DiaryTOP > スポンサー広告 > 旅立ちにあたって

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:-

Coco URL 2010-11-28 (日) 10:10

すごい共感!そして決意をしたハズバンドさんも尊敬!心底応援!引き続き頑張ってください!

96happyworldjourney URL 2010-11-28 (日) 11:48

>Cocoさん、
応援ありがとうございます!嬉しい~。
旅の途中、ハズバンドくんが喜んでいる顔を見ると、ほっとするし、嬉しいです。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/1-15b1fd13
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > スポンサー広告 > 旅立ちにあたって

DiaryTOP > [96HappyWorldJourney] > 旅立ちにあたって

旅立ちにあたって

通勤列車

まだ私が幼稚園に入る前の幼い頃、
世界中を旅をしていた叔母が旅先から絵葉書を送ってきてくれていた。
アンカレッジ空港から、カナリア諸島から、チュニジアから…。
どの絵葉書にもぎっしりと気候のこと、食事のこと、土地の人々のことなどが興奮気味に綴られていた。
まだ幼かった私は字も読めなかったが、宛名にはちゃんと私の名前が入っていた。

旅先で叔母は必ずちょっとした雑貨を買ってきてくれた。
おかげで自分達は行っていないのに、我が家は世界中からの雑貨で溢れていた。
水中でゴンドラが動くベニスのフローティングペンシル、
木の家から女の子がブランコしているスイスの掛け時計、
大きさが尋常でないドイツのビールカップ…。

そういうものに囲まれて生活しているうちに、
いつの間にか、絵葉書や雑貨が運ばれてきた場所に
自分で行ってみたいと思うようになっていた。
それで、小学校の卒業文集でも
「大きくなったら、世界を案内できる人になりたい」と書いていた。

学生になると、自分でもちょこちょこ海外に出るようになった。
タイを一周してみたり、ネパールで道を造るワークキャンプに参加してみたり、
イギリスに留学してみたり。
でも、やっぱりどこかに所属していると、
戻らなければいけない場所があり、期間も限りがあった。

「いつか世界中を思う存分旅してみたい」
この思いはいつも心のどこかにあった。
ゆーやんに出会って間もない頃、「世界一周したい」と夢を告げると、
純粋なサラリーマンだったゆーやんは、
「このままサラリーマンを続けている限り、無理だよ。
 仕事を辞めて、転職する時か、
 定年退職してからじゃないと無理だね」と言っていた。
当時ゆーやんには全くサラリーマンを辞める気配がなかったので、
その時点で私の夢は頓挫した。

半ば諦めた私は、その後東京の旅行会社に入社し、
「旅をする側」から「旅を作る側」として働いた。
職場はアットホームで居心地がよかったけど、毎日満員電車に揺られ、残業続き。
くたびれはてた土日はスーパー銭湯に行ったりマッサージに行ったり。
ゆーやんも相変わらずのサラリーマン生活。
毎日同じ事を繰り返していく。
ずっとその生活が続くだろう、と思っていた。

そんなある日、ゆーやんが言った。
「世界一周しようか。」
ゆーやんは会社を辞めることも決意していた。
ゆーやんは安定志向だし、とことん思い悩むタイプ。
思いつきで言っているのでない事は明らかだった。

その日から、毎日が変わった。
繰り返しの毎日が、夢に近づく時間になった。
いろんな本を読んでみたり、世界地図に行きたい場所を書き加えたり。

会社を辞める事に不安がないかと言えば嘘になる。
でも、一度きりの人生。
何かやりたいこと思えることがあるってだけでも幸せ。
人生を終える時に後悔したくない。
ゆーやんのお父様も、私の父も、仕事命で、がむしゃらに働いて、家族を支えて、
でも定年を迎える頃に身体を壊してしまった。
時間とお金のある定年退職後に世界一周しようとしても、
その時にどうなっているかなんて分からない。
おばあ、おじいになった時、いろんなものに出会って、いろんな人に出会って、
たくさんの皺を刻んだ表情の人になりたい。
せっかく地球に生まれてきたのだから、その美しさをこの目で確かめたい。
せっかく地球に生まれてきたのだから、そこに住む人々に出会いたい。
そして、他者に地球の美しさと生きる楽しさを伝えたい。
そう思う。
これが、世界一周に出る理由。

きっと旅に出れば危険な目にも合うだろうし、体調も崩すだろう。
でも、これだけは確か。
旅を終えれば世界の見え方は今までと違ったものになる。

帰国してここで「行ってよかった!」
そう報告できることを願って。

ありさ
関連記事
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Comments:2

Coco URL 2010-11-28 (日) 10:10

すごい共感!そして決意をしたハズバンドさんも尊敬!心底応援!引き続き頑張ってください!

96happyworldjourney URL 2010-11-28 (日) 11:48

>Cocoさん、
応援ありがとうございます!嬉しい~。
旅の途中、ハズバンドくんが喜んでいる顔を見ると、ほっとするし、嬉しいです。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://96happyjourney.blog.fc2.com/tb.php/1-15b1fd13
Listed below are links to weblogs that reference
旅立ちにあたって from 96 - KURO - Happy World Journey DIARY Page

DiaryTOP > [96HappyWorldJourney] > 旅立ちにあたって

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。