FC2ブログ

DiaryTOP > 2011年05月30日

2011年05月30日

アフリカでの島時間

ぱらぱらっと小雨が降り、すぐに晴れると、
信じられないような青空が広がる。
そこに絵に書いたような虹が現れる。

海岸に出てみると漁師たちがちょうど魚を獲って戻ってきたところだった。

ジャンビアーニの漁師たち

数人の漁師が、いろんな魚をぶら下げて船から上がってくる。
フグのような魚もいれば、小魚がたくさんいたり、こんな大きな魚まで。
漁師の姿というのはどこの国で見てもかっこいい。
たくましさが全身からにじみ出ている感じがする。

砂に並べた魚を何人かが交渉して、誰が何を買うのか決めているようだった。
そして、おもむろに魚を捌きだす。
見ていると捌き方は世界各地で様々なようだ。
3枚に下ろすというのは、日本だけなの??

ジャンビアーニ 魚を捌いている途中

そんなことはお構いなしに背骨の真ん中をガツガツとナイフで砕いて身をちょうど半分にしていく。
タコは何度も石に叩きつけられ、見ていてむごいくらいの状態になっていた。
なんでも、タコの滑りを取っているだけのことなのに。

そんな魚の捌きが終わると、だいぶ日が高くなり、
照り付ける様な青空が広がっている。
白い砂浜で続く海岸線を、北に向かってしばらく歩いてみた。
パジェという小さな村まで、てくてくとのんびり歩く。
暑い日差しに少し参りそうになったけれど、
ほとんど誰もいないビーチを歩くのは気持ちがいい。

途中なぜだかマサイ族のお兄ちゃんが二人向こうからやってきた。
声を掛けられ、少し話をすると、案の定お土産買わないかという勧誘。
マサイマーケットがあるから。と言うので、え?どこに?
と思ったのは束の間。
その場で風呂敷をひき、お土産を並べ始める。
マーケットは移動式!便利!

まあ特に欲しい物がなかったので、そのままさよならを言ってさらに歩く。
あと2、3週間もすればハイシーズンになって、人がわんさか来るらしいが、
ここまで誰もいないビーチを歩いていると、本当かなと思ってしまうくらいに静かでのんびり。

パジェの村は、ジャンビアーニよりもリゾートホテルが多いけれど、
同じ様にどのホテルもレストランも閉まっている。
日本人が経営するというホテルもまだお休み。
ここでは冷やし中華が食べれると聞いて楽しみにしていたのに!残念!
唯一開いていたホテルのレストランで、ビールを飲み、ネットをする。

ジャンビアーニからパジェへ

島に流れる時間は、本当にどこでも気持ちがいい。
なぜなんだろうか。
島が持つ特別な時間。
幸せな時間が流れる。

ゆーじ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - アフリカでの島時間


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2011年05月30日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top