FC2ブログ

DiaryTOP > 2010年09月16日

2010年09月16日

秘境を求めて

グアテマラで行きたかった場所のひとつ。
秘境と呼ばれる場所、セムク・チャンペイへ。

アンティグアからシャトル・バスのチケットを購入した。
地図を見ると、ローカルバスで行くと4回くらいは乗り換えないといけない。
これはめんどくさそうなので、一気にシャトルで向かう事に。

シャトルは少々値が張るが、直通で安全性もローカルバスより高いので、おすすめ。
自分の勝手な予想では、4時間くらいで到着することになっていた。
この4時間という数字。どこでどう聞いたのか全く覚えていないけど、4時間。

朝、8時に宿を出て、シャトル・バンはほぼ満員の人を乗せ出発。
まずはグアテマラ・シティに向かい、さらに2人加わり、やっとこさ目的地へ。
グアテマラ・シティを抜けるまでに出発からすでに2時間。
かなり街中が渋滞していたせいもあるが、なんとなく嫌な予感。
これは5時間くらいかかるかなと思いつつ、いつの間にか車内で爆睡。
途中休憩で起きてみると、3時間半経過している。
もうすぐ着くのに休憩かと思ったけれど、まあお昼時なので軽くご飯を食べる。

セムクチャンペイには起点となる町、コバンを通過しないといけない。
そのコバンを通過したのが、休憩から1時間半後。出発から6時間。
そこまでかなり爆睡していたので、あまり長く感じなかったけれど、
途中の道路が工事などしていて、すいすい進まなかったよう。
ようやくここからどれくらいかかるのって聞いてみると、なんと2時間!
しかも、セムクチャンペイの一つ前の町、ランキンまで。
今日のお昼には到着して、午後にでも観光と考えていたけれど、甘かった。

コバンを過ぎて、ランキンに向かう道は途中から車1台通れるだけの、未舗装道路。
しかも山道で、がたがた。しまいには大雨に。
どれだけ山の中を通るんだ!っていうくらいの悪路。
これ普通にローカルバスを乗り継いだら、えらく大変そうだ。まず1日では来れない。
ようやくランキンという町に4時に到着。
多くの旅行者はこの町に滞在し、隣町のセムクチャンペイに向かう。
私達は、アンティグアで出会った旅人、たける君(HP:さくにゃろう)からセムクで泊まった方が、
歩いて行けるし、洞窟ツアーの内容がいいって情報を得ていたので、
彼も泊まったセムクチャンペイの宿へ。

セムク・チャンペイへ向かう道

ランキンから宿の車に乗ってセムクチャンペイの村へ向かう。
この道はさらに山へ山へ向かう道。
さほど遠くない距離だけれど、1時間弱かかる。
なんだかんだと目的の宿に到着したのは夕方6時。もう辺りはだいぶ暗くなってきた。
結局出発からトータル10時間もかかった!!!!!
ほんとどこでどう聞いて4時間と思っていたのか…4時に到着するというのを4時間と聞き間違えたかな…

さて、宿ですが、ここはかなりの山奥。周りはジャングル。
電気は自家発電!夕方6時から9時過ぎまでしか点かない。
それまでに寝ないと何も見えなくなる。
もちろんシャワーは、水シャワー。
でも、ここはかなりの熱帯で、今までの涼しいグアテマラの気候が嘘のような暑さ。
なので、水シャワーでもへっちゃら。
ご飯は宿のレストランで食べるしかない。周りも真っ暗なので、出歩く勇気はない。
出歩いても何も無いだろうけど…。

特に問題がある宿ではないけれど、さすがにすっごい山の中だけあって、
いろんなモノが部屋に侵入してくる。
なんとイグアナ?かと思いきやエリマキトカゲのような感じで口開けて威嚇してくるトカゲさん。

セムク・チャンペイの宿

飛び跳ねるので結構怖い。
さらには、タランチュラが昼間には出たとかで同じ部屋の外人さんもびびっている。

いったいどこまで来てしまったのか?って思うくらいの場所。
こんなところまで来なければ見れない秘境とは?
明日が楽しみ。その前に寝てる時に何も出てこないで欲しい。

ゆーじ
FC2ノウハウにも掲載されています
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 秘境を求めて


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2010年09月16日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top