FC2ブログ

DiaryTOP > [13カ国目 エクアドル]ビルカバンバ > 美しい山と最高の気候 ビルカバンバ

美しい山と最高の気候 ビルカバンバ

<ゆーじ日記、ありさ一時帰国中>

昨日の雨上がりの暗い雰囲気と騒がしい気配は微塵も感じない。
路上を歩くいくつもの馬の足音で目が覚める。
太陽が照っていて、朝からぽかぽか陽気。

馬の足音で目覚める ビルカバンバ

ドミトリーで一緒になったマレーシア人と朝ご飯を一緒に食べる。
(宿は朝ご飯付き!)
マレーシア人の旅人って出会った事が今までに無い。
久し振りにアジア圏の人と会ったので、いろいろ話をしてみた。

彼は山登りが好きらしく、昨夜まで1週間この近くの山でキャンプしていたらしい。
今日ペルーに向けて旅立つ。
これからのルートがだいぶ似ているのでどこかで遭遇するかもねって話していたら、
イースター島に行く日程がモロに被っていた。
またイースター島で!

旅音さんが著書「中南米スイッチ」で紹介されていた宿、
”LE RENDEZ-VOUS”を覗いてみた。
あいにく満室で宿泊できなかったけれど、
宿のオーナーさんと少し話をした。

この宿の雰囲気、今までに無い心地よさを感じる。
庭と部屋が見た目からして素敵なのだ。
今日の青空と暖かい陽気がさらに心地よく感じる。

LE RENDEZ-VOUS ビルカバンバ

オーナ夫妻はフランスから移り住んでもう10年になるらしい。
昨日のニュージランド人に聞いたように、なぜこの地を選んだのか聞いてみた。
答はやはりシンプル。そして昨日と同じように、
”美しい山と最高の気候”

確かに今日の朝からのこの陽気は最高にすがすがしい。
湿度がほとんどなく、からっとして暑すぎない春の陽気がずーっと続くような陽射し。
これが年間を通してあまり変わらないのだろうか。
そうだとすると、とんでもなく気持ちのいい毎日だ。
さすがに長寿の村というだけあって、
過ごしやすさというのは長生きには重要なことなのだろう。

さらに山々に囲まれて緑豊かで空気が澄んでいる。
この山々を馬で駆けると気持ちがいいだろう。
グアテマラのサンペドロ・ラ・ラグーナでの生活を思い出す。
湖の畔の小さな村。大きな火山に囲まれている。
気候や雰囲気は全然違うけれど、どちらも田舎という感じや
その村の静けさや人の少なさが似ていて、
住むには最高の場所だろう。

今夜は昨夜と違い、とてつもなく静か。
町にも宿にもほとんど人がいない。
ドミを一人で貸しきってのんびりくつろぐ。
これがほんとのビルカバンバの静けさなんだろうな。

ゆーじ


FC2ノウハウ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/303-cac28005
Listed below are links to weblogs that reference
美しい山と最高の気候 ビルカバンバ from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [13カ国目 エクアドル]ビルカバンバ > 美しい山と最高の気候 ビルカバンバ

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top