FC2ブログ

DiaryTOP > [26カ国目 ポーランド]クラクフ > ポーランドNO1の魅惑の宿

ポーランドNO1の魅惑の宿

ヨーロッパでの宿は、基本的にホステルワールドというサイトで事前に探して予約している。
このサイトの良い所は、宿泊客による「個性、安全性、場所、スタッフ、楽しさ、清潔さ」の6つの評価が載っていること。
総合評価順に検索結果を並べることもでき、宿泊料金が安くても評価が低い宿は避けることができる。

ポーランドの宿も、例によってホステルワールドでどこにしようか検索していると、
ゆーやんが「すごい宿があるよ!」と言う。
ホステルワールドがお客さんの総合評価を基に毎年出しているランキングで、
「東欧で2位」、「ポーランドで1位」、「小さなベストホステル部門で世界3位」
のホステルがあるとのこと。
その宿の名前はGreg & Tom

こういう人気宿のドミトリーは、ものすごく混んでいることが多いので、今まで敬遠していたのだけど、
別館(Greg & Tom2)のダブルルームがドミトリーとあまり変わらない料金だったので、
どんなところか泊まってみることにした。

別館に宿泊する場合も、本館受付で手続きが必要なので、まず本館へ。
本館は、クラクフ駅やショッピングモールの目の前にあってかなり良い立地。
受付でチェックインをすると、宿のルールの説明後、クラクフの街の見所についてとても丁寧に解説してくれる。
そして、一番驚いたのがこの一言。

「夕食は19時だよ。」

え~~~?
夕食が付いているなんて全く期待していなかったので本当にびっくり。
ハイシーズン以外は夕食もサービスしているらしい。

別館は、本館から歩いて約5分の所にある。
ビルの階段を上がると、誰かのマンションの一室のような扉の前へ。
中に入ると、本当に誰かの家みたい。
共用のキッチン、ダイニング、リビング、シャワールームを囲むように客室が3部屋。
スタッフのお兄さんは部屋の説明が終わると、入り口と部屋の鍵を渡して、にこやかに本館に帰っていった。
まるで、誰かの家の鍵をぽんっと手渡されたような気分。
その日、別館には私達しか泊まらなかったので、共用スペースは私達だけで使わせてもらうことができた。

Greg & Tom2 客室

部屋には清潔なタオルが置かれていて、キッチンにはいつでも食べられるようにコーンフレークが置かれている。
あ~、こんなにのびのびしたのは何ヶ月ぶりだろう。
インターネットは本館にしか設置されていないけど、そのお陰でゆっくり過ごせるのもいい。
(別館宿泊客も本館の設備を利用できるので、ネットは本館で)

期待の夕食の時間になると、本館へ。
19時になると「どうぞ~!」とスタッフの方が声をかけてくれるので、ぞろぞろとキッチンへ向かう。
そこでまたまたびっくり。

Greg & Tom ある日の夕食

サラダやコロッケやハムやチーズなどがバイキング形式で並んでいる。
ホテルでもないのに、こんなにきちんと夕食が出るなんて感動だ。
そして夕食の内容は毎日変えてくれる。
皆で一斉に食べるスタイルではなく、空いているソファーや椅子で自由に食べられるのも嬉しい。
すごいのは夕食だけでなく、朝食も。
朝食も、サラダやチーズやフルーツなどがたっぷりバイキング形式でいただけるのだ。

夜は、リビングの大型プラズマテレビでDVDを鑑賞。
ブラジルで買った音楽DVDを観ながら思いきり歌い踊ったり、ボリビアで買った映画のDVDを観たり。
毎晩、まるで自宅にいるかのようにくつろぎながら、
帰りの飛行機のチケットがなければもっと長居できるのにと、宿にいる時間を惜しむように楽しんだ。

ホステルワールドの2010年のベストホステルのランキングを見てみると、
世界1位~3位まですべて、ポルトガルのリスボンのホステルが入賞している。
これらのホステルは写真を見るだけでも居心地がよさそうで、「宿に泊まる」という目的でリスボンに行きたくなってしまう。

ありさ

FC2ノウハウ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:2

amamian3 URL 2011-05-25 (水) 06:57

「アウシュビッツ」で少し考え込んでしまって・・・で、この記事
ホッとしましたよ 正直(笑  旨そうなコロッケ!!

96ゆーじ & ありさ URL 2011-05-27 (金) 01:09

>amamian3さん、
私達もアウシュビッツから帰るときはどよ~んと沈み込んでいましたが、宿のお陰で気分転換できました~。
コロッケはカリカリ、ほくほくでしたよ~!

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/487-61f3f812
Listed below are links to weblogs that reference
ポーランドNO1の魅惑の宿 from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [26カ国目 ポーランド]クラクフ > ポーランドNO1の魅惑の宿

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top