FC2ブログ

DiaryTOP > 2011年08月11日

2011年08月11日

想像もしていなかった世界 アテネ

アテネの街

再度ヨーロッパの国、ギリシャへ。
カイロから空路、アテネへと向かう。
ギリシャも、ずっと来てみたかった国のひとつ。
誰がなんと言おうが、夏のエーゲ海は素敵に違いない。

アテネの空港からメトロに乗り、街の中心部を目指す。
エジプトと比べると、急すぎるくらいに時代が進歩した先進国に来たみたいだ。
ギリシア文字、少しは読めそうなものかと思っていたけれど、全くわからない。
少しは英語表記があるけれど、そこまで親切に表示があるわけではない。
案の定、行き先の違うメトロに乗ってしまった。
親切にも、どこで乗り換えればいいよと強面のおじさんが教えてくれた。
みんなどこかブスッとしている感じがあるギリシャ人だけど、
親切には違いないのかな。

途中、オリンピックスタジアムが見えてきた。
オリンピックがあったのは2004年のこと。
だいぶ月日が流れて、今ギリシャは大きな経済危機に立たされている。
暖かい陽気が、こんな危機どうにかなるんじゃない?って思わせてしまうように感じる。

メトロに乗っている間にも、開放的な国に来たんだと感じる。
それは、どの年代でも女性が夏っぽく肌を大きく見せた服を着ているからだ。
肌を全く見せないイスラム圏とは極端に違っていて戸惑ってしまう。

オモニア広場のある駅で降り、予め予約していたホステルを探す。
ヨーロッパでは予約しておかないと、泊まるのが難しい時がある。
この地区は治安が悪いことで有名。
どれくらい悪いのかわからなかったけれど、
昼間に到着するから大丈夫だろうと思って、歩いてみる。
地上に出て通りを歩くと、ほんとにびっくりしてしまった。
何もしていない人達がウロウロしている。
どう見ても仕事が無く、文字通り路頭に迷っている人たちだろう。
ホステルに行く道すがら大きな道路を歩いたけれど、
それでも柄の悪そうな人たちが、何をするでもなく歩いている。
向かいの広場の隅っこで、何やら人が溜まって酒を飲んだり、
クスリをやっているように見える。

唖然としてしまう光景。
青い空と気持ちいい気候の対極にあるような現状だ。
ここが思い描いていたギリシャ?ほんとにヨーロッパ?と疑問になってしまう光景。
これこそが目に見える経済危機の状況なのだろう。
大丈夫なのかギリシャ…。

今日は明日からどう周るかを決めるため、フェリーや宿の手配をすることにした。
旅行代理店なるものを探してはみたけれどうまく見つけられず、
結局は、フェリー会社まで足を運んで購入したり、
エーゲ海の島々へ行くための手配をネットで行うことにした。

市内バスに乗ってターミナルまで行ってみたけれど、
アテネを郊外に向けて少し走ると寂れた街並みになっていき、
人もいなければ、お店も開いていない寂しい風景を見ることになる。
ところどころのバーでは、昼間からうまそうにビールを飲みながら、
おしゃべりをしている働き盛りの男性の姿が目に付く。
考えすぎだろうか…仕事無いのかな?と本気で心配になってきた。

そうこうしていると夜遅くなり、
ご飯でも食べに行こうと外に出たが、なかなかお店が見つけられない。
観光客が集うプラカ地区に行けばまだあるのだろうけど、
たった何百メートルか違うだけで、夜9時にはどの店も閉まっているようだった。
そして、通りには誰もいなくなり、昼間の酔っ払いたちが凝りもせずウロウロとしていた。

やばいかなここは?と不安にもなったけれど、
裏路地に入らなければ襲われないだろうと考えて、足早にお店を探す。
今夜は閉まりかけていた1軒のファストフードで、パンとビールを買ってホステルで食べることにした。
なにか想像もしていなかった世界に入り込んだ気がして、少し疲れてしまったアテネの1日だった。

ゆーじ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 想像もしていなかった世界 アテネ


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2011年08月11日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top