DiaryTOP > 2010年11月

2010年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

バックパッカー写真展 over the border 開催!

バックパッカー写真展 over the border

*開催終了
お越し頂いた方々ほんとうにありがとうございます。


昨年11月、東京・下北沢を歩いていると、偶然目にした写真展。
世界で出会った”笑顔”を集めた写真の数々。
素敵な写真がいっぱい展示されていたのを覚えている。

そして、今年のテーマは”HAPPY”。
旅をして7ヶ月を過ぎた今、自分達が感じたHAPPYな写真を選んでみた。
他の旅人のHAPPYな写真と合わせて、どれくらいのHAPPYが見られるのだろうか?

昨年の展示を見た時に、今年の展示に参加するとは夢には思わなかったけれど、
偶然この企画を知り、参加することにした。なんだか不思議な縁を感じる。

東京は下北沢で19日から開催です。
本日最終日!!
お近くの方は是非、足を運んで、HAPPYを感じてきてください。

この写真展を見て、あなたも国境を越えて旅に出たくなるかも!

*******************

バックパッカー写真展 over the border とは・・・
(以下、WEBページより)

世界中を駆け巡ったバックパッカー(旅人)達が撮影した世界中の写真を、一同に展示!アジア、アフリカ、ヨーロッパ、南米、オセアニア・・・旅人が魅せられた風景や笑顔を、ぎっしり集めました!プロの写真家ではない『旅人』達が撮る写真は、あくまで等身大で素直で、そしてどこまでも温かく、いつまでも眺めていたくなりそうです。


このイベントは、最初は旅人の飲み会をしていた仲間同士を数珠繋ぎしていけば、世界の写真展ができるじゃないかという事で、第1弾は2008年に開催しました。昨年第2弾は、「笑顔」という募集テーマのもと集まった、52人の出展者の作品を、東京・大阪の二大都市にて展示しました。来場者からの出資をもとに、笑顔を世界に届けよう!という企画「スマイル宅配便」も大成功のうちに幕を下ろしました。

そして、今年は第3弾!テーマは「HAPPY」


写真展のコンセプトは?
この写真展のコンセプトは、タイトル通り「(もっと気軽に)国境を越えよう」です!
私達バックパッカーは、海外で出会う人や建造物、文化にとても感銘を受け、またとても成長できたと感じる人が大多数です。リゾート地の短期旅行も楽しいですが、苦労の中でこそ見えるひとり旅の長期旅行の良さというのは、また格別なものです。私達は、日ごろ時間を持て余している学生さんや、プチリタイヤされた社会人の方などに、特に海外に出て欲しいと願います。何故なら、ゲームやパチンコやカラオケでは味わえない、素晴らしいエキサイティングな世界が待っているからです。時間に余裕がある今がチャンスです!安っぽい言い回しですが、本当に人生がガラリと変わります!

旅好きなあなたも、そうじゃない方も、この写真展に足を一歩踏み入れた途端、今すぐ国境を越えてしまいたくなること間違いなしです!


開催日時
//////////////////////
【大阪会場】
//////////////////////

*大阪は終了!!

[会場]ギャラリー風雅(ふうが)
[開催日時]
■10/31(日)11:00~19:00
■11/1(月)12:00~19:00
■11/2(火)12:00~19:00
■11/3(祝)11:00~19:00
■11/4(木)12:00~19:00
■11/5(金)12:00~19:00
■11/6(土)11:00~17:00(最終日)

 
>>>>@ギャラリー風雅の詳細はコチラをクリック(谷町6丁目)
*最寄駅*
(大阪市営地下鉄)
●長堀鶴見緑地線「谷町六丁目駅」7号出口徒歩2分
●谷町線「谷町六丁目駅」3号出口 徒歩4分

//////////////////////
【東京会場】
//////////////////////

2010年11月19日~11月23日
■11/19(金)12:00~ASK
■11/20(土)11:00~20:00
■11/21(日)11:00~20:00
■11/22(月)11:00~ASK
■11/23(祝)11:00~18:00(最終日)

>>>>>@ギャラリーおばあちゃん家の詳細についてはコチラをクリック(下北沢)


FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - バックパッカー写真展 over the border 開催!


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

お祭りには付き物の花火

<ゆーじ日記、ありさ一時帰国中>

果たして何のお祭なのか?
1820年11月3日にクエンカはスペインから独立を果たしたそうだ。
独立時の創世期のエクアドル周辺を形成した3つの都市のひとつらしい。
他の二つの都市がグアヤキルとキト。
グアヤキルは10月6日に独立している。
それぞれの都市が戦争に勝ち抜いていって各々独立していうよう。
ともかく今日から3日にかけて、ここクエンカはお祭りみたい。

世界遺産クエンカは、いったってきれいなコロニアルな街並み。
汚い部分が全然見えないくらい中心部は整備されている。

カテドラル 雨のクエンカ

メルカド(市場)でさえ、清潔だ。
こんなにきれいな世界遺産の街並みって中米以降であまり目にしていない気がする。
クエンカはかなりヨーロッパの街並みに近いのかもしれない。

メルカドの食堂街

はりきって朝から街を巡ったが、どこにもお祭りらしき雰囲気がない。
今日は何も無いのかなって思っていたが、
お昼過ぎくらいから、ゆるゆると準備が始まってきた。
初日の朝から誰も準備しないか…
しかし、フラワーマーケットだけは朝から賑わっている。

フラワーマーケット

中心地から離れた広い公園では、
絵や手工芸品、屋台などのお店がどんどん立ち並び、
なぜかマウンテンバイクやスケーターの実演、
オフロード車のショーまである。
音楽のステージもどでかいのがひとつ。
秩序があるようで、全く無さそうに各々が勝手にいろんな場所でいろんな事をしているようなお祭り。

人々が集まってくる公園 お祭りに賑わい

手工芸品の露店に惹かれて

お祭りといえばりんご飴

こういうお祭りはどこにでもありそうなので、
こんなものなのかな?と思いつつ、夜までその会場周辺をぶらぶら。
夜にはファイアーワークス(花火?)があるって聞いていたので、楽しみ。

街の中心の公園には陽が暮れる頃からどんどん人が集まってきて、
その中をいくつかの楽団がいろんな音楽を奏でている。
軍隊の楽団やら、民族舞踊を披露する楽団まで…
そんなに離れていない距離で演奏するものだから、
ステレオで左右違う音楽が聞こえてくる。
もうぐちゃぐちゃっていう感じがするけれど、
そこで踊ったり、見入ったりする人がいたりと、
何にも縛られないで自由にお祭りっていう雰囲気を楽しんでいる人達の姿を見ることができる。

公園の周りにこういうタワーみたいなのものがいくつか置いてある。

点火前の花火

これがもしや花火?
夕方から民族衣装着たおばちゃんファミリーがせっせと組み立てていた。
設置されてから多くの人が記念写真を撮っているので、
クエンカのお祭りではこれが有名のようだ。

最初のひとつが点火された時、近くにいなかったので遠くから眺めた。
最後のタワーが点火された時には、タワーの目の前にいた。
その花火の模様は凄まじい。

燃え盛る花火

タワーに仕掛けられた花火が最下層からどんどんと火を放ち、くるくる回っている。
回るので火花ががんがん飛んでくるわ、途中からロケット花火が飛んでくるわで、熱い!
いつの間にか一番前で見ることができたが、かなり熱い。
フリースの帽子を被って回避!
最上段の花火にはなんと打ち上げ花火が、真上に上がるものだから
凄まじい爆発音。そして火の粉。
これ、むちゃくちゃだけど、おもしろい。
煙を被ったり、火の粉を浴びると何か御利益でもあればいいのだけれど、
そんなことは無いか…

なんだかんだと朝10時くらいから夜11時まで、全ての花火が燃えるまでお祭りを楽しんだ。
まさか、明日もあさっても同じ事が続くのだろうか?
だいぶ満喫したので、移動しようかな。

ゆーじ

FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - お祭りには付き物の花火


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

砂漠の海をひた走る

<ありさ日記、ゆーじ一人旅中>

ペルー北部 砂丘

目が覚めると、バスは見渡す限りの砂漠の海をひたすら走っていた。
砂漠と言ってもCMに出てくるようなサラサラ砂の黄金色の砂漠ではなく、ほとんどが荒涼とした礫漠だ。
それでも時々、サラサラの砂山に出くわすと、ああ、砂に触れてみたい、足をうずめて歩いてみたいと思う。
砂漠には、何か人を弾きつける特別なものが秘められている。

ペルー北部 海に迫る砂漠

リマまであと3~4時間くらいだろうか、という頃、突然海岸線が見えた。
砂丘が海に落ちている、というより、砂丘に海が迫っている。
砂漠といえば内陸にあるイメージだったので、目の前の風景がうまく飲み込めない。
波打ち際には時々船が出ていて、こんなに人気のない大地のどこに人が住んでいるのか、
どこから人がやってくるのか、驚かずにはいられない。

バスは海岸線沿いをひた走り、少し内陸に入った頃から車窓の風景は「街」らしくなってきた。
ネパールによくあるような、レンガ造りの家が多い。
コロンビアやエクアドルの田舎よりも、生活状況は貧しそうにみえる。
中心部に向かうにつれ、建物はコンクリートに変わり、
風景がホテルや銀行のビル群に変わった頃にバス停に到着した。

タクシーで宿に向かい、荷物を置いた後、同じ宿の旅人とバスで近くのショッピングモールへ行ってみる。
一人旅だと、同じ一人旅の旅人と仲良くなりやすいな。

巨大なショッピングモールには、百貨店と有名ブランド店が並ぶ。
驚くことに、どの店もお客さんが入っていて、地元の人達がたくさんの洋服を持ってレジに並んでいるのだ。
モールの多くの店ではドルでも支払い可能で、ドルで払うとお釣りをソルで返してくれる。
きらびやかな洋服に、ブランドの化粧品や香水。
郊外で見た質素な家々とのギャップに戸惑う。
こういった場所で買い物をする層は、国民の何パーセントくらいなんだろう。
違和感を感じながら宿へ戻った。

ありさ

FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 砂漠の海をひた走る


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

山に魅了される小さな村 ビルカバンバ

<ゆーじ日記、ありさ一時帰国中>

クエンカの街を後にして、南へ。
ロハという町へバスで5時間の旅。

途中の村々から、何人かお客さんが乗り降りした。
ある村から隣に座った男性は、黒いマントを被って、黒い膝下丈のズボンに黒いハット。
かっこいい。
女性もハットを被り、民族衣装を身にまとっている。
ハットの役割って何なのだろうか?まさかお洒落ではないよね?
雨の時は、ビニールを帽子に被せて濡れないように大事にしている。
邪魔にならないのかと、ふと疑問に思う。

そんな村々を通り越して、ロハに到着。
なんだか何も無さそうだったので、さらに南のビルカバンバという村に向かってみた。
緑溢れる山々を通り越して、山間の中の小さな村に日が暮れる前に到着。

とてつもなく小さな村。
5ブロックくらいで終わりそうな村の中心。
村の真ん中に公園があり、そこに多くの若者達が車で乗り付けて、
ビールを飲み、ステレオをガンガンにかけてたむろしている。
まさかここでもお祭りか?
と不安に思いつつ、お目当ての宿へ行くと満室。
もう1軒行くとそこでも満室。
そこで教えてもらった次の宿はなんとか空いていた。なんだろうか…
今日までみんな休日なのかな…??

ほんと小さな村なのに、ここまで人がいて騒がしいとは全く思わなかった。
宿の人曰く、明日には静かになるとか。なぜ?

夕食を食べようと村をぶらぶらするが、
中心の公園の周りのみにしかお店が無いという村の小ささ。
ツーリストが何人かいたお店に入ってみると、
イギリス人がお店をやっていた。
なぜか、クリームソースのペンネを注文してみた。
たぶん食べたかったんだろうと思う。

これが、もう信じられないくらいまずい。
(普段はこういう日記書かないが、たまには。。。)
ほとんど出されたご飯は全部食べてきたはずなのだけれど、
(キューバのまずいと有名なパスタも全然普通に完食したのに…)
どうしても食べれなくて残してしまった。
なんと表現すればいいのが、香草(ローズマリーかな?)とにんにくと塩が多すぎるのが原因…
塩が多いのはしょうがないとして、
クリームソースに過剰のにんにくはきつい。
ローズマリーも過剰。なぜこの香草なんだ?
仕舞いには、このパスタうまいか!?ってオーナーに尋ねられるし。
答えられないので、SO SOで誤魔化す。

世界一まずいパスタ候補 ビルカバンバ

なぜこんな所まで来て、クリームソースを頼んだのか…
パスタはイタリア人がやってるお店に限る。

このお店でニュージーランド人のおじちゃんと話す。
ちょっと酔っているよう…7歳の娘さんにケーキを食べさせに来ていた。
カウボーイハットを被り、皮ジャンを着たおじさん。
この村に家族で移り住んで3年だそうだ。
なんでこの村なのか?と聞いてみた。
答はシンプル。
”美しい山と最高の気候”
馬を飼っているらしく、馬に乗るのにとても最高の山だと言う。

確かにこの村の観光のポイントは、馬に乗って山を巡ることだけだろう。

馬の村 ビルカバンバ

山に魅了されて移り住む。
なんだか素敵な話だ。

ゆーじ

FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 山に魅了される小さな村 ビルカバンバ


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

リマの台所へ

<ありさ日記、ゆーじ一人旅中>

宿の方に庶民の人々が利用するような市場を紹介してもらい、歩いて行ってみる。
ぎっしり小さな店がひしめく市場は、中南米のどこでも見かけるような威勢のよい掛け声と会話に溢れていて、
ほっと一安心。
そこには、しょう油や海苔までもが普通に並ぶショッピングモールの大型スーパーでは見ることのできない
ペルーの人々の生活があった。

鶏肉のお店

鶏肉は血抜きされ、不要な部分をきれいに除いて売られていた。
ハリのある内臓を見ると、新鮮さがよくわかる。

ナッツのお店

ここでは、何でもが量り売り。
防腐剤を入れた大きな袋で不要な量を買わなくても、今食べるだけ、必要な量を少しずつ買い足せばいい。

この店は他の店より愛想がいいし、ちょっとサービスもしてくれるから得した気分。
ここのお兄ちゃんはサッカーの生中継に夢中でお客そっちのけだな。
市場の人達とのやりとりを楽しみながら、しばらくうろうろ。

お土産用のアマゾンのハーブのような自然の薬も無事入手できて、大満足。
ペルーには現地の人達が永く使ってきた秘薬が多い。
最近、それらに注目したアメリカや日本の化粧品会社がこぞってペルーに調査にきて商品開発をしているという。
マカ、コカ、コパイバ、ウニャデガート、エスカルゴクリームなどなど。
アマゾンにはこういった自然の健康食品が溢れているから、
どんなに奥地に行ってもアフリカの栄養失調の子どものように
お腹がぽっこり突き出している子はいないそうだ。

小腹が空いてきたので、食堂街をぶらぶらする。
気になったのが、シーフードの屋台。
生魚の貝が並んでいて、あたったら怖いと思いながらも誘惑に勝てずにカウンターに座ってしまった。

トウモロコシのおつまみ

まず、大粒のトウモロコシの粒を炒ったものがつまみとしてでてくる。
ポップコーンの味だけど、ちゃんと歯ごたえがあって香ばしい。
一皿食べ終わると追加でどんどん盛ってくれる。

名も知らない貝

トウモロコシを食べている間、屋台のおっちゃんは貝を開き、秘伝のたれにつけている。
それとタマネギとパクチーのみじん切りをガラスコップに入れて、塩、にんにくのすりおろし、レモン汁、
コショウ、辛いソース、砂糖を追加してスプーンで混ぜる。
別にたれにつけてあった魚の切り身と一緒にそれを皿に盛って完成。
貝を口に含むと、たっぷり入ったレモン汁のおかげで耳の後ろがすっぱぁくなる。
メキシコでタコスを初めて食べた時のような衝撃が、がつんと走った。
タマネギとパクチーとレモンの組み合わせがタコスの味と似ているのだろう。
ソースは甘酸っぱくて目が覚めるほどおいしく、貝のこりこりとした歯ごたえがたまらない。

ペルーのシーフード

次にお魚を食べてみると、こちらはお刺身。
ぷりぷりしていて、しっかり歯ごたえもあって、ほたてと鯛の中間のような食感。

最後に魚のダシでとったスープをいただいて、屋台を後にすると、身体がぽかぽか。
宿に向かって歩いていると、にんにくのすりおろしが効いたのか、ホットソースが効いたのか、
首の後ろのあたりがあったかくジンジンしだした。
おいしいと感じた食べ物では、食あたりにはならない、はず!

ありさ

FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - リマの台所へ


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2010年11月

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。