FC2ブログ

DiaryTOP > [18カ国目 南極]南極クルーズ > ペンギンに詳しくなる ~ 南極上陸クルーズ 3日目

ペンギンに詳しくなる ~ 南極上陸クルーズ 3日目

今日も朝からゆれゆれ~。
気持ち悪いので、朝ごはんも昼ごはんもパス。
夕方、ようやく悪夢のドレーク海峡を抜けて揺れが落ち着いてきたので、
バーに軽食をつまみに行き、ついでにペンギンの生態についてのレクチャーに参加する。
上陸などのアクティビティーがない時間は、乗船客が退屈しないために様々なレクチャーが設けられているのだ。
船には生物学者、ナチュラリストなどの専門家が同船していて、
それぞれの専門についての知識を分けてくれたり、南極関係のビデオが上映されるのだ。
実は昨日も数回レクチャーが開催されていたのだけど、酔っていたのでそれどころではなかった。
あの揺れの中、参加した人いるのかなぁ?

ペンギンのレクチャー

さて、ペンギンのレクチャーが始まった。
南極には数種類のペンギンがいるけれど、今回のクルーズの行程では、
1m近くの大きな身体を持つコウテイペンギンとオウサマペンギンは見られないだろうとの事。
また、南極大陸で繁殖するのはコウテイペンギンとアデリーペンギンの2種のみで、
他のペンギンは大陸周辺の島で繁殖するそうだ。
そして、コウテイペンギン以外は夏に卵を生み育てるので、
ちょうど今の時期に子育ての様子が見られるだろうとの事。
これは、嬉しい驚き。
ペンギンの雛、かわいいんだろうなー!

今回のクルーズで見ることの多いのはアデリーペンギン、ヒゲペンギン、ジェンツーペンギンだそうで、
これらはすべて同じアデリーペンギン属に属するため、細かい違いはあっても習性は似ている。
・体長は70~75cmくらい。
・雪のない地表に小石を積み上げて巣をつくる。
・巣の真ん中がクレーターのように浅くくぼんでいて、そこに卵を2つ産む。
・雄と雌が交互に卵をあたため、一方が捕食に出る。
・陸上ではヨチヨチ歩きをしているが、水中では時速20~38kmくらいの速さで泳ぎ、イルカのようにジャンプすることもある。
・外敵や寒さから身を守るために集団で暮らす。
・食べるものは主にオキアミと呼ばれる甲殻類。
・天敵は、陸上ではナンキョクオオトウゾクカモメという鳥で、これが雛や卵を奪っていく。
・海ではアザラシ、シャチ、サメに狙われる。
・雛が大人になるときは、下から順番に毛が生え変わる。
・背中が黒く、お腹が白いのは水中で狙われた時に他の色と同化しやすいから。
・1年に1回、繁殖期後に換羽(かんう)し、羽毛が生え変わる。

と、こんな感じだったと思う。
一番驚いたのは、雄と雌が交代で子守をすること。
一方が餌を取りに行っている間、もう一方はひたすら卵や雛を温めて待っているらしい。
寒い南極でじっと寒さに耐えながら相手の帰りを待っている姿を想像すると、もう涙ものだ。
各ペンギンの違いについても説明があったけど、こればっかりは実際に目にしないとよく分からないので、
上陸を楽しみにすることにする。

夜になるともうすっかり揺れも収まり、ようやく食事にありつけた。
食べられるって嬉しい。
揺れも収まったところで、船内をご紹介。

ロビー

まずは、ロビー。
好きな時に来てくつろげる。
毎日16時にはカウンターにサンドイッチやビスケットの軽食が並ぶ。

果物&ホットドリンクコーナー

大好きなフルーツとホットドリンクコーナー。
24時間利用可。
桃、葡萄、リンゴ、バナナ、洋ナシ、オレンジなどが食べ放題。
クノールのインスタントスープとココアが意外とおいしかった。

スペイン語のレクチャールーム

スペイン語用レクチャールーム。
英語人口の方が多いので、地下の大きなレクチャールームは英語用。
スペイン語圏の人達は陽気な南米人が多いので、レクチャー中はいつも笑い声がこだましていた。

唯一のパソコン

船ではインターネットはできないが、メールは可能。
但し、船専用のメールアドレスを使うことになり、1通3ドル!

シンプルに、必要なものは手近な場所ですべて揃っているウシュアイア号。
明日はいよいよ上陸。
楽しみ!!!

ありさ

FC2ノウハウ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:2

よしこ URL 2011-02-20 (日) 11:23

酔ってしまったのね。。酔うのは辛いよね。。
心なしか写真からも揺れが感じられてこちらも、ゆーらゆら。
ここをしのげばきっとすごい体験が待ってるんだろうね。ありさとゆうじさん、そして船に乗ってるほかの方々も頑張れー!

96ゆーじ & ありさ URL 2011-02-20 (日) 12:31

>よしこ、
ガラパゴスもニカラグアのコーン島も激しかったけど、2日間も続く大波揺れは衝撃だった。
ゆーやんは2段ベッドの上に寝てたんだけど、傾きすぎて何度か落ちかけてたよっ。
船乗りは酔わないらしいけど、体調悪かったりしたらやっぱり酔うんだろうな。
海の仕事は大変そうだわー。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/413-25fe4663
Listed below are links to weblogs that reference
ペンギンに詳しくなる ~ 南極上陸クルーズ 3日目 from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [18カ国目 南極]南極クルーズ > ペンギンに詳しくなる ~ 南極上陸クルーズ 3日目

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top