FC2ブログ

DiaryTOP > 2011年03月15日

2011年03月15日

世界一周の旅 一年目を迎えて

アメリカ、ブライスキャニオンにて

今日からちょうど一年前、日本からオーストラリアのパース行きの飛行機に乗った。
世界一周の始まり。

そして今、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロにいる。
日本とは地球の真反対の場所。
あさってにはヨーロッパに飛び立つ。
そして、また旅が進んでいく。

先日、日本では未希有の大地震と津波が起こった。
ここ地球の真反対の場所でも、連日ニュースで報道され、
被害の模様は少なからず伝わってくる。
今自分達は、為すすべも無くただネットから伝わるニュースを眺めている。
いろんな人に、通りすがりの人に日本は大丈夫か?家族は元気か?とても悲しいことだ、などと声を掛けてもらう。
その反応に改めて大きな出来事だと痛感させられる。
東北・関東に住む友人がたくさんいる。
旅で知り合った日本人にも東北出身の人がいる。
今はただ遠い地から、皆さんやその家族の無事を祈るばかり。
そして、一刻も早い復興を願っている。

旅に出発して以来、ブログは毎日分更新してきた。
日常を離れてここに来て下さった方々が、このブログを見る時間、
「ここにくれば楽しい何かが動いている」と、なんとなくほっとする時間を過ごして下さればと願っている。
今、私達にできることの1つが、地球の美しさや旅の楽しさを伝え続けることだと思う。


私達は一年の間にオセアニア、北中南米を巡ってきた。
駆け足だったような、ゆっくりだったような。
一年が過ぎてみると、あっという間だった。
見足りない地域もあったかもしれない、それでもかなり満足している。

なにしろ旅のハイライトとなるべきものが一年の中に目白押しだった。

タスマニアの自然の中を歩き、アメリカのグランドーサークルを周り、
カリブ海で動物達に触れ合い、マチュピチュを目指して歩き、
ウユニでは自然の美しさと静けさを感じ、パタゴニアの自然には心を洗われた。
そして、なんといっても南極。
南極の壮大さは自分達の想像を遥かに凌いでいた。

こうやって文字にすると、一年の旅を簡単に書きつくせない。
けれど、この旅で自分達がいかに自然と向き合ってきたかを認識させられる。
これから先にも常に自然に触れ、その時に感じることができる感性を大切にしていきたいと思う。
何が先に待ち受けているのか?どんな自然やモノや人々に出会えるのだろうか?
そういうわくわくを持ちつつ残り地球半周を。

もちろん、病気をしないわけでもないし、トラブルに全く会わないわけではないけれど、
こうして一年を振り返った時に、悪い事をあまり思い出せない。
これからも、そういう風に感じられる旅であったらいいなと思う。


今後は、Profileのページの”なんでも世界一96セレクション”を、
一年目の節目に旅を振り返って、更新する予定。
また、南米で出会った素敵な旅人達のリンク集
南米の国々のPhotoのページも作成中です。
お楽しみに。

Buena Suerte.
幸運を。

96 Happy World Journey
ゆーじ & ありさ


写真はアメリカ、ブライスキャニオン
出発して1ヵ月半あまり。まだきれいな身なり。ありさのカバンもこぼし物なし。そして、まだアメーバにやられていないゆーやんがふっくらしている。
  • Comments: 4
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 世界一周の旅 一年目を迎えて


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2011年03月15日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top