FC2ブログ

DiaryTOP > 2011年08月06日

2011年08月06日

スーフィーダンスに魅せられる

夕方、ほそQ夫婦と待ち合わせ、
週に2回披露されているというスーフィーダンスの会場「ワカーラ・アル・ゴーリ」へ。
スーフィーダンスは、タンヌーラとも呼ばれる、イスラム神秘主義スーフィー教の旋回舞踊のこと。
大きなスカートを勢いよく回しながら、目にも留まらぬスピードでくるくる回転するらしい。

アブシンベル神殿などを訪れるナイル川クルーズ船に乗船しても、このダンスは見ることができるらしい。
でも「ワカーラ・アル・ゴーリ」では、なんと無料で、約90分間、本物のショーが観られるだけでなく、
見終わった後の満足度がクルーズ船よりもここの方が断然高いとのこと。

ん?なんかあやしい?
やっぱり「宗教」という言葉に過剰に反応してしまうし、
「神秘主義」とか言われると、もう反射的に「できれば関わりたくない」と引いてしまう。
それに、タダより高いものはないはず…。
普通なら行くのをやめておこう、となる設定だけど、今まで何人もの旅人から「絶対行くべき」とお勧めされてきた。
生の旅人情報ほど信頼できるものはないと、腹をくくって?会場へ到着。

入口で配られた入場券は、普通のコンサート用のような、ちゃんとした紙にちゃんと題目が印刷された「チケット」だった。
しかも、会場に足を踏み入れると、立派なイスラム様式の「舞台」が現れる。
明らかに費用や労力がかかっていそうなのを感じ、やっぱり無料なんてなんか怪しい?と思えてくる。
疑いと、今から目にするであろうものへの期待、両方の気持ちで開演を待った。

舞台は、エキゾチックな音楽とともに開演した。
笛、太鼓、弦楽器などの民族楽器が静かにリズムを刻み、
しばらくすると2階のバルコニーから歌声が入り、一人の踊り手が舞台に躍り出る。
ゆっくりゆっくり、スカートが回転し始め、しだいにスピードを増す。

スーフィーダンス

見ているこちらの頭もくるくる回転し始め、圧倒されていると、
いつの間にか踊り手は3人になっていた。
スカートは2段になっているので、一度に6枚のスカートがくるくる。

スカートが2段にまわる スーフィーダンス

まるでおもちゃのかざぐるまが、風にゆれて回転しているように、6枚のカラフルなスカートがくるくる回る。
激しい動きにも関わらず、踊り手たちは満たされたような、落ち着いた表情で旋回し続ける。
旋回の軸を中心に、大きな宇宙のリズムに身を任せ、心のトランスに何かを迎えようとしているかのようだった。
見ているうちにどんどん魅了されて、最後は夢中で拍手を送っていた。

スーフィーダンスは、本来、旋回し続けてトランス状態になることによって、
神と一体になることを理想としているそうだ。
踊りに合わせて歌われる歌も、予言者ムハンマドを賛える宗教的な詩だとのこと。
実際の舞台は、宗教的儀式というよりも、
観客を楽しませるための工夫を随所に凝らした「ショー」という趣きが強かった。

一回のショーであれだけ回る踊り手は、
いくら練習や経験を積んでいるとはいっても体力的にかなりきついんだろうと思う。
ショーが終わってしばらくは、周りのすべてのものが回転して見えてしまいそう…。

こんなにすばらしくて、体力的にもきつそうなショーを一体なぜ無料で?という疑問は、
結局、よくわからないまま。
とにかく、宗教への入会を勧められるわけでもないので、
これからカイロに行く予定がある方にはぜひともお勧めしたい。

スーフィーダンスは、トルコのメヴレヴィー教団の旋回舞踊「セマー」が起源で、
セマーがエジプトで独自に発展したものだそうだ。
トルコでも機会があれば見にいって、スーフィーダンスとの違いを見つけてみたいと思う。
でも、さすがに無料では見られないんだろうな。

ありさ
  • Comments: 4
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - スーフィーダンスに魅せられる


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2011年08月06日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top