DiaryTOP > スポンサー広告 > 朝陽に輝くフィッツロイを目指して

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/394-f178cddc
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > スポンサー広告 > 朝陽に輝くフィッツロイを目指して

DiaryTOP > [17カ国目 アルゼンチン]エル・カラファテ > 朝陽に輝くフィッツロイを目指して

朝陽に輝くフィッツロイを目指して

早朝3時半に起床。
テントから出ると、当たり前だが、真っ暗。
ここまで暗いのに、歩けるのか?
と思ったけれど、ライトで道を照らしつつ歩き始める。
そして、かなりの寒さ。
雨が降っていないだけ、ましかな。

こんな早朝から歩き出す目的は、
朝陽の中輝くフィッツロイを見るため。

テントサイトから1時間15分掛けて3kmの道のりを行く。
まさか目の前にある山の上まで行くのではと、
昨日話していたけれど、まさにその通りだった。
見るだけできつそうな急勾配。

少し早めに出たので、ゆっくりとゆっくりと進む。
全く周りが見えないので、道が全然わからない。
立ち止まってはライトをかざして行く道を探す。
こんな所で迷ったら、戻って来れなさそうだ。

下からもいくつかのライトの光が見え、トレッカーが登ってくるようだ。
それを見て道を間違っていないなと安心できる。

登るにつれ、汗をかくぐらいに体が熱くなってくる。
そして、空がうっすらと明らんでくる。
もう少しで到着なはず。

5時過ぎ、もうすぐで小高い山の頂上に到着するところ。
そこで目の前にフィッツロイのシルエットが目の前に飛び込んでくる。
辺りはまだ薄暗い中けれども、その稜線の美しさはとても際立っていた。
とんでもない迫力とその造形美に鳥肌がたってしまった。

うわっ。

と二人して声を上げる。
涙が出てくるほどに美しかった。

そして、自分たちに見られた事がわかったかのように、
フィツロイは雲を吐き出し、その稜線を隠していった。
少しの間だけれど、その全貌をこの目に焼き付けることができて幸せだった。

山の頂上まで登ると、すぐ下に湖"Laguna de los Tores"がある。
そして、目に前にフィッツロイ。
フィッツロイの名の通り”煙を吐き出し”続けている。

この頂上で朝陽を待つ。
しかし、温まった体が冷えてくると、もうほんとに寒い。
特に山から吹き降ろす風が冷たく、手を出しているとかじかんでしょうがない。
ありさは寝袋を持参して、包まって暖を取る。

朝陽待ちのありさ

陽が上って来た。
フィッツロイは相変わらず雲に覆われている。

朝陽前のフィッツロイ

それでも、太陽が昇る時の空の赤さには驚いた。
こんなに燃えるような赤が見えるなんて。
静かな朝とは思えないくらい、自分の心が燃えるように興奮してくる。
ほんとうにきれいだ。

朝焼け

どんどん陽が高くなっていってもフィッツロイの雲はそのまま覆いかぶさっていた。
いつまでも見ていて飽きないくらいの雄大さを見せつけられ、
ずっと山を見続けていた。
ありさはさすがに寒さが堪えるらしく、先に山を下ることに。
自分はもう少しこの景色を見ていたかったので、寒いけれど、
そこに留まった。

雲を吐き出し続けるフィッツロイ

30分くらいひとりでそこに居ただろうか。
さすがに凍りつきそうになってきたので、下山。
ちょうど雨が降り始めてきた。
今日はフィッツロイの稜線を拝むことはできないだろうな。

下りはすいすいと駆けるように降りて、30分でテントサイトへ。
朝ごはんのサンドイッチを食べてから、また眠ることに。
のんびりできるから、キャンプ生活は好きだ。

お昼には、荷物を担いで来た道を戻る。
少しだけ氷河を眺めに行ったけど、あまりの強風で飛ばされそうなので、
あきらめて、のんびりと帰り道を行く。

カプリ湖を過ぎた辺りからは天気がよかったけれど、
振り返って見たフィッツロイはまだ雲が架かっていた。
朝陽に輝くところは見れなかったけれど、
暗闇で見たフィッツロイの迫力と美しさは忘れないだろう。

とてものんびりと過ごせたフィッツロイ。
もう2,3日キャンプしてもよかったなと思うくらい、
素敵な国立公園だった。
これが入場料無料なんだからすごいことだ。

ゆーじ

FC2ノウハウ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/394-f178cddc
Listed below are links to weblogs that reference
朝陽に輝くフィッツロイを目指して from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [17カ国目 アルゼンチン]エル・カラファテ > 朝陽に輝くフィッツロイを目指して

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。