FC2ブログ

DiaryTOP > 2011年05月22日

2011年05月22日

あの曲がくれたもの ~ クルーガー国立公園ドライブ4日目

クルーガーでの最終日。
車のレンタルがお昼までの契約だから、朝のうちに公園を出なければいけない。
でも、まだ見たかったライオンとヒョウに出会えていない。

ラストチャンスは、キャンプ場から公園出口への道。
公園出口は何箇所かあるので、一番遭遇率の高いところから帰りたい。
サイティングボードで、昨日ライオンとヒョウが目撃された地点をチェックすると、
私達が公園に入るときに使ったゲートと今いるキャンプ場を結ぶ道にマグネットが多く置かれてある。
時間もないし、この道に賭けることにした。

でも、今まで3日間いて見られなかったのだから、見られなくても仕方がない。
他の動物はたくさん見れたからもう満足だな。
そう思いながら、車を走らせる。

出口まで半分くらい来た頃、ふとつけっぱなしにしていたラジオから、
なつかしい曲が流れてきた。

そうだ。
1年前のキューバの旅で、タクシーに乗っている時にラジオからこの曲が流れてきたんだ。



運転手さんが「この曲好きなんだ」と言ってボリュームを上げて、
ノリノリで一緒に歌い出したのを覚えている。
車窓にはハバナの何十年前から変わらない風景が流れているのに、
運転手さんが英語のポップソングを歌いだしたのがなんだかちぐはぐで印象的だった。
歌詞はとても美しくて、
気持ちいい風が吹いていたのを覚えている。

「あの曲だね!」
二人とも、あの時の心地よい車内の空気を思い出しながら、
ラジオに合わせて口ずさみ始めた。

その時だ。
先の方に車が5台くらい止まっているのが見えた。

なんだろう?
気持ちが急く。

近づいて前の車に聞いてみると、草むらを指さす。
そこには、日陰に横たわって休憩中のヒョウがいた。
金色と黒で構成された模様は、最高にセクシーで高貴でかっこいい。
凛とした美しさに見入ってしまった。

途中、急にヒョウが立ち上がった。
2メートルくらいの場所で一瞬睨まれた時は、心臓がバクバクした。
なんて澄んだ、鋭い目なんだ。

立ち上がるヒョウ

何十分も見とれていた。
気が付くと、数十台の車が集まっていろんな体勢で道路をブロックしていた。
その場を後にする意思表示をして、ゆっくりゆっくり道を空けてもらう。

現場を後にしてしばらく進むと、目指していたのとは違う出口を示す看板に出くわした。
どうやら、私達はキャンプ場を出てすぐの辺りで道を間違えてしまっていたらしい。
そのお陰でヒョウに出会えたのだから、たまには道を踏み外してみるもんだ。

あの曲は、前兆だったと思う。
固執していたことから離れ、ふわりと軽くなった時。
思い出してみると、物事がうまく進む時は、いつもそんな時だったような気がする。
周りが見えないくらいがんがん進むのではなくて、
肩の力を抜いて、歌を口ずさむくらいの状態で。
そんな風に生きていけたらいいな、と思う。

ありさ


前兆を運んでくれた曲は、
James Bluntの"You're Beautiful"。
完全版はYoutubeでどうぞ。
  • Comments: 4
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - あの曲がくれたもの ~ クルーガー国立公園ドライブ4日目


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2011年05月22日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top