FC2ブログ

DiaryTOP > 2011年08月01日

2011年08月01日

朝日が差し込む神殿

ピラミッドと並んでエジプト観光の代名詞とも言えるアブシンベル神殿へ。
エジプト南部、スーダンとの国境近くにあり、ルクソール市内を出てからの風景は、ひたすら砂漠。
バスの車窓に広がる荒涼とした砂色の大地を眺めながら、
こんな砂漠に巨大な遺跡が造られた奇跡と、
それが何千年も経った今もなお現存している奇跡を感じずにはいられなかった。

この遺跡は、長年砂に埋もれて忘れ去られていたが、
19世紀にスイス人のブルクハルトがその存在を確認し、
その後、イタリア人探検家ベルツォーニがはじめて神殿内入った。
なんでもない砂山から神殿の片鱗が出てくるなんて、
これだからエジプトは考古学者や探検家を魅了して止まないのだろう。

アブシンベル大神殿

宮殿裏の駐車場から入場し、ゲートをくぐると、突然目の前に大きな岩山が現れる。
岩山の横をぐるりと半周すると、あの有名な光景が目に飛び込んできた。
ラムセス2世の巨大な石像が正面に並ぶ大神殿だ。
膝下部分に王妃の像があって、それも単独で見るとかなりの大きさなはずなのに、
高さ20m以上あるラムセス2世の巨像に並ぶと、とても小さく見える。

アブシンベル大神殿入口

4体のラムセス像の中央にある入口から中に入ると、
そこにも左右に向かい合って立つ巨大なラムセス2世像が並んでいた。
壁や天井には、戦いや神へのお供えのレリーフ、象形文字がびっしりと描かれ、
神秘的な雰囲気を生み出している。
巨大な空間の中で、自分が小さく感じる。
すべての冒険映画はこの神殿が原点なんじゃないかと思うような、どこかなつかしい光景。
映画だったらその先に秘密の扉があって、呪文を唱えると扉が開いて神殿の奥に入れるようになっている。

ここでは、秘密の扉の代わりに、4体の像が安置されていた。
この4体の像のうち3体が、年に2回、朝日に照らされる。
1番左の像は冥界の神であるため、照らされないように設計されているそうだ。
以前、テレビなどでその瞬間の映像を観たことはあったけど、
実際に神殿内に足を踏み入れてみると、入口から像がある最深部の至聖所までは
何十メートルもの距離があることがわかり、改めて古代エジプト人の暦と計算の正確さに驚かされる。

アブシンベル小神殿

大神殿の側には、もう1つ、大きな岩山が聳え立っている。
この岩山を掘り進める形で作られたのが、ラムセス2世が第一王妃ネフェルタリのために築いた小神殿だ。
ラムセス2世には8人王妃がいたと言われるが、エジプト全土でレリーフや像として残され、
祀られているのはネフェルタリだけだという。
小神殿正面の6体の像のうち、4体がラムセス2世像で、2体がネフェルタリ像とのこと。
王の像と同じくらいの大きさで王妃の像が立ち並ぶのは、エジプトではここだけだそうだ。
そもそも、エジプト領土の南端、スーダン近くの辺境の地に神殿を建設したのも、
そこがネフェルタリの生まれ故郷だからと言われている。
インドのタージマハルといい、この神殿といい、王という立場なら国中の美女と会う機会があっただろうに、
1人の女性への深い愛を見せ付けられ、その想いの深さに圧倒される。
それとも、嫉妬を避けるために、数多くの像を造る事で第一王妃のご機嫌取りをしていたのかな?

アブシンベル神殿は、ダム建設に伴う水没の危機を逃れるために、
1960年代に5年の歳月をかけてユネスコが110m西、64メートル上方に宮殿のすべてを移転した。
この移築が、価値ある遺産を守ろうという世界遺産の創設のきっかけとなったそうだ。
綿密な計画を元にした移築だったが、至聖所へ朝日が差し込む、
年に2回の現象の日にちが移設によってずれてしまったそうだ。
それにしても、朝日が徐々に神殿内部の石壁を照らし、至聖所の3体の像を順番に照らす様は、
どれほど幻想的だろう。
神殿を後にする前に再び大神殿の入口に立ち、その様子をじっくりと空想した。

ありさ
  • Comments: 4
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 朝日が差し込む神殿


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2011年08月01日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top