FC2ブログ

DiaryTOP > [4カ国目 メキシコ]プエブラ > チョルーラの遺跡とプエブラ料理

チョルーラの遺跡とプエブラ料理

チョルーラ

アステカ時代の大神殿の遺跡を見に、プエブラからバスで20分のチョルーラへ。
ここはアステカ時代には10万人が住む巨大宗教・商業都市だったそうだが、1519年に滅ぼされ、壊された町の上に新しい町が造られたという。
町の中心部にあったトラチウアルテペトル大神殿も破壊され、壊された神殿の上に教会が建っている。

丘の上の教会へ登る

教会まではフーフー言いながら階段を登る。
高所での生活に慣れているメキシコ人も息を切らして大変そう。

担がれるキリスト像

階段を登っていると、カトリック関係の像を担いだ人々とすれ違う。
この日は5分おきくらいに花火が爆音を立てていたし、教会前では金管バンドがスタンばっていたし、喜捨のための食料を運ぶ人々もいたので、きっと宗教的な何かの行事があったのだろう。

丘の上の教会

丘を登りきって教会に到着。
教会内は人でいっぱいで、生花のよい香りが漂っていた。
頻繁に花を買う文化っていいな、と思う。

教会から火山を望む

教会からは、チョルーラの町が一望できる。
目前に見える富士山のような稜線の美しい火山からは、煙がもくもくと上がっていた。
それを見ても誰も驚かないので、普段から煙があがっているのだろう。

トラチウアルテペトル遺跡

丘から降りて大神殿の遺跡へ。
通常だと神殿下の地下道を見学できるそうだけど、この日は遺跡の修復作業をしていたためか、地下道を見ることができなかった。

ここのピラミッドはメキシコ一大きく、頂上には壮麗な神殿が建てられていたそうだ。
スペイン征服軍は、破壊した神殿を転用して、チョルーラのカトリック教会の礎石にしたという。
徹底的に破壊されすぎて、遺跡には当時を偲べるものは残っていない。
「遺跡を見にいこう!」と意気込んで来るとがっかりするかもしれないけど、プエブラの喧騒から離れ、人が少ない緑豊かな場所でのんびりするには最適の場所だ。

ジェラート

プエブラに帰るためのバス停を探していると、行列のアイス屋さんを発見!
アイス、アイス、アイス♪
キャラメルナッツを頼んでみると、ぶちうま!
しかもただのアイスじゃなくて、ジェラートだった。

プエブラに戻り、遅めの昼食。
プエブラはメキシコ郷土料理発祥の地として有名で、本格的なメキシコ料理を味わいたければここにくるべしと言われている。
ガイドブックに載っている有名レストランはちょっぴし値がはるけど、ぷらぷら歩いているとコミーダ・コリーダで郷土料理が選べるお店を発見♪

モーレ・ポブラーノ

モーレ・ポブラーノは鶏肉をチョコレートの原料であるカカオ、唐辛子、木の実、香辛料、タマネギ、アボガドの葉、パン粉などが入ったソースに絡めた料理。
プエブラの修道院のシスターが初めに作り出したそう。
ソースの見た目はまるっきりチョコレート、香りもチョコレートなので、食べる時、甘いのかな?と思って口に入れてみると、ほんのり甘いくらいで、どちらかというと甘辛い。
メキシコ人は果物にもチリをふりかけて食べるから、甘辛が好きなのかも?
たくさんの香辛料の風味が、インドで食べたカレーを思い出させる。
すぐには飲み込まず舌の上にのせてゆっくり味わいたい、まろやかで深い味のする料理だ。
日本人には全くなじみのない味なので、苦手な人が多いそうだけど、何度か食べるとハマってしまうらしい。
そういえば、私も初めてインドのカレーやタイ料理を食べた時は「香辛料がきつすぎて慣れない」と思ったけど、今では毎日でも食べたいほど大好きだ。
でも、この料理は毎日食べられているものではなく、宗教的な行事などで来客をもてなす時などの特別料理だそうだ。

ペピアン・ベルデ

ペピアン・ベルデは鶏肉を唐辛子、緑トマト、タマネギ、レタス、パセリ、ラディッシュの葉、ゴマ、コリアンダー等の香辛料などが入ったソースに絡めた料理。
さっぱり味で、ちょっとすっぱい。
このソースは別の料理にもよく使われる。

ランチだからといって味に妥協がなく、本当においしかった。
いい雰囲気のレストランを見つけると、ついつい滞在日数を伸ばしてでもそこに毎日通いたくなってしまう。

ありさ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:2

かっちゃん URL 2010-06-13 (日) 18:37

神は違えど、祈る気持ちは一緒なんだね。

教会から青白の布が放物線に出ている写真は、ぱっと見「ミラーボール」かと思ったよ。

チョコレートの料理といえば「ショコラ」っていう映画を思い出だす。カカオはかつで薬の役割をしていたみたいね。

96happyworldjourney URL 2010-06-14 (月) 13:16

>かっちゃん
教会から出ている布、ゆーやんが惹かれに惹かれて、大中小買いまくりました。これで、帰国したら運動会できます;)
「ショコラ」よかったよねー。大好きな女優、ジュリエット・ビノシュがでとーし!さすがかっちゃん!
カカオは今でも女性のお薬どすねー。ひとかけらでも食べた時の満足感、すごい魔力の食べ物やと思います。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/129-7178adc3
Listed below are links to weblogs that reference
チョルーラの遺跡とプエブラ料理 from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [4カ国目 メキシコ]プエブラ > チョルーラの遺跡とプエブラ料理

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top