FC2ブログ

DiaryTOP > 2011年03月17日

2011年03月17日

【こんな国でした】16カ国目 チリ

滞在期間:28日間
主な滞在先:サンティアゴ、イースター島、プエルト・ナタレス、ビーニャ・デル・マル、バルパライソ

●ありさ
チリの思い出といえば、イースター島。
あったかい南国の風、やさしい人々、そして何百体も残るモアイたち。
ジェラートを食べながら海辺を散歩して、こんな毎日が日常だったらどんなにいいだろうと思った。
ただの石像に見えていたモアイの歴史を紐解いていくうちにモアイの見方が変わっていった。
歴史を学ぶとその場所がより面白くなる。
そして、イースター島には本当に美人さんが多かった。

ビーニャ・デル・マルで毎日新鮮な魚を捌き、宿の皆で食べた事も忘れられない。
まさか刺身を自分で作れるようになるとは思ってもみなかった。
旅仲間と市場に行って魚を料理するということが生活の中心で、幸せな日々だった。

パタゴニアで1、2を争う知名度のパイネ国立公園は、
ものすごくきれいな景色と裏腹に、
あまりにも観光地化されていて観光客が多くて残念に感じる部分もあった。
電気やシャワーが完備された山小屋、ガスの使えるキッチン、
洗剤垂れ流しの川、夜更けまで大騒ぎする観光客。
こんなに美しい自然に負荷をかけて汚しているなんてもったいないと思った。

チリの旅を思い出してみると、心が丸くなるのは、
出会ったチリの人々がとても親切に接してくれたから。
また、そこまで治安の悪さを感じずに旅できたからだろう。

●ゆーじ
ボリビアからチリに入った瞬間にいままでがたがただった道路がきれいになり交通標識もきちんと立っている。
それだけで大きく驚いたのに、さらには急に物価が高くなってさらに驚いたのを今でも鮮明に覚えている。
隣り合う国でここまでの違いがあるというのは、おもしろい。
その綺麗さ、高い物価から想像できる都市がサンティアゴ。
スリの心配をしないでいいという少しだけ開放的な気分を味わえる。
何も見所が無いけれど、気候からして住み易そうなところ。好きな都市のひとつ。

ビーニャ、バルパライソはサンティアゴに近く、旅人が集まる場所。
なぜなら新鮮な魚が食べられるから。
魚があるところに、日本人は集う。魚の事や料理を通して、話題が生まれる。
そういうことが新鮮で、とてもおもしろく感じた。

チリはほんとに縦に長い。
南に下ると、気候も一変し、夏なのに寒い。
そこにはパタゴニアという大自然が待ち受けている。
この旅で一番本格的なパイネ国立公園の4泊5日のトレッキングは思い出というよりも、
体に染み込んだ体験だった。
衣食住全ての荷物、かなり重い荷物を背負うことが初めての体験であり、
どれだけきついのか?この長距離を耐えれるのか?と最初は疑問を持っていたけれど、
圧倒的な大自然を前に、ただただ歩くのが楽しかった。
さすがに荷物が重すぎてつらい時はあったけれど、それ以上に達成感が気持ちよかった。
そんな中、トーレス・デル・パイネに照らされる朝陽は涙が出るほど美しかった。

そして、イースター島。
ハワイと同じような暖かい、太陽がさんさんと照り輝く島。
行くまではモアイのいる島というだけのイメージしかなかったが、
ここまでスローで心が溶けそうな島は世界中にもそうなにないはずだ。

最後にチリの印象はみんな、出会う人がかなり優しいということ。
コロンビアで感じた優しさをまた感じることが出来た。


☆この国を表す1枚 - ありさ
イースター島 踊りの練習風景

イースター島のお祭りに備えてダンスの練習をしている。
毎年、代々、コミュニティーで踊りを伝えていく。
こうして島の伝統は消えることなく、受け継がれていく。
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 【こんな国でした】16カ国目 チリ


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

【こんな印象持ちました5】16カ国目 チリ

ゆーじ
1、優しい 南米の人たちは優しいけれど、チリの人々はコロンビア人なみに優しかった。
2、イースター島 楽園のような島。住んでみたいと思わせるくらいに素敵な暖かい島。
3、魚 魚が豊富。逆に肉は高い。といっても縦長な国なので地方によって特徴が違う。
4、サンティアゴ 何も無いけれど、安全で気持ちのいい場所。なんだか好きな印象がある。
5、パイネ 大雑把な管理をしている公園だな~と思わせるも、その大自然には脱帽。

ありさ
1、イースター島の風 モアイが見守る人も風もあったかい島。とってもピースフル!
2、美人さん多し スペイン系の美しい顔立ちにまっすぐなすらりと長い脚。
3、魚介天国 サンティアゴ近辺は新鮮な魚が豊富で、魚市場見学だけでも楽しい。
4、パイネ・トレッキング 4泊5日、見所と植物が多い山歩き。朝焼けは鳥肌モノ。 
5、エル・パライソ 港町が見下ろせる丘の上にある、小さなお店が並ぶ壁画地区。おしゃれがぎゅっと詰まった場所。


☆この国を表す1枚 - ゆーじ

イースター島での初日の出

イースター島で迎えた2011年の初日の出。
島の雰囲気、時間の流れ、暖かい気候どれをとっても忘れられない経験だった。
チリ本土とは雰囲気が全く異なるけれど、どちらも好きな感じがする。
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 【こんな印象持ちました5】16カ国目 チリ


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

1年目のサプライズ

南米最後の日。
ヨーロッパに向かって旅立つ。

早朝タクシーで空港に向かい、ウルグアイのモンテビデオ行きの飛行機に乗る。
リクライニングがほんの少しくらいしか倒れない飛行機。
それでも爆睡。

アンデスの峰

そして、飛行機を乗り換え、チリのサンティアゴに向かう。
途中、アンデスの山々を越える。
以前、陸路でこの真下の道を通った時の美しいアンデスの景色を思い出す。
まさか空からまたこの景色を見られるなんてうれしい限り。
思い返せば、南米の旅はアンデスの山々を南に下ってきた。
思い出いっぱいの南米。名残惜しい。

サンティアゴからは、スペインのマドリッド行きに乗る。
まだ出発まで5時間くらいあるけれど、LAN航空のカウンターに行ってみる。
するとフライトは遅延で、飛ぶのは明日の朝とのこと。

え?

せっかく南米に思い切って別れを、と思っていた矢先。
理由は、しどろもどろにメカニカル・トラブルとのこと。
お決まりの理由だったけれど、「ホテルと送迎は要りますか?」
と言われたので、即答でOK。
晩御飯と朝食も付いているという。

それでも大したホテルじゃなくて、空港近くのビジネスホテルだろうなと思って、
乗ったこともないような豪華タクシーに乗り込む。
車はサンティアゴの街へ向かうではないか。
以前通った中央市場の前を通る。
これはかなりの中心部。うれしい限り。

そして、連れて行かれたホテルは、
なっ、なっ、なんと、

☆☆☆☆☆

クラウン・プラザの部屋

五つ星のHotel Crowne Plaza Santiago。
いつかは巡り合いたかったフライトキャンセルによる好待遇…
まさかこんなところで。
カード式のドアなんて、この一年の旅であっただろうか?
ドアマンに荷物持たれそうになって一瞬身構える。
こんな身なりでホテル内歩いていいのだろうか。
部屋にはダブルサイズのベットが2つに、バスタブ付きの部屋。
贅沢だ。。。

実はサンティアゴに戻ってくるのは決まっていたので、
チリのお金を少しだけ持っていた。
なので、ちらっと街歩き。
サンティアゴは見所が無いっていう不名誉な事で有名だけれど、
たまたま雑貨市を発見。
そこでヨーロッパの防寒用にアルパカのニット帽子を購入。
パイネ・トレッキング中に風で飛ばされたので、どこかで買わないとと思っていたところ。
安く買えてラッキー。
その他にも、いくつかお土産を購入。

チリワイン

そして、最後に安くておいしいワインをスーパーで購入。
もうこんなに安くワインを飲むことができないだろうな…。

ふかふかベットでもったいなくて寝れず。
遅くまで起きていた。
今日こそ本当に最後の南米の日となるのかな。
こんなプレゼントがあるとはねって二人で驚くばかりだった。
ちょうど旅を始めて一年の節目にあったので、記念日のサプライズ・プレゼントみたいで嬉しい。

ゆーじ

FC2ノウハウ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 1年目のサプライズ


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2011年03月17日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top