FC2ブログ

DiaryTOP > [4カ国目 メキシコ(2回目)]カンクン > ハンモックが揺れる オルボッシュ島

ハンモックが揺れる オルボッシュ島

ホルボッシュ

カンクン付近に来たら絶対にしてみたかったことの1つが、大好きなジンベエザメと泳ぐこと。
だいたい7月~8月が海面近くにいるプランクトンを求めて浮遊するジンベエと泳ぐ
ベストシーズンと言われているので、ただ今どんぴしゃ。
ジンベエと泳ぐツアーはカンクン付近のいくつかの街で申し込めるが、
「イスラ・ムヘーレス」というカンクンから一番近い島に行く人が多い。
でも、その島に行った人達が「物価が高くて島自体が欧米人観光客向けの雰囲気」と言っていたので、
あまりにツーリスティックな場所は苦手な私達には合わなさそうで、どうしようかと思っていた。
そんな時、宿の情報ノートに「のんびりしたいなら、オルボッシュ島へ」と書いてあったのを思い出し、
オルボッシュ島について調べてみた。
検索サイトで検索してみてもあまり情報が見つからないのだけど、行ったことのある人の報告記が2つ見つかった。
読んでみると本当に素朴そうな島で、猛烈に行きたくなってしまった。
ゆーやんはあんまり移動せずに、しばらく1箇所でぼーーーーーっとしたかったらしいが、
鼻息荒く行きたい旨をアピールして行くことになった♪

オルボッシュ

カンクンからは、ADOのバスターミナルから2等バスでチキーラという町まで約3時間半で行き、
そこから約30分間船に乗ればオルボッシュ島に到着する。
カンクンからのバスは一日2本しかないので、事前に調べておくのがお勧め。

オルボッシュ

島に到着してみると、事前にリストに挙げていた宿の1つから客引きが来ていたので、付いていくことにした。
宿に到着すると、ハンモックが迎えてくれる。

オルボッシュ

ドミトリーの部屋は、7人部屋と言われたけどベッドが4つしかない。
ちょっと考えてみるとハンモックが3つあるので、それを入れたら確かに7人部屋。
ハンモック、お昼寝にはよさそうだけど、本格的に寝るには寝返り打てないからきついだろうな。
この宿はイタリア人の夫婦が管理していて、
簡素なつくりだけどシャワールームがタイルになっていたりしてかわいらしい。
南の島らしく、部屋の床には砂がしきつめられている。
この宿に泊まることにして、荷物を置くとジンベエツアーに勧誘された。
内容を聞いてみると大丈夫そうだったので、早速申し込む。

オルボッシュ

荷物を置いて、島内をぷらぷら散策。
いろんなところにジンベエツアーの看板が出ており、家々の壁にはジンベエの絵が描かれている。
ここはジンベエの島といっても過言ではないかもしれない。

オルボッシュ

島の道路はアスファルトで舗装されておらず、白い砂のまま。
主な移動手段はゴルフカートで、なんとタクシーもゴルフカート。

オルボッシュ

島の中心部はほんとに小さい。
小さいながらもソカロの周りには小さな商店やレストラン、民宿が並ぶ。
歩いていると、誰かが「オラ!」「オラ!」と何度も呼んでくる。
辺りを見回すけど誰もいない。
声の主を探してみると、なんとオウムがいた。

オルボッシュ

夕方、夕陽を見にビーチへ。
のんびり夕陽を…といきたいところだけど、尋常ではない蚊に襲われる。
それでも変に手足をバタバタさせながら赤やけ空に見入る。

オルボッシュ蚊Tシャツ

名残惜しく夕焼けを後に、蚊に刺されすぎて頭がおかしくなりそうなので商店にかけこむ。
「とにかく何か蚊避けを下さい」とお願いして、レモングラスの香りのするクリームを教えてもらった。
クリームを塗りたくりながら歩いていると、お土産屋さんの軒先で蚊Tシャツを発見。
こんなものまで島の売りにしちゃうなんて、すごいセンスだ!感動。

オルボッシュ

気が付いてみると、朝から何も食べていないため、お腹と背中がくっつきそうなくらい腹ペコ。
キューバの旅ではほとんどちゃんとしたものを食べられなかったので、今日ぐらいはいいでしょ、
とツーリスト向けのレストランに入り、シーフードを頼む。
ついでにメヒコ流のビールを注文してみる。
ライム汁と氷の入った、飲み口に塩をつけたグラスにビールを注いで飲むのだけど、これがまた美味い。
めちゃくちゃ暑い気候にさっぱりしたライムの酸味と塩味がくせになりそう。

オルボッシュ

明日はジンベエと泳ぐと思うと興奮してきて、いつもよりおしゃべりになる。
対照的に、ゆーやんはキューバの疲れが出てきたようで今日一日とろーんとした表情。

ありさ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:6

かっちゃん URL 2010-07-15 (木) 01:58

ハンモックって寝心地どうなの?熱帯夜は快適に眠れそう。




96happyworldjourney URL 2010-07-15 (木) 11:52

かっちゃん>
ハンモックでは寝れません!寝返りできなさそう…
わたくしうまくバランスとって横になれない。
ハンモックとベットが同じ料金でいいのか~!!
熱帯夜は蚊に襲撃されほとんど熟睡できずですわ!
デング熱を持っていないことを祈って!

pointweather URL 2010-07-16 (金) 04:26

お久しぶりです!
ジンベイザメとのその後・・気になります!
それにしてもカンクンの近くにこんな人情アイランドあったんですね・・。
自分は訪れた時一人だったのであのトロピカルリゾート感満載の空気に、なんだか気まずい思いをしたのを思い出します・・。
それではまた。引き続き素敵な旅を!

kastu & maru URL 2010-07-16 (金) 21:53

ジンベイと泳げるの??いいねー。
キューバもうらやましいなー。
カンクンは3年前まで台風の被害で結構大変だったみたいじゃけど、今は流石に元通りになってるんじゃね。
明日から沖縄に行ってきます。北海道から沖縄・・・往復料金でメキシコ行けそうだよ。

96happyworldjourney URL 2010-07-17 (土) 14:18

>pointweatherさん、
お久しぶりです~!
ジンベイ、すごかったです!!!記事を書きたいのですが、今夜も酔っ払いです。
ホルボッシュはジンベイのシーズン以外は観光客がだいぶ少なくなって、ほんとに人情アイランドになると思います。
もともとは漁村だったそうで、島の人もフレンドリーで居心地よかったです~。今度ぜひ!

96happyworldjourney URL 2010-07-17 (土) 14:38

kastu & maru>
じんべいすごかった!こりゃ貴重な経験です。
想像以上にでかかったわ。
キューバはいろいろ語りたい事が多々・・・これまたおもしろい旅でした。
沖縄!海へ??素敵な旅を。しかし、航空券そんなに高いのか…

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/167-a241ee55
Listed below are links to weblogs that reference
ハンモックが揺れる オルボッシュ島 from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [4カ国目 メキシコ(2回目)]カンクン > ハンモックが揺れる オルボッシュ島

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top