FC2ブログ

DiaryTOP > 2011年06月23日

2011年06月23日

聖なるオリーブ山を歩いて

旧市街の東側にあり、エルサレム市街を一望できるオリーブ山を歩いてみた。
ここは、イエスが最後の夜を過ごし、弟子に説教を行った場所であり、
捕らえられる前に最後の祈りを捧げた場所と言われている。
また、死後復活し、40日間弟子の前に現れた後に昇天した場所でもあるそうだ。

イエスが昇天したことを記念して建てられた教会に行ってみると、
イエスの足跡とされるものが残っていた。
ほ、ほんもの?
この教会は、現在、イスラム教の管理下にある。
(ややこしいことに、隣がモスク。)

マグダラのマリアの教会とユダヤ人墓地

次に、イエスの復活を一番初めに見たマグダラのマリアの教会へ向かう。
ここは、現在ロシア正教の管理下にあり、建物の屋根にもタマネギ坊主が付いている。
(ロシアで訪れたタマネギ坊主の教会の記事はこちら
教会の中では、ロシアから来た親子がイコン(神や天使や聖人の画)に祈りを捧げていた。
ロシアからわざわざイスラエルまで巡礼に来るということが驚きだった。
そういえば、同じ宿の20代と思われる女の子達もロシアから巡礼に来ていると言っていた。

マリアの墓の教会

その後、山をさらに下り、主の泣かれた教会、マリアの墓の教会、
万国民の教会など、イエスゆかりの教会を巡った。
どの場所もキリスト教信者で溢れていて、
マリアの墓では順番待ちの列ができるほどだった。
キリスト教が、世界で最も信者数が多い(約20億人、33%、出典:ウィキペディア)宗教であることを考えれば納得できる。

エルサレムは、サンティアゴ・デ・コンポステーラ、バチカンと並ぶキリスト教3大巡礼地の一つ。
「巡礼」と言うと、なんとなく服もボロボロになりながら這うようにして聖地に向かうイメージがあるけれど、
ここではタンクトップに短パン姿の人もいて、観光地化していることに驚いた。
もちろん、中には熱心な巡礼者もいると思うのだけど
日本でパワースポットとして伊勢神宮が流行っているような感覚でここに来ている人も多いのかもしれないと思った。

オリーブ山から旧市街を望む

夕方、再びオリーブ山へ。
斜面にはユダヤ教徒の墓が広がっている。
オリーブ山は、ユダヤ教徒にとっても聖なる地。
最後の審判の日が訪れると救世主がオリーブ山に立ち、
谷を抜けて門から旧市街の神殿に入ると信じられている。
その時、そこですべての魂が蘇り、敬虔なユダヤ教徒だけが救世主に付き添って神殿に入ると信じられている。
そのため、旧市街を望むこの場所に墓地が作られているのだそうだ。

夕陽が聖なる地を照らしながら沈んでいく。
救世主が立つとされる場所、そこはその日を待ちわびる死者が眠る場所だった。

ありさ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 聖なるオリーブ山を歩いて


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2011年06月23日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top