DiaryTOP > スポンサー広告 > イルカと泳ぐ夢時間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:-

makiko URL 2010-07-28 (水) 10:33

遅くなりましたが、お誕生日おめでとう!
今年の誕生日は意識したくなくても意識してしまう、、、何と言っても30台に突入ですからね。でも、ご主人と(いるかも?)すてきな場所で過ごされたようで、うらやましい限りです。私も今月末に30歳になります。こども二人とあつ~い夏をすごしております。
では、体に気をつけて。

96happyworldjourney URL 2010-07-30 (金) 04:11

>makikoちゃん、
コメントありがとう~!
そろそろお誕生日でしょうか?おめでとうーーー♪
30になって初めて、「20代と30代は全然違う!」と気づきました。
何かが確実に違ってる…。
とにかく目指すは素敵な皺の60代なので、修行を積みます。
お子さん二人も夏ばて知らずで元気に過ごされていますように~!すてきな30歳を☆


Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/172-e9df55b1
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > スポンサー広告 > イルカと泳ぐ夢時間

DiaryTOP > [4カ国目 メキシコ(2回目)]コスメル > イルカと泳ぐ夢時間

イルカと泳ぐ夢時間

コスメル

今日は自分の誕生日。
実は誕生日にしたい事を前から目論んでいた。
それは、イルカと泳ぐ夢を叶えること。

本当はバハマで野生のイルカと泳ぎたかったのだけど、完全リゾート地のバハマへは旅費が高額になってしまうこと、野生だから100%遭えるとは限らないこと、イルカに興味を持って遊んでもらえる程のフリーダイビングの力がまだないことからバハマ行きは諦めた。
その代わり、調べてみるとカンクン付近にドルフィンセンターがいくつかあったので、ここなら確実にイルカと泳げると思ったのだ。

コスメルに到着してすぐ、日本人宿「カサ・コスメレーニャ」のオーナー・ゆっきーさんにイルカについて聞いてみる。
すると、コスメルには2つの施設があるとのこと。
1つは宿から徒歩約5分の場所にあるDolphinaris、もう1つはDolphindiscoveryという会社の施設。

どちらもよさそうだったけど、次のポイントからDolphindiscovery社に頼むことにして手配をお願いした。
(どちらの会社もカーサ・コスメレーニャのオーナーさんを通して手配していただくと割引してもらえます♪)

・Dolphindiscoveryはチャンカナブ国立公園内にあり、イルカのプログラムが終わってからも公園内の海でシュノーケリングをしたりして遊べること
・イルカの生簀が海と繋がっているため、海で泳いでいるような自然な感じで遊べること、壁に囲まれた施設内のような閉塞感がないこと
・やみくもに商業目的でイルカを使っているのではなく、イルカを扱う会社としての責任とイルカに対する人道的配慮が感じられたこと。{パンフレットに「当社は合衆国外の会社で、国際海洋動物トレーナー協会(略称IMATA)が設ける海洋動物に対するケアに関する厳しい基準を満たす唯一の会社である」という文面があった}
・「フットプッシュ」という2頭のイルカに足裏を押してもらって水面スーパーマンになれるプログラムがあったこと

コスメル

チャンカナブ国立公園はコスメル島の西海岸にあり、宿からはタクシーで10分くらい南下すれば行ける。
でも、旅人から東海岸のビーチがとてつもなくきれいと聞いていたので、オーナーさんに島のお勧めポイントをたくさんアドバイスいただいて、バイクを借りて島を半周しながら向かうことにした。
これがめっちゃくちゃ気持ちいい!

コスメル

透き通るような水色の海と白砂のビーチを望みながらバイクを走らせ、気が向いたら泳いだり、お土産やさんを覗いたり、バーで休憩したり。

コスメル

オーナーさんにお勧めしていただいた「Chen Rio」というポイントではシュノーケリング。
レッドフラッグが立っていて海は少々荒れ模様だったけど、透明度が高すぎるので遠くにいる小さな魚も見える、見える!
コスメルの海、うっとりする程の透明度だ。

コスメル

しばらく泳いだ後、再びバイクを走らせ、森林地帯を抜けてチャンカナブ国立公園へ。
ゲートを入ると真正面にイルカの生簀が広がっている。
ちょうどイルカのプログラムがいくつか開催中で、イルカをジャンプさせたり、ボディーボードにつかまって押してもらったりしている。
ああいったことを実際に自分がやると思うと、浮き足立ってきてソワソワ。

そうそう、ゆーやん。
「俺はイルカに癒される程病んでないわー」
との事なので、今回は私だけが参加して、ゆーやんには望遠レンズ片手にパパラッチに徹してもらうことにした。
いくら望遠レンズと言っても、広い生簀の一番奥でプログラムが始まってしまうとシルエットしか撮れない。
生簀を囲む桟橋に入るには入場料がかかるのだけど、プログラム開始直前にインストラクターにどの辺りでプログラムをやるか確認すると一番手前ということだったので、ゆーやんには桟橋に入らず生簀前で待機してもらうことにした。

私が申し込んだのは、2匹のイルカと遊べる「ロイヤル・スイム」というプログラム。
集合時間には10名ほどの西欧人が集まっていた。
チケットを購入した旅行会社さんが日本語をリクエストして下さっていたので、私だけ分かれてイルカの生態とプログラムのルールに関する10分間の日本語のビデオを観る。
ビデオが終わると生簀の方へ。
一番手前でプログラムが始まるはずが、どんどん奥に連れて行かれ、とうとう一番奥へ。
パパラッチゆーやんはマッチ棒サイズになってしまった。
期待を裏切らないメキシコの展開…。

ここで他の西欧人と一緒になるかと思っていたけど、そのまま一人で生簀に入るように指示される。
集合場所にいた他の皆さんは別のプログラムの参加者だったようで、私が申し込んだプログラムの参加者は私一人だったのだ。
ということは、カメラマン独り占め、インストラクター独り占め、イルカ独り占め♪

生簀では2頭のイルカが待っていてくれた。
名前の紹介の後、腕を前にして待っているとイルカが順番に泳いできてくれて身体を触らせてくれる。
日本の水族館でイルカを触らせてもらった時は、手を消毒して行列に並んで2秒がやっとだったけど、ここのイルカはちょうど頭の先から尾びれまで身体全体が手のひらにあたるようにゆっくり泳いでくれる。
イルカの肌は滑らかで、やわらかくて、ゴムっぽい手触り。

コスメル

その後は歯に触らせてもらったり、キスしたり、声を聞かせてもらったり、ハグをしたり…。
そして、2頭のイルカの背びれをつかんで泳がせてもらい、今度は足裏を鼻で押し押してもらう「フットプッシュ」をしてもらう。
フットプッシュは離れたところから猛スピードでやってくるイルカが水面下に姿を現した瞬間、足裏に丸い鼻がぴたりとくっついて、しぶきをあげながら進むので感動。
各遊びの合間には、インストラクターさんがイルカの生態について説明してくれる。
背びれの形が人間の指紋のように一頭ずつ異なること、超音波を出して餌との距離をつかむこと、耳がとても小さいこと、乳歯がないこと…。

私の申し込んだプログラム内容はこれくらいのはずなのだけど、別の参加者がイルカと遊んでいる間の順番待ちをする時間が全くないので時間が余ってしまう。
それで、輪投げをしたり、一緒にくるくる回ったり、ジャンプの指示を与えたり、水面を一緒にパシャパシャさせたりと盛りだくさんのプログラムを体験させてもらえた。
それでもやっぱり時間が余るらしく、「何がしたい?」と聞かれるので、再び背びれをつかんで泳ぎ、フットプッシュもさらに2回もさせてもらった。
そして何度も何度も身体をなでさせてもらい、いつも私が触りやすいように身体をくねらせてくれるイルカのやさしさに、最後は感謝の気持ちでいっぱいになり、涙が溢れた。
「ありがとう」と何度も言いながら、遊んでくれたイルカを後にする。

コスメル

これで終わったと思っていると、また生簀に入るように言われる。
そこではマナティが待っていた。
ずんぐりむっくり体型のマナティ。
顔もファニーフェイスで愛らしい。
触ってみるとザラザラしていて鮫肌。
毛が生えているので、手触りは鮫より象っぽいといった方がいいかもしれない。
説明を聞いていると、突然レタスを渡される。
こんなに大きい身体をしているのに、植物食なんて驚き。
普段は海草や水生植物を食べているそうだが、レタスをあげるとゆっくりむしゃむしゃ食べてかわいい。
マナティもイルカのように調教できるそうで、拍手をするとマナティも拍手してくれた。

インストラクターさんに「この体験を忘れず、海洋動物が住みやすいように3R(Reduce, Reuse, Recycle)を心がけた生活を続けてください」と言われてプログラムは終了。
その後、ビデオルームでカメラマンさんが撮影して下さった映像を見る。
「ちょっと待って」と言われたものの、3分後にはビデオが開始されびっくり。
参加者が私だけだったので、プロモーションビデオのようになっていて、完璧な仕上がりはさすがプロ。
思わず、誕生日記念に購入♪
ビデオの後は、写真。
「これが噂の見ると絶対欲しくなるやつだ」と思いながらも、やっぱり見ると欲しくなるような完璧な構図はさすがプロ。
思わず、誕生日記念に購入♪
見たら欲しくなるプロの技!

コスメル

夢見心地のまま、せっかくなので公園内のシュノーケリングポイントへ。
白砂の海底にはキリスト受難像や、マリア像、大砲、チャックモールのレプリカなどが沈められているという。
海のどこに沈められているか分からないので、シュノーケリングショップのおじさんにどの辺にあるか聞いてから海に入る。
まずキリスト像を探しにおじさんに教えてもらった場所まで泳いでいくと、ない。
おっちゃん、ないよー!!

キリスト受難像 写真:Matthew Saunders/flickr
写真:Matthew Saunders/flickr

海中で途方にくれながらも、パンフレットの公園地図の記憶を頼りに違う方向に泳いでみると、海底に光を受けて立つ細いキリスト像が見えてきた。
像の周りを魚がついばんでいる。
あまりにも幻想的で、しばらく動けなくなってしまった。

海にいたメキシコ人に場所を聞いて、マリア像も発見。
宝探しみたいで面白い。

ビーチ沿いの岩場付近は色とりどりの魚がわんさかいる。
ゆーやんと手を繋ぎながら透き通る海を海中散歩。
夢みたいな時間。

コスメル

夕暮れ時。
宿の近くにあるもう1つのイルカのセンターに行って、フェンス越しにイルカと夕陽を眺める。
お金を払って遊んでもらったわけだけど、2頭のイルカと仲良くなると、他のイルカも皆友達のように思える。
そして今度マナティを見たら、今までとは違った見方をするだろう。
植物も、動物も、人も、すべてはつながっている。

今日はたくさんありがとうございました。
イルカと夕陽と海に、頭を垂れる。

宿に戻って写真を見てみると、遠い中でゆーやんが望遠を駆使してドルフィンスイムの写真をいっぱい撮ってくれていた。
夢を叶えさせてくれていつも本当にありがとう。

忘れられない誕生日だった。
いつかぜひ、海で自由にイルカと遊べる日を夢見て。

ありさ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:2

makiko URL 2010-07-28 (水) 10:33

遅くなりましたが、お誕生日おめでとう!
今年の誕生日は意識したくなくても意識してしまう、、、何と言っても30台に突入ですからね。でも、ご主人と(いるかも?)すてきな場所で過ごされたようで、うらやましい限りです。私も今月末に30歳になります。こども二人とあつ~い夏をすごしております。
では、体に気をつけて。

96happyworldjourney URL 2010-07-30 (金) 04:11

>makikoちゃん、
コメントありがとう~!
そろそろお誕生日でしょうか?おめでとうーーー♪
30になって初めて、「20代と30代は全然違う!」と気づきました。
何かが確実に違ってる…。
とにかく目指すは素敵な皺の60代なので、修行を積みます。
お子さん二人も夏ばて知らずで元気に過ごされていますように~!すてきな30歳を☆


Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/172-e9df55b1
Listed below are links to weblogs that reference
イルカと泳ぐ夢時間 from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [4カ国目 メキシコ(2回目)]コスメル > イルカと泳ぐ夢時間

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。