FC2ブログ

DiaryTOP > スポンサー広告 > 大自然動物公園ガラパゴス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/289-17c2b9ea
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > スポンサー広告 > 大自然動物公園ガラパゴス

DiaryTOP > [13カ国目 エクアドル]ガラパゴス諸島 > 大自然動物公園ガラパゴス

大自然動物公園ガラパゴス

ガラパゴス。
その名前を聞くと、思い出すのが”ダーウィン"と"進化論”。

ダーウィンがガラパゴス諸島を巡り、島毎の動物の生態を観察して、
その後、生物の進化について説明した”種の起源”を記したという。
今では当たり前になっている話だけれども、進化はある種からの分岐により多様になっていったと考えた。
例えば、チンパンジーや人間(全ての生物)は遠い昔に共通の祖先から分岐してきたもので、
チンパンジーはいくら時間が経っても人間にはならないということ。

今までは生物の多様性を、そのものが創造されたものとしか考えられていなかった。
そこにこの学説を考え出した事がすごいことだ。
この島の動物たちを見てどうしたらそういう考えが浮かぶのか見てみたい。
小さい頃から機会があれば、訪れてみたかった島。

ガラパゴス諸島は、いくつかの島で成り立っているエクアドルの国立公園であり、
そのほとんどが世界遺産である。
今では危機遺産に指定されているほど、環境悪化が問題となっている。
そこで維持費としてなのかどうか定かではないけれど、
ガラパゴスに入島するのに必要な料金が、なんとひとり100USD!!
さらにツーリストカード代として10USD。
そして、船では行く事ができなので、エクアドル国内から飛行機で飛ぶ必要がある。
なんとも高価な島。
そこまで貴重なものなのか?
訪れるのにかなり悩んだけれど、短い日数であまりお金を掛けないでなんとか行ってみようという事に。

一般的には、エクアドル国内(キトまたはグアヤキル)から飛行機でガラパゴス入りして、
そこからクルーズ船に乗って島々を巡る。
しかし、そのクルーズの料金も1日約100USD近く掛かるとの事。
さすがにそれでは破産しそうなので、バックパッカーがよくしているように自分達で島を巡ってみることにした。
もちろん自分達で行くからには、行けない島があったり、見ることができない動物達もでてくるけれど、
なんとか最低限自分達で巡っても楽しめるはずと、期待していざガラパゴスに旅立った。

キトから乗った飛行機は、1時間半あまり掛けてガラパゴスへ。
意外に大陸から離れている。そのため時差まである。
ガラパゴス諸島の真ん中にあるサンタ・クルス島の北に位置する小さなバルトラ島へ。
ここには飛行場があるだけ。
乗客はほとんどが欧米人の50歳オーバーなツアー客ばかり。
バックパッカーらしき人はほとんど見かけない。

空港から無料バスに乗って5分。フェリーに乗ってサンタ・クルス島へ5分。
さらにバスに乗って島の南にある町へ1時間あまり。
最初は小さな島々の集まりかと思っていたけれど、意外に大きい島がいくつかある。
ここサンタ・クルスも縦断するのに1時間ってかなりの大きさだ。
島の中央は山になっていて、この山を越えて縦断して行く。
海岸から山を登って行くにつれて、木々の様子が変わり、
窓を開けていると寒いくらいの風が舞い込んでくる。
島の一本道は、ほとんど対向車も無くちらほらと民家が見えるくらい。
たまにゾウガメらしきものが草むらにいる。

山を下って島の南側、プンタ・アヨタに到着すると、そこは予想以上の大きな町だった。
いくつかの中級ホテル、レストラン、ツアー会社、家々、学校などがぎゅっと集まっている。
全く何も無い町というか村みたいなものを想像していたので、正直驚く。
普通に人々が暮らしている島なんだと。
車も結構多い。
環境を配慮するなら、電気自動車にすればいいのに…なんて思ってしまうが、
そう簡単には難しいのかな。

安宿を見つけて、すぐさま外出。
町の東側にあるダーウィン研究所に向かう。
またも勝手な想像だけれど、町を歩いているとなんだか得体の知れない動物がわんさかいると思っていた。

そんな訳はない。
しかし、意外にそうとも言える場所がある。
海に近い道路などにいるのだ。これが。

道端にいるウミイグアナ

ガラパゴス・ウミイグアナ。
(ガラパゴスの動物は全てここにしかいない固有種なので、名前の頭にガラパゴスと付いている。
これからは省略。)

そして、アシカがなぜか目の前で寝ている。

無防備なアシカさん

アシカよ、無防備すぎるだろっ。

ダーウィン研究所に向かうと、そこは”ガラパゴス国立公園”と併設されていて、
ガラパゴス・ゾウカメやリクイグアナの繁殖を行なっている。

ここで待っているのが…

絶滅寸前希少種 ロンサム・ジョージ

亀仙人こと”ロンサム・ジョージ”。
御歳80歳を越えているこの1匹だけのゾウガメ品種。
彼が死ぬとこの品種は途絶えてしまう。
もうよぼよぼで、ほとんど動かない。
子孫を残せるよう、もう少しがんばれっジョージ!

リクイグアナはウミイグアナと色・カタチが全然違う。

リクイグアナ

希少種のようで町中では見かけることがほとんどできない。

そして、ゾウガメ。

ゾウガメを囲んで

もういっぱい居すぎ。
近づいても全然微動だにせず。
接写しまくり。

ゾウガメの足の裏

帰りがけに桟橋に寄ると、もうウミイグアナがわんさか。
色が黒っぽいので最初は気が付かないで、思わず踏みそうになってしまう。

ウミイグアナの集団

もうこうなると気持ち悪い。

大自然動物公園ガラパゴス。
一見普通の島の装いだけれど、少し足を踏み込むと見たことも無い光景を目にする。
しかも、触れる距離にいる動物達。
ここでは動物が人間より優先。
なんだか変な感じを受けるが、その奇妙さがまたおもしろい。
明日から違う島を訪れ、その島特有の動物を見ることができるだろうか?

ゆーじ

FC2ノウハウ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/289-17c2b9ea
Listed below are links to weblogs that reference
大自然動物公園ガラパゴス from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [13カ国目 エクアドル]ガラパゴス諸島 > 大自然動物公園ガラパゴス

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。