FC2ブログ

DiaryTOP > 2011年04月15日

2011年04月15日

アフリカの洗礼を受ける マリ入国

マリの木彫りの置物

パリでお世話になったアブラヒムさんのマンションを後にし、空港へ。
モロッコのカサブランカで乗り継いで、深夜、マリのバマコ空港に到着。
空港に到着するなり、夜更けだというのに熱気に包まれる。
アジアのしっとりとした熱気とは違う、カラリと乾いた暑い空気。
カラカラに乾いたサウナのような熱気だ。

空港の建物に入ると、入国審査前で行列ができていた。
列に並ぶと首からタグを掲げた人が近寄ってきて、
マリのお金は持っているか、ビザは取得しているか、などと聞いてくる。
入国審査関係の人だと困るので、パスポートを見せる。
すると、これは違うと言って列を外れて端の方へ連れて行かれる。

もう一度マリのお金を持っているかと尋ねられ、無いならそこで両替しなさいと、
人だかりができている所を指差される。
マリのお金はまだ持っていないけど、こそこそと探るように質問してくる様子がおかしいと思い、
その人からパスポートを奪って入国審査の列に戻った。

並んでいる間もしつこく端に来るように言ってきたけれど、
審査ボックス内にいる人以外は信用できないと判断して断り続ける。

やっと自分達の順番がやってきたと思ったら、入国カードを書いてないなら並びなおすようにとの事。
やれやれと入国カードを入手して列に並びつつ、記入し、
早く自分の番が来ないものか、早くこの場を離れたい、と焦りつつ時間が過ぎるのを耐えて待つ。

審査ボックスの向こうにある荷物のターンテーブルを見てみると、なんと黒山の人だかり。
さっきの怪しい人と同じ様に首からタグを下げた人達が空港内にわんさか入ってきているみたいだ。
審査の順番待ちをしている間も、荷物が心配でハラハラ。

審査ボックスの審査官は真っ当で、きちんと質問をし、きちんと入国スタンプを押してくれた。
荷物はまだベルトコンベアに出てきていなくて、それからさらに20分くらい待って出てきた。
その間もさっきの怪しい人は、他の外国人にさかんに声を掛け続けていた。
とにもかくにも無事入国し荷物も入手。

ある欧米人は、先に自分の荷物を受け取って、入国審査に戻ってくるという常識外れの技を使っていた。

学生の頃、ナイジェリア人のクラスメートとゲームをした時、ルールを見事に無視して勝っていったのを思い出す。
ここはアフリカ。
おとなしく一般的なルールを守っていたら損をするだけだと、空港到着時にして実感した。

今考えると、審査の列に並んでいた時にしつこく話しかけてきた人は、宿の客引きか両替商だったのだろう。
気を引き締めなきゃだ。

ありさ

FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - アフリカの洗礼を受ける マリ入国


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

親切の連鎖

アブラヒムさん宅から見た夕陽
↑アブラヒムさんのマンションから見た夕陽

パリでアブラヒムさんにマリに行くことを話した時、
「マリに行くならフランス人の友達がいるから彼女の家に泊まるといいよ」
とあっという間に彼女と連絡を取ってくれた。

そういう訳で、パリではペルーで出会った旅人であるダマンさんのいとこのアブラヒムさんの家にお世話になり、
マリではアブラヒムさんの友達アンさんにお世話になるよう紹介してもらったことになる。
でも、アンさんからしてみれば、私達は赤の他人。
アンさんが空港に迎えに来てくれるだろうとは聞いていたけど、
空港は訳の分からない人で溢れていて、混沌としている。
「こんな夜更けにカオスな空港まで来てくれているわけないよ。タクシーを探さなきゃね」
と二人で話しながら空港を出る。

すると、人ごみにまぎれて小さなアンさんが立っていた。
自家用車を持っていないので、わざわざタクシーで来てくれたらしい。
アンさんのマリ人の彼氏も一緒に来てくれていて、感謝してもしきれない。
アンさんの家に向かう途中、家は少し分かりにくいからと、目印になるホテルや建物を教えてくれる。

家に到着すると、当たり前のように
「私達は家の外にマットレスを敷いて寝るから、ここを使って」
とアンさん達の部屋に案内してくれた。
自分達が外で寝るといくら言っても聞いてくれない。
その日はありがたさと申し訳なさでどうしたらいいかわからないまま、床に就いた。

アンさんは、バマコで子ども達の健康状態の改善を目指すNGOを運営している。
有り余った資金を元手にNGOを運営する富裕層と違い、
見たところ必要最低限のものだけに囲まれて暮らすアンさんの生活はいたって質素。
それでも、客人があると歓迎して受け入れてくれる。
この人達の親切はどこから来るのだろう。
逆の立場に立ってみて、日本で私達も見ず知らずの外国人を空港に迎えに行き、
自分達の部屋を譲ることができるだろうか。

パリであまりにも親切にしてくれるアブラヒムさんに、
「この親切をどうやって返したらいいのか分からない」と言うと、彼は笑ってこう言った。

「同じことをしなくてもいいよ。別の人に少しずつ返していけばいいじゃない?」

もう1つ、アブラヒムさんで思い出した事がある。
冷蔵庫にさりげなく張られた市販品のマグネットにこう書かれていた。
きっと、彼が好きな文句なんだろう。

"Give, Give, and Give"

いかにもアブラヒムさんらしいと思った。
この言葉はアブラヒムさんそのものだ。

この旅で私達は、あまりにも多くの人にあまりにも多くの優しさをもらってきた。
少しずつ返していたのじゃ間に合わないくらいだし、きっと彼ら以上に親切にはできないだろう。
でも、私達なりの方法でやっぱり少しずつ、いただいた親切を返していきたい。
社交辞令ではなく、誰に対しても心から「ぜひうちに来て!」と言えるような家庭を築いていきたい。

ダマンさん、アブラヒムさん、アンさん。
親切は連鎖するみたいだ。
私達も、親切をつなげていきたい。

ありさ

FC2ノウハウ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 親切の連鎖


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2011年04月15日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top