FC2ブログ

DiaryTOP > 2011年08月14日

2011年08月14日

威厳と美しさに満ちたアクロポリス

アテネの街を観光してみる。
今日は日曜なので、商店が全部閉まっているのは残念。
見たかった中央市場も閉まっているもよう。
ギリシャ正教の人々は、日曜を安息日としてきちんと守るらしいので、
どこもかしこもギリシャの町の日曜は休みなのだそうだ。

それでもさすがに世界的な観光地なだけあって、
歴史ある観光地であるプラカ地区は、とんでもなく多くの観光客で賑わっていた。
今日は骨董市が行われているようで、賑わいがさらに増しているようだ。

街中には当たり前のように古代遺跡の列柱が建っている。
目の前の大きな丘の上には白い遺跡が見える。
あれが有名なパルテノンか神殿か…。
と、エジプトのギザのピラミッドを見た時と同じような感慨が訪れる。

プラカ地区の周りには、ちらほらと遺跡が点在していて、
そこを囲むように、趣きある小さな通りがはりめぐらされている。
宛もなく小路を歩くのが好きなせいか、
こういう素敵な道があるといつまでも歩いてしまう。
淡い色の家々の壁、そこに咲く鮮やかな花。
暖かいところ特有の色使いが目に飛び込んでくる。
陽を遮るための植物の緑が光を優しくし、
小路にあるレストランのテーブルに人が集い賑わっている。
歩いているだけでも楽しい。

プラカ地区を歩く

ぶらぶらと気の向くままに歩いていると、
偶然アクロポリスの丘に入る入場口にやってきた。
入場し遺跡を見て回っていると、あまりに日差しが強くてふらふらしてくる。
下から見上げたこの丘は、思っていた以上に背が高く、登るのに少々くたびれてしまう。
途中、陽を遮るものが無いから尚更だろう。

古代劇場跡などを眺めつつ、ようやく丘の上にたどり着く。
小さな日陰を求めて、ツーリストが休んでいる。
だいぶ復元されている神殿入口は、ようやく昔の威厳を取り戻しつつあるようだ。
白い、大小様々な四角石を、丁寧に積み上げた建物たち。
時と共に少しくすんではいるが、明るい太陽の光を浴びてより白く光っていた。
味気なさは多少あるけれど、それ以上にきれいだなと感じてしまう。

アクロポリスの丘

丘の上に行くと、そこには有名なパルテノン神殿がどかんっと建っている。
ところどころ工事中なのが残念だけれど、長い間ずっと工事しているようなので、いつ来ても同じかもしれない。
何本もの柱は太くどっしりとその大地に立ち、他の柱と仲良く並んで石の屋根を支えている。
大きさによるものなのか、その建築美によるものなのか、
神殿はここにあるんだという、とんでもない威厳を持ってそこに鎮座しているように感じる。

パルテノン神殿

丘の上にはいくつか建物があり、
そのひとつに見られるヴィーナスの像は、建物の威厳の中に美しさを備えていた。
このアクロポリスは、圧倒的な威厳と美しさに満ちた大地の上に立つ特別な場所のようだ。

この丘からは、アテネの街をぐるっと見渡せることもできる。
いびつなビルや、建物がない均整のとれたアテネの街もまた、
アクロポリスと調和するように美的な姿をしていた。

丘を降りていき、古代アゴラと呼ばれる遺跡群にも行ってみる。
何千年も前に作られたとは思えない像や建物が立ち並ぶ。
その美意識には驚かされるばかりだ。
この美的感覚は、自然の美しさがある故に、ギリシアの人々の身についていったものだろうか。

夕方から、サントリーニ島に向かう大型フェリー船に乗り込む。
夕日を背にして船は進む。
その夕日の色は今までになくオレンジ色に輝いていた。
ギリシャは、夕日がきれいに輝く要素が集まった場所なのかもしれない。
ここでもまた、ギリシアの美しさを目の当たりにした。

ゆーじ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 威厳と美しさに満ちたアクロポリス


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2011年08月14日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top