、あまり気にせず、ゆったりと過ごしています。気にしすぎるほうが、体に悪い気がするしね。
暑くてどこにも行けないけど、ここを読んで、一緒に旅した気になってます。
いつもありがとう。。

96ゆーじ&ありさ URL 2011-07-22 (金) 17:46

>よしこ、
うれしー。ふんわりバラ仲間~♪
お手伝いしてくれるひゅうご、ますますいい男だー!結婚してー!!!
ニュースは心配だし、あっついけど、い~っぱい食べて夏を乗り切られますように。
こちらこそ、いつもありがとうです!

マル URL 2011-07-22 (金) 17:54

プレゼントにもこれすんごく喜ばれそう!
仕事が決まったら、早速購入してみます。
自分へのご褒美として・・・ぐふふ
ってか、クロちゃんは奥様にちゃんとプレゼントしたの!!??

96ゆーじ&ありさ URL 2011-07-22 (金) 21:35

>マルちゃん、
めんそ~れ!
今日もとろぴか~るな朝だった?
自分へのご褒美は多い方がよいのだ!いぇーい。
ご質問の答えは、
「プライベートな質問はお控えください」byクロだそう。
てか、もらってないもらってないもらってなーい!!

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/530-caa3ab12
Listed below are links to weblogs that reference
バラ職人を訪ねて from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [31カ国目 モロッコ]ムゴナ > バラ職人を訪ねて

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top