FC2ブログ

DiaryTOP > 2011年08月25日

2011年08月25日

パムッカレから日帰り温泉旅

「ラム子の食堂」で典子さんとお話していた時、
私達がパムッカレでは2泊するつもりだと言うと、
「じゃあ、隣町のカラハユットに行って温泉入ってきたら~?」
とアドバイスを下さった。

温泉と聞いて、胸が高鳴る。
行く行く!

パムッカレでも温泉に入れるのだけど、水温が低めで、温泉というよりプールという趣だった。
なんでも、カラハユットはトルコでは有名な温泉街だそう。
温泉宿が並び、トルコ中から湯治に来る人がいるとか。

早速、今日行ってみようという事になり、
パムッカレからミニバスに乗って、わずか10分程度でカラハユット村に入った。
典子さんに教えていただいた「ヘラクレス」というホテルの近くで降ろしてもらう。

ところが、辺りはがら~んとしていて、人通り、なし。
本当にここが温泉街なのか不安になるくらい、寂れた感じが街全体に漂う。

ロビーでデイユースを申し込んだ後、地下でバスタオルを受け取り、ロッカーへ。
館内は、どこもかしこもピカピカに磨かれていて、清潔で気持ちがいい。
日本のスーパー銭湯みたいでワクワクする。

水着に着替えて温泉に向かうと…。

ヘラクレスの露天風呂

大きな露天プール!
プールと同じくらいの深さがあるので、人がいないときは泳げてしまう。

豊富な湯量 ヘラクレスの源泉

海外の温泉では珍しく、お湯は日本人好みの熱め。
鉄分を多く含むので、源泉は赤褐色に濁っている。
のぼせそうになったら、奥にあるジャグジーで身体を冷やし、また温泉へ。

あ~極楽~。

ヘラクレスのハンマム

ハンマム(蒸し風呂)とサウナと屋外プールも使っていいとのことなので、
館内を行ったり来たり、ウロウロ歩き回る。

いや~極楽~。

館内には、マッサージ室の他、浴槽を備えた小部屋が並ぶ。
ホテルの看板によると、政府の管轄下で温泉療法を行っているそうで、
患者の状態によって、医師が一週間から数ヶ月にわたる長期間の湯池プログラムを組んでくれるそうだ。

じっくり半日滞在している間、トルコ人の宿泊客がまばらに入りに来るほかは、ほぼ貸切状態。
贅沢に温泉独り占め状態で、芯からゆったり寛げた。
街全体が寂れた雰囲気ではあるけど、ゆっくり静かに湯池するには最適な環境だ。

長旅の疲れを癒した後は、
また今夜、イスタンブールへ向けて長距離移動を開始する。

ありさ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - パムッカレから日帰り温泉旅


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2011年08月25日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top