DiaryTOP > スポンサー広告 > 流血?インディヘナのおばちゃんプロレス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:-

きうち URL 2010-12-29 (水) 13:02

えぇぇ!?ボリビアでルチャリブレ???有名なんですか?
これは、見たい。。。このおばちゃんの迫力たまりませんです♪
てか怖っ!!笑

96ゆーじ&ありさ URL 2010-12-29 (水) 13:45

>きうちっち、
有名みたいよ♪
外国人料金があって、列に並ばずチケット買えて、お土産券&軽食券とトイレ券がついてくるよ。
日曜しかやってなかったはず…。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/363-a8cd1a30
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > スポンサー広告 > 流血?インディヘナのおばちゃんプロレス

DiaryTOP > [15カ国目 ボリビア]ラパス > 流血?インディヘナのおばちゃんプロレス

流血?インディヘナのおばちゃんプロレス

日曜日のラパスの恒例行事と言えば、日曜泥棒市とおばちゃんプロレス(ルチャリブレ)。

宿のすぐそばから丘の上の「エル・アルト」に行くバスに乗って出発。
バスはぐんぐん高度を上げ、住宅街を抜けていく。
丘のてっぺんまで来て、商店が並ぶ街らしくなったところで、突然「終点」と言われバスを降ろされる。

事前に調べていた情報では、バスを降りる地点は道路の料金所や橋の近く。
降ろされた場所には料金所も橋も見当たらないし、そこがどこだがさっぱり分からない。
近くの人に聞いてみるが、やっぱり分からない。

とにかく日曜日にだけ開催される大きな市に行きたいのだと訴えると、バスに乗るといいと教えてくれた。
バスに乗ると、乗客の皆が降りる場所を教えてくれる。
そこで降りてみると、確かに露店がひしめき合う大きな市になっている。
でも、ほとんどの店が新品を扱っており、泥棒市のような雰囲気がない。
やっぱりここではない、とまた人に聞いて元の場所の近くまで戻った。
どうやら、私たちが最初に乗ったバスは、他の旅人が利用するバスとは違う経路をたどるものだったみたいで、
降りる場所や降りてからの地図などの情報が全然役に立たなかったのだ。
あっちこっち聞きまわりながら、やっと目的地に到着した時にはかなり疲れていた。

エル・アルトの日曜市

それでも、今日は探し物があるので気合を入れて市場へ向かう。
家にあった古いものを全部持ってきたような、誇りまみれの雑多なものから家電まで、
ありとあらゆる露店が果てしなく続く。

目指すは、靴の露店。

旅に出て以来ずっと履いていた大好きなメレルの靴底がすれて穴があいてしまっているので、
雨の日など、限界がきてしまっているのだ。
どんなに大好きな靴も、歩き方が悪いせいか、私が履くと1年が寿命。
歩き方に気をつけるようにはしているけど、気が付いたら踵の端が磨り減っている。
メレルの靴底がやわらかいせいもあると思うのだけど、やっぱり新しい靴を買うときはメレルを買ってしまう。

今回もやっぱり。

メレルの冬用のもふもふブーツを見つけて、一目ぼれ。
履いてみると、なんと!サイズもぴったり。
普段履き用には、これまた偶然にもサイズがぴったりのコロンビアの靴が見つかった。

ゆーやんは私と同じ時期に靴を買ってもちゃんと長持ちさせる。
今履いている靴もかなりきれいに履いているけど、足のサイズにぴったりのコロンビアの山靴に出会ってしまったので、勢いに乗って購入。

ほくほく気分で、ルチャリブレの会場へ向かう。
会場前のチケット売り場では地元の人達が行列を作っていた。
外国人は地元の人の何倍もの料金を払うので、行列に並ばずチケットを購入して、すぐに会場内へ。
リングに近い席が外国人用、壁側が地元の人用の席になっていた。

おじさんルチャドール

チケットに含まれるポップコーンを食べていると、最初のルチャドールが登場。
少々お年を召しているおじさんは、動くたびに息をきらしていて、動きにもキレがない。
ドタドタと1試合目が終わると、長い間。
メキシコで見た時は完璧にシステム化されていたけど、ここの田舎っぽい素朴な感じもいい。

おばちゃんルチャドーラ登場

長い長い待ち時間の後、お待ちかねのインディヘナのおばちゃんが踊りながら登場。
ボリビアの民俗音楽に合わせてくるくる回りながらリングに近づくおばちゃんに、会場は大盛り上がり。
おばちゃんがやられてうずくまると、大ブーイングで悪役ルチャドールにポップコーンや水をかけまくる。

流血!

悪役がどこからか板を持ってきてそれで頭を叩いたため、遂におばちゃん流血!
頭から血を流しながら反撃した時は、世界のヒーローみたいに歓声を浴びていた。

ルチャドーラ おばちゃん同士

その後、おばちゃん同士、おばちゃんと悪役兄ちゃんの試合が行われる。
観客の飲んでいるコーラがぶちまかれたり、どこからか木箱を持ってきてそれで叩いたり、
足の不自由な観客の松葉杖を武器にしたりと、かなりきわどい試合に興奮しながら楽しんだ。
メキシコでルチャリブレを見た時は、男同士の美しい力技を魅せる真剣な試合が多かったけど、
今回のは試合というより劇やドラマのようだった。
強そうにはとても見えない、てっぷり太ったおばちゃん達が、
スカートをひらひらさせながらリングの上でドテーンドテーンとひっくり返ったり飛んだりすると、
とても愛らしくてコミカルで、笑えるのだ。
最初はやられていたおばちゃん達を、いつの間にか応援している自分に気づく。
おばちゃん達がやられると、自分まで痛い気がする。
誰もが心のどこかで、お母ちゃんたちは悪いものを退治して守ってくれる存在でいてほしいと思っているからかもしれない。

最後の試合は、それまでののほほんとした雰囲気と打って変わっての真剣勝負。
男性ルチャドール4名の俊敏な動きに何度も息を呑んだ。
おばちゃんプロレスも面白いけど、筋肉がぶつかり合うこっちも面白い。

試合の後

熱気の中、最後の試合が終わると、子ども達がワーッとリングに詰め掛けよじ登る。
リングって神聖なイメージがあったけど、ここでは誰もそれを止めないので、恒例のことなんだろう。
私たちもリングに向かい、床を触ってみると、かなり固い。
こんな床に叩きつけられるなんて、めちゃくちゃ痛いんだろうな。
さっきまで笑って見ていたけど、痛い思いをして身体を張って、たくさん笑わせてくれてありがとうと思った。
人を笑わせるのって、大変な職業だ。

ありさ

FC2ノウハウ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:2

きうち URL 2010-12-29 (水) 13:02

えぇぇ!?ボリビアでルチャリブレ???有名なんですか?
これは、見たい。。。このおばちゃんの迫力たまりませんです♪
てか怖っ!!笑

96ゆーじ&ありさ URL 2010-12-29 (水) 13:45

>きうちっち、
有名みたいよ♪
外国人料金があって、列に並ばずチケット買えて、お土産券&軽食券とトイレ券がついてくるよ。
日曜しかやってなかったはず…。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/363-a8cd1a30
Listed below are links to weblogs that reference
流血?インディヘナのおばちゃんプロレス from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [15カ国目 ボリビア]ラパス > 流血?インディヘナのおばちゃんプロレス

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。