FC2ブログ

DiaryTOP > 2015年04月04日

2015年04月04日

オペラとイラン入国

オペラ アイーダ

昨日観賞した人生初の生オペラの演目は、古代エジプトの愛の悲劇「アイーダ」。
開演時間はまさかの予定通りで、間に合わなかった。
遅れて入ったので本来とは違うかもしれないシートに案内され、バルコニーで観た。
会場を見渡せる高い位置から観賞となり、全体の動きが分かりやすい。

アイーダ

ステージはすっかり古代エジプトで、かなりの迫力。
歌の内容はサッパリだけど、ストーリーを予習していくと相当おもしろく観る事ができた。
ヴェルディの「凱旋行進曲」が流れると
「ああ!元々オペラの曲が有名になったんだ」と、感激した。

アイーダ

アルメニアでは芸術鑑賞が盛んで、今回のオペラもなんと900円弱で鑑賞できた。
博物館や美術館を無料にしている国も多いし、
日本でも学生だけでもいいので、芸術をもっと安く身近に触れられる機会があればと思う。

さて、今日はイランへの移動日。
パンやお菓子など買って、残りのドラムはドルに両替する。

9時半に宿を出てタクシーでキルキヤ・バスターミナルへ。
10時半発の首都テヘラン行きに乗り込む。
これから24時間の行程。
車内でイラン人からよく声を掛けられる。
イラン人がフレンドリーという噂は本当らしい。

夜8時に国境越え。
アルメニアの出国審査は、イランに行く目的や出国方法など聞かれて手間取るが、
イラン入国は、事前にビザを取っているせいかすんなり。指紋もなし。
私はイスラエルの入国スタンプがあるので、内心ヒヤヒヤしていたが問題なく入国できた。

もちろん、イラン入国審査前に私はバス車内でホッカムリおばさんに変身、
それを見てゆーやんはニヤついていた。
親切なイラン人にお店でチャイおごってもらい、バスは首都テヘランへ向かった。
車内で寝る時もホッカムリ、ちょっとめんどくさい…。
イランについてはあまり事前情報がないので、どんな国なのかわくわくする。

ありさ

*2011年9月23日の旅日記です。
2011年のイラン入国情報です。最新のものをご確認ください。
4年掛けて旅の日記を仕上げていきます。もうしばらくお付き合いを!
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - オペラとイラン入国


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2015年04月04日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top