FC2ブログ

DiaryTOP > 2010年12月21日

2010年12月21日

ウユニ塩湖 ツアーを探して

憧れのウユニ塩湖を訪れる日がついに間近にやってきた。
日本でテレビの特集や写真を見て以来、ずっと行ってみたかった場所。

世界で最も平らな面積約12,000km2(四国の約半分)の広大な大地。
数万年前、海が隆起してアンデス山脈を形成した時、大量の海水が土中に残された。
濃い塩分を含んだ雪解け水や地下水は、普通は海や湖に流れ出るが、
ウユニ塩湖は広大な平地だったために、水はそこに留まり、
乾季に干上がることを繰り返して塩湖が生まれたという。

雨季には一面に薄く溜まった雨水に空が映し出され、
冠水した大地全体が鏡のようになることから「天空の鏡」と呼ばれている。
昨年の12月は既に雨季に入っていたため、クリスマス前後には鏡張りの景色が見られたそうだが、
今年は雨季が遅れているため、鏡は見られなさそう。
それでも、一面の塩の大地に立ってみたいとツアー会社を回ってみる事に。

ウユニの街並み ツアー会社が並ぶ

ウユニの良し悪しはツアー会社次第という話も聞いていたので、
事前に各日本人宿の情報ノートで集めた情報を元にツアー会社を訪ね歩く。
それほど古い情報ではないはずなのに、情報ノートに載っていた中でも倒産して?見つからない会社もあった。
私達が探すのは、塩湖の中にあって家具などが塩のブロックでできた「塩のホテル」での1泊を含む、
3泊4日かけてボリビアからチリに抜けるツアー。

ウユニの街に65社あるツアー会社のうち、10社くらいで話を聞いたが、
希望していた塩のホテルに泊まれる会社がほとんどない。
ツアー会社の人によると、そこに泊まりたがるのは日本人だけだし高いからお勧めしないとの事。
英語のガイドブックを見てみると、「塩のホテルは違法だから泊まってはいけない」と書いてある。
でも日本のガイドブックでは普通に紹介されていて、実際はどうなのかよくわからない。
なかなか希望していた料金と内容の見合うツアーが見つからず、だいぶ疲れてきた頃、
威勢のいいファティマという名前のおばちゃんに声をかけられた。

付いて行ってみると、はきはきとした説明が始まり、
料金も希望に近く、塩のホテルにも泊まれると言うのでそこで頼むことにした。
聞いたことのない名前のツアー会社で少し不安だったけど、
後で宿で会った日本人の方から最近そのツアー会社で申し込む旅人が多いと聞いて一安心。
あとは、いいガイド兼運転手さんに当たるのを願うのみ。
明日からクリスマスに向けての4日間、どんな旅になるだろう。

ありさ

FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - ウユニ塩湖 ツアーを探して


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2010年12月21日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top