FC2ブログ

DiaryTOP > 2011年04月13日

2011年04月13日

親切さに触れて1 ~ ダマンとの再会

パリで居候させてもらっているのは、旅で知り合い、友人となったフランス人ダマンのいとこのマンション。
私たちにとっては見ず知らずのいとこ。

ダマンとはこの旅、南米ペルーのピサックで出会い、
ボリビアのラパスで偶然再会した。
(ピサックの日記はこちら。ラパスの日記はこちら。)
パリを訪れる時は彼と必ず再会したかった。

予定ではこの夏くらいにフランスに行くはずだったのが、急に今行くことにしたので、
会えるかどうかわからなかった。
というのも彼が1年に渡る旅を終えたのがつい最近のことで、まだ家も決まっていなくて、
旅の疲れを癒している頃だったからだ。

私達が訪れると聞いて、彼はいとこのマンションに泊まったらいいと言ってきてくれた。
日本人で普通に考えて、旅先で出会った外国人を、面識の無いいとこの家に泊まっていいって言えるだろうか?
このメールを読んだ時、呆気に取られてしまった私達。
彼の決まり文句は、「目を閉じていてもパリでは平気だよ」と何度も言ってくれる。
私が付いているからねと。
さらにはいとこにまでお世話になるとは。
この親切に驚きを隠せなかった。

お言葉に甘えて、いとこのアブラヒムさんのお宅に。
前にも書いたように、彼の住まいは中華街にある高層ビルの1室。
彼のベットルームを私たちに貸してくれて、彼はリビングで寝ると言う。
今さっき会ったばかりの人にここまでしてくれるとは…。
もうこちらがどうしていいかわからないくらいだった。
さらには鍵も私たちに預けるという。
ここまで信用されているということが、私たちには理解できないほどだった。

今日はダマンと一緒にパリをぶらぶらした。
旅人の時よりも身なりがいいダマンをふたりで冷かしてみると、
これは仮の姿で、やっぱり旅人に戻りたいねと言っている。

ダマンとはピサックの市場で出会って、話しをし、一緒に遺跡を巡り、ラパスでも食事をした。
よく話しをするのはダマンの方で、彼は先生らしく、ある話題に対してどう思う?とよく振ってくる。
かなり考えさせられる内容ばかりの質問なので、急には答えが出ない事が多くて困るけれど、
嫌ではないし、面倒くさいとも思わない。

三人で並んで話しながら歩く。
映画に出てくるような風景だな。やっぱりフランス人はおしゃべりが好きなんだなって思いながら歩く。
主にボリビア以降どう旅をしていたかを話した。
チリのストの時はどうしてた?とか、パイネはよかったねとか、南極は行くべきだなどと語りながら、
ダマンはフランスに帰って、この旅の思い出を共有できる人が少ないのが残念だと言っていた。
お母さんからは1年もバカンスに行っていたんだから、これからはきちんとしなさいと言われたらしい。
でも、そんなわけは無いのはわかるよねと私たちに言う。
毎日が刺激的だけれど、長時間の移動や日々の事を綴っていたから、そんなにゆっくりできるはずはないんだと。
そういうことをわかってもらえるのは、私たちや他の旅人しかいないのだと。

彼の一番好きなモンマルトルやノートルダムを先に訪れてしまっていて、
ちょっとがっかりっせてしまったけれど、ただ単に話しながら歩くのもいいなと思う。
ベルヴィルという地区のアラブ人街、中華街と様々な人種が混在している地区を歩き、
彼がお気に入りのアラブ料理屋さんへ。
クスクスやブロシュートなどの昼食を取りながらおしゃべりは続く。

日本人のメンタリティーの話しをよくしていた。
彼は日本を旅して、日本人をだいぶ理解しているのかなと思うことがある。
日本ではカウチサーフィンをして宿泊費が全く掛からなかったし、
とても親切にしてもらったとのこと。
日本に行くまではそこまで日本について知らなかったけれど、
日本人の優しさや多くを語らないことなどを旅をして気が付いていったそうだ。

こうして私たちに親切にできるのも日本で親切にしてもらえたからで、
今度日本に行ったら案内してねと言う。
もちろんだよ。是非来て欲しいなと思う。

デザートは他においしいところがあるからそこに行こうと言う。
チョコかアイスクリームのどちらがいい?なんて聞いてくる。
悩むありさ…。
またも歩きつつ話しながら街歩き。
ふと歩いていると、探していたジェラート屋さんが目の前に。

ダマン

さすがフランス。おいしすぎる。
この店<Amorino>はパリにはいくつも支店があるようなので、見つけたら是非とも!

さらには贅沢にもチョコレート屋さんにも案内してくれる。
彼がパリで5本の指に入るくらいおいしいというお店。
訪れてみて驚く。なんと日本でも人気のあるピエール・エルメ。
小さなお店にぞくぞくとお客がやってくる。

夕方前には3人とも少し疲れてきて、眠いねと言って、もう帰るのかなと思って、
地下鉄の中でどこに行くのと聞くとアブラヒムさんの家の方だよと答えるダマン。
地下鉄で降りた場所は、私たちにはどこかわからず、
あっちの方だよと左手の方を指差しながら、そちらを見て歩く。

ふと逆の右手の方を向いてみると、
どかーーんとエッフェル塔が建っている。

内緒で一番見晴らしのいい場所に連れてきてくれたのだ。
しかも秘密にしながら来ることがまたお洒落だ。

エッフェル塔

エッフェル塔はまだ見ていないと会話の中で言っていたのを覚えてくれていたのだ。

つづく

ゆーじ

FC2ノウハウ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 親切さに触れて1 ~ ダマンとの再会


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

親切さに触れて2 ~ アブラヒムの優しさ

エッフェル塔と東京タワーってどっちが高いんだっけ?
と馬鹿な質問をしつつ、のんびりとタワーの麓までてくてく歩く。
さらには何やらさっきから誰かと連絡しているなと思っていたら、
アブラヒムさん登場。
しっ仕事は??まだ終わるには早い時間では。。。
仕事時間は調整できるからっと言うことで、抜けて来たらしい。

ダマンとも久しぶりに会うらしく長く語り合っていた。
見るからにいい人っぷりの雰囲気が漂う二人。

ダマンとアブラヒム

アブラヒムさんも旅人だ。
日本にも1ヶ月ほど掛けて旅をしたことがあるらしい。
日本のアニメも大好き。

来年コンポステーラへの巡礼の道を歩き、そのままマグレブ3国、中東を旅したいと言っていて、
今そのために結構な距離を仕事帰りに歩いて、トレーニングしているらしい。
とてもゆっくり静かに語ってくれた。

彼の家での気遣いはほんとうにすごかった。
どうしたら人はこうも優しくなれるのだろうかと思ってしまうほど。

彼も日本で親切にしてもらったから、こうして私たちを迎えるのだと言う。
だから今度私が日本に行ったらよろしくね。
とダマンと同じ事を言う。
日本を訪れている外国人はみんながみんなこういう風に日本に対して、日本人に対して、
いいイメージを持っているのだろうか?
驚かされるばかりだ。
さらにはマリに行くと言うと、彼もマリを訪れたことがあるらしく、
マリの首都バマコに住む友人を紹介してくれると言う。
何から何まで申し訳ないと思えるほど、いろいろしてもらってしまった。

ここまで親切にしてくれて、このままでは気が済まないので、
本当に是が非でも2人共に日本に来てもらいたい。
この恩返しを必ずしたいなと思う。

ダマンに再会を約束し別れて、今度はアブラヒムさんと3人で地下鉄に乗り家に戻る。
ダマンもアブラヒムさんも、両親がアルジェリアの出身。
今こうして二人ともパリに住み、フランス人として生きている。
ここまでの生活を得るなんて並大抵の努力ではできないだろうと思う。
地下鉄に乗りながら、アブラヒムさんが語ってくれた。
パリに住めるようになった時、あまりにうれしくて仕事の帰りには地下鉄に乗らずに、
ほとんど歩いて帰っていたらしい。
夢見たパリの美しい風景を眺めて帰れるなんて、本当に信じられなかったと。
そういう話って素敵だなと思う。
今、日本でそういう夢を求めて東京に出て来る人はいるのだろうか?
まだ東京は夢のあるような街なのかな?

昨晩は招いてもらったお礼に、広島風のお好み焼きを作ってみた。
どうお礼をしていいものかわからなかったけれど、喜んでもらえたらと思って作ってみた。
そして、なんと今日はそのお返しにクレープを作ってあげると言ってくれる。
そんなお返しなんて…と思うし、
仕事帰りで疲れているだろうし、
こういう場合断った方がいいのかどうかわからなかったけれど、
クレープ!と聞くと、食べたいって思うほうが勝ってしまった。。。
もう頭が下がるばかり。
なぜクレープかと言うと、広島風のお好み焼きの下地がクレープみたいで、
お好み焼きを作っている時に、彼はクレープ作るのが得意だという話しになったからだ。
まさか覚えてるとは思っていなくて、びっくり。

お好み焼きの作り方を教えてあげたように、クレープの作り方を私たちは教えてもらう。
なんともきめ細かい作り方。
ほんの少しの隠し味があったり、粉の柔らかさを焼く度に変えて調整していったりと、
とても繊細に作っていく。

クレープを作るアブラヒム

そして、アツアツのクレープ生地にニューティラをたっぷりとアーモンドのスライスをまぶして頂く。
これはうまいっ。
アブラヒムさんは粉を調整しつつ、どんどん作っていく。
そして、私たちはキッチンで出来立たらすぐさまどんどん食べていく。

最後は砂糖をまぶしたバリエーションも。

これだけいっぺんにクレープをたんまり食べたことは無かった。
けれど、このクレープとんでもなくおいしい。
何枚でも食べれるし、あーまた食べたいなって思わせるほどのおいしさなのだ。

ダマンとアブラヒムさんと過ごしたパリでの日々。
長い文章になったけれど、記しておく必要を感じたので。

彼らの優しさに触れて、自分に同じ様な行動ができるだろうか?
彼らの行動や態度から、いろんな事を考えさせられた。
イスラムの教えに、「旅人をもてなしなさい」というものがあるが、
彼らはそれ以上のものを私たちに与えてくれたと思う。
彼らに出会えた事は、この旅での私たちの大きな大きな収穫のひとつとなったのは確かだ。

ゆーじ

ちなみにアブラヒムさん直伝クレープ生地の作り方をどうぞ。

Continue reading

  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 親切さに触れて2 ~ アブラヒムの優しさ


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2011年04月13日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top