DiaryTOP > 2011年03月

2011年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

ビタミンの王様 マテ茶とテレレ

アルゼンチンのバス内で

チリとアルゼンチン南部のパタゴニア地方に足を踏み入れ、
気になるのがそこら中の人が魔法瓶を持ち歩き、ひっきりなしに銀色のストローをすすっていること。
バスの中でも、バス停での待ち時間も、仕事中も、おしゃべり中も。
入国管理官の机の上にもどでかい魔法瓶と独特の形をしたコップ。
1個スタンプをおすと、いかにも自然なしぐさで口元にストローを運ぶ。
寒くて風が強いパタゴニアで、その姿を見るたびに「あったかそうでうらやましい!」と思っていた。
でも、魔法瓶とコップとストローと茶葉のマテ茶セットをまさか持ち歩くわけにはいかない。

この飲み物は、マテ茶と呼ばれ、乾燥した茶葉にお湯を注いだもので、
野菜の栽培に適さない地域でビタミンやミネラル源となっている。
飲むためのカップは瓢箪、木、動物の角などで作られており、豪華な装飾が施されたものも売っている。
これにイェルバ・マテの葉を容器の半分くらい入れ、ぬるめのお湯を注ぐ。
ここに先に茶漉し用のいくつもの小穴がついた金属製のストローを入れて飲む。
コップにお湯が少なくなったら魔法瓶からお湯を継ぎ足し、
お茶が薄くなれば茶葉を追加したり入れ替えたりする。
だいたい、家族やグループに1人はマテ茶セットを持った人がいて、回し飲みしている。
この回し飲みの時に「ありがとう」と言うと、
「もう充分いただきました」という意味になって次から回ってこないらしい。

パタゴニアを後にしてからも、アルゼンチンのブエノスアイレスやウルグアイでも飲んでいる人をみかけた。
そしてパラグアイに入ると、断然、魔法瓶を片手にした人の人口が増える。
でも、パタゴニアと違って、ブエノス・ウルグアイ・パラグアイの魔法瓶は、カラカラと音がする。
音の正体は氷。
この辺りの気候は暑いので、お湯ではなく冷水を注ぐのだ。
この冷たいマテ茶は、テレレと呼ばれ、もともとはグアラニー族の文化だったそうだ。

テレレを飲むおじさん パラグアイ

パタゴニアで初めてマテ茶を目にして以来、一体どんな味なんだろうと興味津々だったけど、
飲む機会はなかった。
そして、今日。
バス停で待機中、隣に立っていたおじさんが、ニコニコしながらコップを差し出してくれる。
初めて飲むテレレはとても冷たいらしく、ストローにはたくさんの水滴がついている。
ストローをすすってみると…。

苦い~!!

テレレ

例えて言うなら、タバコの味。
しかも、茶葉が茶漉しにひっかかって吸い込むのに結構吸引力がいる。
ほほほう、こういうものだったんだ。
でも、飲んだ後は身体がサッパリした感じがする。
頭もすっきりしたような。
タバコっぽい味で、健康に良ければ、やみつきになって手放せないのも納得。
ペルーやボリビアの人達が絶え間なくコカの葉を噛んでいるような感じだろう。

宿でテレレ・タイム

早速、宿に戻る前にかさばるコップ以外のテレレ・セットを買い込み、部屋で飲んでみた。
ストローから細かい茶葉が口の中に入ってくる。
飲み方が間違っているのかも、と調べてみると、あっていた。
「飲むサラダ」とも呼ばれるマテ茶は、
漉しきれない茶葉をも口にいれることで栄養成分を多く体内に取り込むことができるそうだ。

少量のカフェインも入っているマテ茶。
飲みだすと、自然に水を継ぎ足してしまう。
ブラジルでも愛好されているらしいので、今後の南米の旅はコーラをやめてマテ茶で健康UPを狙おうかな。

ありさ


FC2ノウハウ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - ビタミンの王様 マテ茶とテレレ


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

サンパウロにある日本

朝7時半、ブラジル、サンパウロに到着。

予約していた宿に向かうためにバスターミナルと連結されている地下鉄に乗る。
地下鉄のホームにたどり着くまでにどんどん人が増える。
ホームには溢れんばかりの人、人、人。

サンパウロの通勤時間

ちょうど通勤時間のようで、ものすごいラッシュになっている。
それでも電車は山手線並みにじゃんじゃんやってくる。
やるじゃないかサンパウロ。と思ったのも束の間、通勤客はあまりぎゅうぎゅう詰めに電車には乗り込まない。
そこが日本と違うところ。
自分達もすぐには乗れないと判断したので、しばらくホームで様子を伺っていた。
もうすぐ9時になりそうなのに、みんなあまりあせった感じはしない。
混んでいるから会社に遅れてもしょうがないくらいの印象。

地下鉄には優先席がある。
最初知らなくて座っていると、他の乗客の視線が気になった。
普通の席の人も普通に老人に席を譲っている。
こういうのは先進国ならではなのかなと思ってしまう。
こんな小さなことでも理屈立っていて、それが秩序を成り立たせるために役立っているのだろう。
余裕がない場所で人々は、われ先に席を奪いに行って、意地でもその席を確保することに懸命になってしまう。

東洋人街

リベルダージという地区に東洋人街と呼ばれる街がある。
この街は日本人移民の方々が根を降ろしている土地であり、
鳥居に日本風の電灯などが作られ、多くの日本人経営のお店が並んでいる。

なかには手打ち麺のラーメン屋さんまである。

ラーメン屋さんのカウンター

すき屋も。

すき屋のキムチ牛丼

東洋人街を歩いていると、ちょうどバザーが催されていた。
古い衣類や本、雑貨などが売られていた。
値段のやりとりを聞いていると、あ~日本だなって感じる。
お餅を手作りで出しているところも。
きなこ餅や桜餅、麦茶をいただく。
なんだか心休まる。
手に入らないものは現地のものを代用して作っていたりして、
作られたお母さんの気持ちが感じられた。

お餅

街には多くのスーパーもあり、日本食材がいっぱい手に入る。
ほとんど何でもある。日本と変わらないように。
数々の調味料もお菓子類もすき焼き用の肉も秋刀魚も餃子の皮もなんでも。
今まで日本でしか手に入らない食材はあきらめて、
日本食に近いものを作りつつ旅をしてきたけれど、
ここにいればほとんど日本と同じ様になんでも料理できてしまうだろう。

こういった食材は、日本とここサンパウロに架かる流通ルートが大きなマーケットだからこそ、
ここまで多種多様のモノが店先に並んでいるのだろう。
それは、ここに移り住んだ日本人たちが築き上げてきたもの。
大きな需要があるからこそ成り立っている。

海賊版のDVD屋さんもある。海外ではよく見かける光景だけれど、
ここで売られているのは日本の映画、テレビ、音楽などのDVDや音源。
最近売れているアイドルや歌手もののテレビ番組もあったけれど、
新しすぎて誰だかわからなかった。
日本のモノを売っている海賊版屋さんは、世界でもなかなか無いなと思う。
やはりここにも需要があるからこそ成り立つ商売なんだな。

この付近で見かける野菜は、きれいなものが多いように感じる。
近郊の農園、日本人が営む農園で作られたものが多いらしい。
ゴーヤや白菜、韮、きゃべつ、生姜、ごぼうなどなど普通には海外で手に入らないものを普通に見かける。
輸入の難しいもので、必要なもの、あった方がうれしいものなどは、この地で作ってしまう。
こうしてまたひとつ需要が満たされる。

こういったことが積み重なり、この街は日本化にしていったのだろう。
ここまでの道のりには長い月日と多くの苦労が掛かったのは想像に難くない。

ゆーじ

FC2ノウハウ
  • Comments: 4
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - サンパウロにある日本


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

サンパウロの青山通り

ハワイアナス本店

のんびりサンパウロ歩き。
市場に行って1ヶ月分くらいの重量のハムが入ったパンにかじりつき、新鮮なイチゴが乗ったアサイーに舌鼓を打ち、美術館に行って絵画を鑑賞した。
市場の近くの通りには、カーニバル専門店があって、かなり賑わっているのには驚いた。
もうすぐカーニバルなので、コスプレグッズを買い込んでいるのだろうか。

その後、目指したのがサンパウロで最もおしゃれなオスカーフレイレ通り。
高級ブティックが軒を連ね、洗練されたディスプレイが敷居の高さを演出している。
言うなれば、サンパウロの青山。
一軒一軒のお店の演出を楽しみながら、私達が目指したのはビーチサンダル屋さんhavaianas
ちょうどゆーやんが5年間履いていた愛用のサンダルの鼻緒が切れてしまったので買いにきたのだ(物持ちよすぎ!)。
havaianasといえば、鼻緒のところにブラジル国旗のピンバッジが付いているのが有名だけど、他にも様々なデザインがある。
この青山通り?の本店では、底の部分と鼻緒の部分の色を自由に組み合わせたり、好みのピンバッジをつけてもらったりしてオリジナルのサンダルを作ることもできる。
ゆっくり店内を見て周り、お気に入りの一足を見つけたゆーやん。
きっと、このサンダルとも長いお付き合いになることだろう。

ありさ
 
FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - サンパウロの青山通り


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

雨の日のグッー

雨のサンパウロ。
ブラジルに到着してから毎日のように雨。
イメージしていた常夏のブラジルはどこに?

グアテマラで出会った旅人たか君と半年振り?に再会し、
サンパウロを観光。
といってもあまり観光名所のないサンパウロ。

ガイドブックに載っていた公園に向かうことにしてみた。
雨はあがっていたいけれど、黒いどんよりとした空がなんだか寒々しい。

行き方がよくわからないけれど、警官に聞きつつ、最後にはバスに乗ることに。
バスの路線は複雑すぎて、これまたよくわからない。
バスに乗ると、おばあさんが日本語で話しかけてくれた。
日系1世の方で、50年近くサンパウロに住んでいるそうだ。
行き先を言うと、車掌さんに降ろしてもらえるよう頼んでくれた。
イグアスの滝に行ったか?と聞かれる。
一昨日リベルタージの東洋人街で、出会ったおばあさんにもイグアスの滝に行ったかどうか尋ねられた。
一昨日のおばあちゃんはつい最近行ったらしくて、綺麗だわね~と感嘆していた。
バスのおばあちゃんはまだ行った事がないから、是非行ってみたいと言う。
ブラジルに住む人々の憧れの地イグアス。
50年住んでいても、バスで1日掛けて行けるところに行けないという事情を少し感じた。
いつかふとした余裕が生まれて、滝を感じに行ってほしいなと思った。

目指した公園は、サンパウロの町中にある公園。
イビラプエラ公園。
ブラジルの有名な建築家オスカー・ニーマイヤーによる設計。

入り口からしてどこにあるのかわからないくらいに大きな公園。
入場してもかなり広大な敷地で、どこを歩いているのかさっぱりわからなくなる。
そして、少し前からしんしんと降り続く雨のお陰でなかなか思うように歩けなかった。
せっかく広い芝生が敷き詰められているというのに、もったいない。

雨宿りに屋根がある建物の下に行くと、そこは公園内を縦にくねくねと波打つように建てられていた。
ここを歩いていると濡れなくてすむくらいの大きな屋根の下の空間には、
歩行者やスケーターがちらほら。
絶好の遊び場になっている。
こういう贅沢な空間って日本にあまり無いな~と感心。

イビラプエラ公園

その他の建物はちらちらっと見たくらいで、雨のお陰であまりきちんと見れなかった。
ブラジリアのニーマイヤー建築を見に行くことで埋め合わせをしよう。

この公園内の建物や町中を見ていて思うのは、
ブラジルの建物や道路は何十年か前にモダンを謳って、都市計画に基づいて建てられたけれど、
そこからあまり修復されていないように思う。
道路は広くきちんとしているが、意外にがたがた。
建物はモダンで構造は一見お洒落だけれど、壁の塗装がはげていたりする。
その数十年前のモノがそのまま残っているといったイメージ。
もっと新しい近代的なイメージを持っていただけに、わずかなギャップを感じた。
といっても他の街がどんなだかまだわからないけれど…

イビラプエラ公園

一番見たかったコンテンポラリーアートミュージアムが工事中で見れず。
モダンアートミュージアムが無料だったので、のぞいて公園を後にする。
帰るのも一苦労。公園を抜け出せない。
工事をしていたお兄ちゃんに道を聞くと、地図を持ってきてくれたり、何度もわかるまで説明してくれる。
なんと親切なことか。そして、いつでも陽気。
そして、OKの時は必ず親指を立てて、グッー!
どんな時でも何でもグッー。
日本人には慣れている仕草なので、やられると気持ちいいし、
ついつい自分もいつの間にかグッーってしている。

少し疲れて、冷めていた気持ちが、これだけで暖かになる。

ゆーじ

FC2ノウハウ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 雨の日のグッー


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

不思議な縁の出会いを大切に

旅の中では不思議な縁というものがある。
コスタリカでお会いした青年海外協力隊(JOCV)のともさんの紹介で、
サンパウロにお住まいの日本人ご夫婦にお会いすることになった。
ともさんからは私達が世界一周の旅に出てまもなくして、
メールを頂いて、お会いすることになった。
その後、ブラジルに行く事があれば、あるご夫婦と会ってみては?というメールが届いたので、
喜んでお会いしてお話ししたいと思っていた。

日本人ご夫婦Dさんはお仕事で、宮崎県からサンパウロに移り住んで、3年目になるという。
ともさんの知り合いというだけで、どういう知り合いかも知らないでお会いした。
もちろんどんな方かも外見も何も知らないで会う。
どきどきするけれど、その方がなんだかいいような気がしたから。
考えてみるだけで、不思議な出会いではあるけれど、なんと魅力的なことか。

私達が泊まっていた宿まで車で迎えに来てもらい、
好きなところにドライブに連れて行ってもらった。
至れり尽くせりでほんとに申し訳ない。

最初に、サッカー博物館へ。
この博物館はコリンチャンスのホーム、パカエンブー・スタジアムに併設されている。
Dさんの旦那さんは、自分同様サッカーが好きなようで、
試合にも何度も足を運んでいるようだった。
ブラジルの応援は見ものだそうだ。時間が合えば試合を見に行きたかった。
けれど、今日はここの博物館で我慢。

サッカー博物館からスタジアムを望む

コリンチャンスのチーム博物館と思っていたら、
なんとブラジル代表の歴史やサッカーに関することの方が多い。
映像の使い方、見せ方がとてもうまくて、博物館としては見所満載。
サッカーにまつわる事がパネル展示されていて、そのグラフィックがお洒落。
ただ、ポルトガル語なので、意味不明だけれど…。
それでも全体的には、とても惹かれる内容だった。
アルゼンチンのボカのスタジアムでもすごいと思っていたけれど…
やはりブラジル。なんとなくお洒落。

ブラジル代表のワールドカップの歴史が垣間見れる。
最多5度の優勝。
その時々の映像を見ると、記憶が呼び覚まされる。
ロナウジーニョってあんなに早かったのか…。
3Dコーナーではロナウジーニョがサンバしながら、リフティング。
うーん、せっかくならもうちょっとすごいことしてくれ!


続いてお昼時になったので、昼食に。
せっかくなのでブラジル料理を食べたいというリクエストをわがままにも叶えてもらった。

そこでなんと、なんと、なんと、

生牡蠣!!!!!

生牡蠣

まさかのまさか。
ここで牡蠣が食べれるなんて。しかも生で。
粒が大きく、プリプリでおいしい。
少し日本のと味が違うけれど、美味。
牡蠣に纏わる自分の家の話は少なくない。
お正月に父親が焼いてくれる牡蠣を思い出す。

さらには魚介のフライ。
そして、メインに、魚料理。

ムケッカ

ムケッカ(muqueca)というバイーア地方の郷土料理とのこと。
石鍋に盛られ、ジュージュー音を立ててテーブルに運ばれてくる。
白身の身がプリプリのお魚にトマトベースのソース。これがまたとんでもなくおいしい。
こんな贅沢な気分になったのは久しぶりだ。。。。
こうして住んでいる方でないと知らないお店に行けるなんて、素敵なことだ。

いろいろとお話しするが、話題のメインとなるのはやはり旅のこと。
自分達はどこがよかった?とか、どこの人が親切だったとかを話し、
Dさんたちからは、ブラジルや南米の観光地のこととかを聞く。
普段出会う旅行者とは違う目線、手段で旅行されているので、
とてもおもしろく興味深かった。
自分達が勧めた所にも興味を持って頂けたらと思う。
そして、話を聞いているとやはりブラジルには知らないだけで、
いろいろと行きたいところがいっぱいあるなと思う。

お昼を食べてからは、ちょっと遠出をしてもらって、
郊外の町エンブーに。
とても小さな小さな町なのだけれど、
小さなお店がいくつか並び、こじんまりとした小さなマーケット村の様子。
皮製品などが有名なようだけれど、特に欲しいものを見つけれなかった。
それでも、町の雰囲気がとてもよくて、大都会サンパウロから少し離れると、
こんなにも静かなところがあるんだなと感心してしまう。

エンブーの町

二宮金次郎を彫るおじさん

帰り際に、F1ドライバー アイルトン・セナが埋葬されている墓地へ。
南米で見かける巨大なお墓、小さな屋敷や教会を思わせる建物風のお墓を想像していたけれど、
訪れてみてとんでもなく驚いた。
緑色の芝が広がる土地にプレートが一枚置いてあるだけ。
周りには仕切り無くいろんな人のプレートが並んでいる。
土葬なのだろうか。
小雨が降り、どんよりした雲が覆う空の下、ビルの谷間に急にできたような緑色の空間は、
そこに立ち入った瞬間になんだかとても神聖な場所のように感じられた。
ブラジルの英雄はこんな素敵な土地に安らかに眠っているのだろう。

アイルトン・セナのお墓

こうして半日も掛けてサンパウロをいろいろと案内してもらった。
宿まで送り届けてもらって、ほんとうにお世話になってしまった。
心を込めて感謝したい。
また、宮崎か、はたまたサンパウロかで、是非ともお会いしたい。

旅行中にその地で暮らす日本人の方々にお会いできるチャンスはそんなに多くない。
それでも、その国のいろいろな話や習慣、文化の違いなどを聞けるせっかくのチャンス。
こういうお話があれば、また喜んで世界中にお住まいの日本人の方々にお会いしたい。

ゆーじ

FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 不思議な縁の出会いを大切に


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2011年03月

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。