FC2ブログ

DiaryTOP > [ありさ 一時帰国]日本 > 紅葉の霧降の滝

紅葉の霧降の滝

<ありさ日記、ゆーじ一人旅中>

霧降の滝 もみじの下で

新婚の友人夫婦に案内してもらい、栃木県日光市の霧降の滝(きりふりのたき)へ。
到着してみると、ちょうど紅葉が見ごろを迎え、観光客で賑わっていた。
バスが出発するまで、茂みに入って落ち葉拾いをするおばちゃん達。
色づいたもみじの葉っぱは、誰へのお土産なんだろう。

新婚さん

昨日、結婚式を終えたばかりの二人が歩調をあわせて歩く。
昨夜は4次会まで飲み、今日も電報の返事などいろいろすることもあるはずだし、疲れているはずなのに、
せっかくだからと栃木県を案内しようとしてくれる二人の心遣いがとても嬉しい。
昨日も思ったけど、二人は、とてもいい。

紅葉の霧降の滝

遊歩道を7分くらい歩くと、観瀑台に到着する。
目の前には、紅葉の間を縫うように白く流れる滝の線。
この滝は上下2段になっており、
下段の滝が岩に当たって霧のように飛び散って流れ落ちることから「霧降の滝」と呼ばれているそうだ。
華厳滝、裏見滝とならんで日光三名瀑でもあるらしい。

もし、中南米でこの滝があったら?
恐らく、滝つぼまで遊歩道を整備するか、滝つぼまで滑り落ちるアトラクションを作るだろう。
中南米で滝は、近づいてなんぼ、触ってなんぼ、の扱われ方をされている。
自然は、ただ単に愛でるものではなく、中に入っていって体感するもの。

霧降の滝でも数年前までは観瀑台から滝つぼまでの道があったらしいが、今は通行止めになっているそうだ。
そう、滝つぼまで行かなくても、観瀑台からの眺めで充分だ。
日本人は、静かに自然を眺め、愛でることが上手いのだと思う。
中南米と日本、どちらがいいというのではなく、自然との関わり方が違うのだと感じる。

山のレストラン

お昼ごはんは、遊歩道の出発地点にある「山のレストラン」で。
この日は新郎の誕生日で、一緒に誕生日をお祝いさせてもらえることが嬉しくも、つくづくお邪魔な私。
このレストランのテラスからは滝も見下ろせる。
とれたての舞茸の味わいが深い、とーってもおいしいお昼だった。

霧降の滝 森を見上げる

滋賀県ではまだ木々が色づいていなかったので、今回の帰国で紅葉を楽しめるなんて思ってもみなかった。
ぐっと冷えれば冷えるほど葉っぱは深く、鮮やかに色づく。
寒いのは苦手だけど、こんな景色に出会えるなら寒いのも我慢してもいいと思えてしまう。

夜は「せっかく大きいお風呂に入れる機会だし、ゆっくりしておいでよ」という、
やさしい新郎の言葉にまたまた甘え、新婦と温泉へ。
お風呂で果てしないガールズトークを繰り広げ、ゆでたこになって新郎のお迎えの車を待つ。
ほくほくほく。

結婚式の次の日なのに、せっかくのお休みなのに、お邪魔してすみません。
本当に本当に、本当にありがとう。

ありさ

FC2ノウハウ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/320-332b576a
Listed below are links to weblogs that reference
紅葉の霧降の滝 from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [ありさ 一時帰国]日本 > 紅葉の霧降の滝

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top