FC2ブログ

DiaryTOP > [4カ国目 メキシコ]メキシコシティ > ディエゴ・リベラの壁画に対面

ディエゴ・リベラの壁画に対面

泊まっている日本人宿では、簡単な朝食が出るのだけど、私達が寝ぼけ眼で起きた頃にはすっかりなくなっていた。
朝食は早い者順やけん、早起きせんにゃいかんのね。

タコス

ならばタコス食べに行こうと、屋台へ。
中身の違う5種類のタコスを注文。
ソースが同じ味なので、結局口の中では同じ味になるけど、肉の種類が違うので歯ざわりがちょっと違う。
ゆーやんが写真とってもいいか聞くと、厨房の中に入るよう合図され、ひとりの兄ちゃんがエプロンを投げてくれた。
なんだかよくわからないまま、厨房の兄ちゃんとゆーやんが腕を組んだ写真を撮影。
メキシコ人は気前がいい。

鶏肉とヒヨコマメのスープ

タコスだけではちょっとお腹が空くので、別の屋台でスープを注文。
鶏肉、ヒヨコマメ、お米が入った塩味のお粥のようなスープ。
喉が渇いていたので、ごくごく平らげてしまった。
美味しい!

ディエゴ・リベラ壁画

お腹を満たした後は、ディエゴ・リベラの壁画館へ。
ディエゴ・リベラは画家フリーダ・カーロの旦那さん。
映画「フリーダ」で彼らの情熱的な物語を観ていたので、作品を前にして感慨深い。

ディエゴとフリーダ・カーロ

「ディエゴ・リベラ壁画館」という名前がついているからには彼の作品がいくつかあると思って入ったのだけど、彼の作品は壁画がひとつだけだった。
でも、この壁画は人物がほぼ実物大に描かれているので、目の前にするとかなり大きく見ごたえがある。
メキシコ民族と社会主義を反映させた作品が特徴のリベラの壁画は、描かれている一人一人の人物にもモチーフとなる人物がいるので解説を読むと面白い。
この壁画はもともとはホテルのレストランにあったそうだが、地震でレストランが崩壊したため、壁画館に移転されたそうだ。
メキシコ・シティはもとは湖の上に造られた街なので、地盤が弱いらしい。

壁画館を後にして、今日は市場で民芸品でも見にいこうと思っていたのだけど、何となく身体がだるいので宿に戻って休むことにした。
今までの疲れがたまってきたのかな?

ありさ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:2

かっちゃん URL 2010-05-25 (火) 02:03

アミーゴ!久しぶり!

一文字眉のフリーダ・カーロ!そうそうフリーダ・カーロはメキシっ子だったね!この人の絵を初めて見たとき、衝撃的だったのを覚えてる。

チャオ!

96happyworldjourney URL 2010-05-26 (水) 02:12

>かっちゃん
オラ、アミーゴ!
フリーダの実家もカラフルで、いかにも芸術家の家って感じだったよ。
絵はほんと、衝撃的だよね。
ずっと見ていると、痛みと悲しみと愛情でいっぱいになる。
メキシコではめっちゃ愛されているみたいで、彼女の写真や小物をよく目にするよ!
ありさ

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/102-81ea52c2
Listed below are links to weblogs that reference
ディエゴ・リベラの壁画に対面 from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [4カ国目 メキシコ]メキシコシティ > ディエゴ・リベラの壁画に対面

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top