FC2ブログ

DiaryTOP > 2011年06月25日

2011年06月25日

壁で区別する意味は何なんだ?

エルサレム近郊のベツレヘムという町へ向かう。
ここはパレスチナ人の自治区なので、バスはアラブのバス。
同じ国の中で、この区別の認識を持たないといけないという感覚が全く理解できない。

パレスチナ自治区というものが、イスラエル内にいくつかある。
イスラエル人が入植してきたため、
先住していたパレスチナ人を追い出す格好になってしまい、
彼らに特別に与えた地区のことをいう。

この地区とイスラエル人が住む地区を分離壁で仕切っている。
イスラエルは、自国の安全のためだということで、この壁を「セキュリティ・フェンス」と名付けているが、
パレスチナ人を分断するための壁だというのは確かだ。
正確には、分離しているわけではなく、パレスチナ人のコミュニティーが拡大できないように壁を作り、
すぐに交通の遮断ができるように、かつパレスチナの土地を削るような位置に築かれ続けているらしい。

途中、バスの料金所みたいな所を通過する。
ここが分離ゾーン。
バスに乗って通過する(エルサレム外へ抜ける)には、何のチェックも無いようだ。

ベツレヘムにはイエスが産まれたという聖誕教会がある。
そのため、ここを訪れるキリスト教信者は多い。

生誕教会

イエスはここ、馬小屋のあった場所で産まれた。

向かいにはモスクがあり、ちょうど昼時のアザーンが流れる時で、
パレスチナの人々が集まりだし、モスクの前に群がってきていた。
キリスト教の聖地のひとつは、今ではパレスチナ人が住んでいる。
それでも取り壊されずにきちん保存され公開されているというのが、なんだか不思議だ。

パレスチナ自治区では、郵便制度も違い、切手も違う。
物価もイスラエル側と違い、少々安くなっている。
アラファト議長は、ここではまだカリスマなんだろう。

アラファト議長

ヨルダンに似た旗がなびいているので、なんだろうと思ったら、実はパレスチナの旗だった。
イスラエルという国の中にある、小さな自治区。
そこに立っているだけでは、そこが特別なところだという実感がない。
イスラエルの法律では縛れないことが、この地には存在するのだろう。
それは目に見えない大きな文化や生活習慣の差なのだろう。

そして、この町で有名なのが、分離壁のパレスチナ側に描かれたアート。
とんでもなく頑丈そうな10mはあるだろうコンクリートの壁。壁。壁。

分離壁

Blurのジャケットを手がけたことでも有名なBanksyというアーティストがこの壁にグラフィティを描いた事で有名になり、
今では他の人たちもいくつものメッセージ性の強いグラフィティを残している。

Banksyは、ゲリラ的に屋外や美術館に無断で自身の作品を公表していくという。
ここでは、壁の向こうに見える景色などを描いたらしい。
↑このリンクの一番右上の作品。
壁を皮肉った作品。
描いている間、イスラエル側から威嚇射撃を受けつつも、描いた作品がある。

壁の前にあるお店で、
数年前にこの壁で起きていた戦争の写真を見せてもらった。
そこには、イスラエルの戦車に向かって火炎瓶を投げるパレスチナ人の姿があり、
負傷した人を壁から引き離す牧師の姿があったりと、
それはまさに戦争そのものだった。
それがほんの数年前のことだったなんて信じられない。

この壁を前にして思う。
人は壁なんかでは区別できない。
この壁で何がしたいんだろうか?

この壁の向こうがイスラエルであり、
こちら側がイスラエルの中にある、パレスチナという小さな自治区。
この壁の手前ではパレスチナの兵士が警備をしていた。
最近はガザ以外の自治区では、大きなトラブルも無さそうだけれど、
彼らがまたいつか争うことになるのだろうか?

再度イスラエル側に入るために、壁沿いにある検問所を歩いて超える。
イスラエル側から来るパレスチナ人はみんなバスを降ろされ、歩いてこちらに来ている。
同じ様に、こちらからも長い長い検問所を通過する。
荷物検査もあり、パスポートのチェックもある。
私たち外国人に対しては、何も質問は無かったけれど、前にいたパレスチナ人は指紋まで取られていた。
この壁を越えるだけで、ここまで面倒なことをしないといけない。
何なんだろうか?
ここにいればいるほど疑問ばかりうまれてくる。

ゆーじ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 壁で区別する意味は何なんだ?


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2011年06月25日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top