DiaryTOP > 2010年07月

2010年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

英雄 エルネスト・チェ・ゲバラ

ハバナの宿を出るとき、宿の夫婦はいなくて、知らない人が家のお守りをしていた。
夫婦は、宿代が入ったから昨日の夜から外に遊びに行ったみたい。
そのストレートさがすごい。

ハバナからViazul(ビアスール)という長距離バスでサンタ・クララへ向かう。
このバスは外国人用ということで、値段が高いが、きちんと時間通りに走るし、夜行などでもローカルのバスより安全そうなので、キューバの移動はすべてこれを使った。
外国人用と言っているけれど、お金を持ってそうなキューバ人も乗っている。
どれだけ貧富の差があるのだろうか。
とにかくメキシコと同じように快適なバスで、もちろんのように冷房がガンガンで寒い。

ビアスール社のバス

昼過ぎにはサンタ・クララに到着。
この街にはゲバラの霊廟があることで有名。
半日もあれば見て周れるので、夜行で第二の都市サンティアゴ・デ・キューバに向かうことにする。
サンタ・クララに着いて夜行のバスを買おうとするも満席とのこと。
ほんまかいな?と思いつつ、夜の7時半に来てみてと言われたので、
まあしょうがないのでそうすることに。

サンタ・クララの街まで馬車で行く。
キューバと言えばクラッシックカーというくらい、
50,60年代の車がいっぱい走っているけれど、庶民の足はまだ馬車。
この街でも多くの馬車タクシーを目にする。

サンタ・クララ

それにしても小さい街。
街としては特に見るべきところもなく、
外はまたも暑いのでクーラーのあるお店でコーヒーを飲んでのんびり。
そして、霊廟まで歩いて行く。

チェ・ゲバラ像

霊廟にはエルネスト・チェ・ゲバラの遺骨が収められている。
その他にも革命を行った数十名の名も刻まれている。

チェ・ゲバラはアルゼンチン人であり、カストロに賛同し、キューバの革命に加わった。
革命後はキューバの閣僚として、理想を現実社会に実現しようとした人物である。
それだけで留まらず、37歳にして、他の国々の紛争にもゲリラとして参加し、39歳でボリビアで捕まり処刑された。
死後30年して遺体がキューバに戻り、司令官として活躍したここサンタ・クララに埋葬された。

ゲバラという人を調べれば調べほど興味深い。
現代にして革命家、ゲリラとしてここまで世界中に人気がある人はいるのだろうか。
キューバではその人気は絶大なようで、いつまでも革命の永遠のアイコンのよう。
サンタ・クララの街に限らず、ゲバラの肖像はキューバ中で目にすることができる。

アイコン チェ・ゲバラ

それだけ画になる顔立ちであり、その生き方がかっこよすぎるからかもしれない。
霊廟にそびえるゲバラの銅像もやはりかっこよかった。

霊廟を見終わる頃には暑さでもうバテバテで夕方にはバス停へ。
またもクーラーの効いたカフェでのんびりと過ごし、
夜行のサンティアゴ・デ・キューバ行きが到着するのを待つ。
普通に席は空いているようで、すんなり乗せてくれた。
ここから11時間のバス旅。
寒くないといいけど。

チェ・ゲバラ - Wikipedia

ゆーじ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 英雄 エルネスト・チェ・ゲバラ


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

スロータイム バラコア

朝7時にサンティアゴ・デ・キューバに到着。
そのまま、30分後のバラコア行きに乗り換える。
バラコアまで5時間。かなり長い間バスに乗っているけれど、
ここまでくれば5時間位はなんとも感じなくなってくる。

バラコアはViazulのバスで行けるキューバの東の限界。
小さな海辺の街。
ガイドにもほとんど載っていないし、あまり情報が無いけれど、いいところだというのを小耳に挟んだので行ってみる事に。

バラコアまでの道中、グアンタナモの町を通過する。
アメリカの基地、捕虜収容所があるところ。
なんでこんなキューバの隅っこにあるんだろう?
アメリカとキューバの泥臭い関係がここにはある。
しかし、町をバスから眺める限り、アメリカっぽい匂いは伝わってこなかった。

バスの中は違う。道中ずっとアメリカンロック・ポップスの懐メロが流れている。
後ろのアメリカ人らしき人はほとんどの歌を歌えていた。
スティービーワンダー、フィルコリンズ、しまいにはガンズアンドローゼスまで、
キューバに来るまではアメリカや外国の文化は規制されているのかもって思い込んでいたけれど、
普通に巷に溢れているようだった。
ただ、CDやDVDなどモノというモノが圧倒的に少ない。
電化製品から車、その他日用品に至るまで全てが少なく、そして古いものばかり。
でも、テレビでは普通に野球やバレーは見れるし、
もちろんワールドカップも普通に放送していた。
社会主義国。変な思い込みがいっぱいだったことに気が付く。


バラコアの町に入り、海岸線をバスが進む。
バス停には多くの宿の客引きが溢れている。
1日10CUCが相場のよう。
たまたま目の前にいたおばちゃんと交渉。
田舎の方では民宿にご飯を付ける事ができる。
宿でご飯を食べないと外食する場所も無いし、料金も高いから宿のご飯の良し悪しはかなりその滞在の居心地を左右する。
夜ご飯を1人5CUC、朝ご飯を2人で2CUCにしてもらう。
おばちゃんの家の2階を全て貸しきることができて、
さらにはそこにテラスが付いていて、とても豪華な感じ。

バラコアの宿 Casa ROSA

この家の2階全て貸切!バラコアでは、絶対この宿がお薦め!

おばちゃんはとても人が良さそうで、英語を話せる息子がいないと観光客に逆にだまされそうな感じがしてしまうくらいの人柄。

バラコアの海辺

移動で疲れたので、夕方涼しくなるまでシエスタ。
夕方から町に行ってみる。
といってもとっても小さな町なので特に見るものがないので、海のほうへ行くと、
若者達がすっごい集まっている。
何事かと思うくらいの人だかり。
みんな崖の上から海に飛び込んだり、海を眺めたり、みんなと話をしたりとそれぞれが思い思いの時間を過ごしている。
夕方になるとこの町の子ども達はみんなここに集まるんだろう。
この光景を見ていると、なんだかいい時間だなーって思える。

バラコアの海辺

キューバには、白人、黒人、ムラート(混血)という人種がいる。
その中でどんな肌の色の人も普通に友達で、普通に付き合っているように見えるのがとてもすごいことのように思えた。
国として人種差別が無いほうだと言われているらしく、
(一概には言えないかもしれないが、)
これが社会主義的な理想の平等社会なのか!と、この光景を見て納得してしまった。
実際のところはどうなんだろうか?キューバ社会の現状を知りたいところだ。

しかし、やたらと酔っ払いに絡まれる。なぜだ?
みんな日本人だとわかると、野球の話や、負けたばかりのW杯の話まで。
ここまで来る日本人は少ないのかな…

宿に帰り、晩御飯の時間。
何が食べたいかリクエストされたので、ほとんど旅の道中に食べていない魚をリクエスト。
白身魚のソテーとご飯、サラダにスープまで付いてきた。
なんとも豪華!そしてテラスで食べるご飯がとても気持ちいい。

夜特に何もすることがなく、クーラーの効いている部屋でゆっくりと過ごす。
この旅でこんなにゆっくりしたことはなかったな…
とてもとてもゆっくりと時間が過ぎる。

バラコアの海辺

ゆーじ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - スロータイム バラコア


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

海と音楽と仲間と

バラコア

朝起きると、朝ごはんが1階から運ばれてくる。
こんな贅沢な朝は旅始まって以来初めて。
絞りたてのパイナップルジュース、エスプレッソ、ホットチョコレート、マンゴー、バナナ、パイナップル、卵…。
バラコアは暑いので、水分がごくごく身体に染みる。
外で食べる朝食はどうしてこんなにおいしいんだろう。
モロッコ、ネパール、タイ。
今までいろんなところで朝食を食べたけど、外で食べた時の風景だけがはっきりと印象に残っている。

バラコア

おいしいものでお腹いっぱいになって、幸せな気分で外出。
街の一番端っこにあるバスターミナルへ明日のバスのチケットを買いに行く。
バラコアの街は小さくて、30分あれば隅まで歩けてしまう。
のんび~り時間が流れていて、人も人懐っこい感じ。

バラコア

写真のおじさんも、歩いていると声をかけてきて、「見て~」と持っている何かを説明しだしたけど、結局何なのかよくわからない。
売る気もなさそうで、なんだかこのゆるい感じがたまらない。

バラコア

家の上にはサボテンがちょこんと置かれていることが多い。
棘があるから、多分魔除けの意味があるのだろう。
水遣りもしないし肥料もやらないのに、ちゃんと緑で、小さい姿で家を守っていてかわいらしい。

バスチケットを購入した後は、海沿いをぶらぶら散策して一旦宿に戻り休憩。
夕方、海の方へ向かうと、途中、いくつかの家から音楽が聞こえる。
中をひょいと覗いてみると、家の中がダンスパーティになっていた。
お母さんとお父さんが楽しそうにサルサを踊っていたり、女の子達が流行の音楽に腰をくねらせていたり。
仕事が終わって家に帰るとダンスを踊るなんて、日本じゃ考えられない。

バラコア

昼間はぜんぜん人気がなかった海は、日が落ちた後、溢れかえる青年達でお祭り騒ぎになっていた。
学校が終わると皆で海に集まるのが恒例のようだ。
近くのバーの巨大スピーカーから流れる音楽でリズムを取りながら、お酒を飲んだり、踊ったり、泳いだり、ビーチバレーをしたり。

バラコア

バラコア

バラコア

バラコア

岩場の上から飛び込むのが流行っているらしく、宙返りをしたり、ラム酒の瓶を持ったまま飛び込んだりして、見ていて飽きない。
毎日海と共にある生活。
小さい何もない街だけど、海と音楽と仲間と。
そこにはすべてがある。

バラコア

宿に戻ると、小エビとガーリックのレモン炒めがメインの夕食。
ローサさん、おいしすぎます!

星が出ると、隣の家のおじさんがおもむろにギターを奏ではじめた。
いっぱい遊んで、いっぱい食べて、いっぱい寝る。
何もないバラコアで住んでいるようにくつろげたのは、この宿のおかげだと思う。

ありさ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 海と音楽と仲間と


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

キューバ音楽に涙 サンティアゴ・デ・キューバ

昨日と同じようにテラスで朝ごはん。
優雅な気分に浸れる。
このゆったり感をいつまでも味わっておきたかった。

昼までのんびりと過ごし、12時くらいにはバス停へ。
新しいお客さんを捕まえるために宿の親子も準備をしないといけない。
サンティアゴ・デ・キューバ行きはお昼の2時くらいなので、
バス停でのんびり待とうとしたけれど、待合室が異常に暑くへばっしまう。
もちろん外もちょうどお昼ですごい暑さ。
12時過ぎにバラデロに着いたバスには、あまり観光客もいなかったので、
ローサさんファミリーは新しくお客をゲットできただろうか?

少し外をぶらいつた時の1枚。一見怖そうなおじさんたちがドミノを興じていた。

ドミノを興じるおじさんたち バラコア


バスで5時間、サンティアゴ・デ・キューバへ到着。
サンティアゴ・デ・キューバの宿はローサさんの知り合いを紹介してもらったので、安心して向かうことができた。
バス停を出るとちゃんと自分達の名前を書いて待っている宿のおじさんが居てくれた。
その宿へ向かうのになんとクラッシックカーのタクシーで行く。

クラッシックカー タクシー

しかし、このタクシーの料金がけっこう高い。
宿のおじさんが捕まえたタクシーだから値段交渉もできていないので、しょうがないが…
そして、宿に着いてみて、宿の料金がローサさんから聞いていた話と違う。
よくよく聞くと紹介してくれた宿はいっぱいなので、
その友人が紹介され、違う人が来たとか…
キューバではよくあることみたいだが、なんとなく残念。
キューバの民宿はほんとに当たり外れが大きい。
もう運にまかせるしかないなと思う。
それか事前にいい宿を調べておいて、予約が必須。


今晩ちょうどフェスティバルをやっているというので、
夜の街へ繰り出してみる。
危ないかなと思っていたけれど、多くの人で街の中心は溢れ、全然殺伐感が無い。

サンティアゴ・デ・キューバ 夜の町

フェスティバルは、カリビアン・フェスティバルということで、カリブ周辺の国が集まりいろいろと催し物をしているよう。
町の中心の公園の一角にあるステージでは、メキシコのどこかで見たようなダンスが見られた。

この街は、ブエナビスタ・ソシアル・クラブのメンバーであったイブライム・フェレールの生まれ故郷。
だから音楽も盛んなのかなと勝手に思い込み、街を歩いていると、
そからかしこでライブをやっている。

サンティアゴ・デ・キューバ ライブ!

よさそうな音が聞こえてくる場所に行き、
さあライブを聞こうと思うと、ちょうど休憩に入り、
小一時間お酒を飲んで時間をつぶす。
ここで初めてモヒートを飲む。
ラム&ソーダにミントが効いたもの。
暑いキューバの夜には爽快感があってぴったり。

そして、ライブが始まると、彼らのパフォーマンスのレベルに驚く。うますぎる。
黒人のボーカルの高くリズミカルな声。
白人のおじさんの低いどっしりとした声。
そしてトランペットの音色、パーカッションのリズム、いくつものコーラス、ギターと全てが調和して最高のリズムを奏でていた。
お客さんも自然に踊りだす。
見ているほうも惚れ惚れするくらいの踊り。
当たり前のように踊ることができるのにびっくり。
これがサルサか~素敵。

そして、一番感動したのが、
”ベサメ ムーチョ”という曲。世界中で知られている曲らしく、そのバラードバージョン。
黒人のボーカルのうまさが際立って、聞いていて鳥肌が立ち、仕舞いには涙まで出てきてしまった。
それくらい素敵なライブ。
これでアマチュアか…ニューヨークでもジャズのライブにぶっ飛んだが、ここでもやられてしまった。
はるばるサンティアゴ・デ・キューバまで来た甲斐があった。

サンティアゴ・デ・キューバ 夜の町

ゆーじ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - キューバ音楽に涙 サンティアゴ・デ・キューバ


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

ゆーやんキューバで断髪

キューバの床屋さん

サンティアゴ・デ・キューバでの目的は、音楽を聴くこと。
昨夜その目的を果たしたので、今日一日、特にすることがない。
で、ゆーやんが、「暇やし、散髪しようかな」とつぶやいたのを聞き逃すまいと床屋さんへ。
こういう時は、迷う暇を与えてはいけませぬ。

キューバの床屋さん

まな板の魚状態で座るゆーやん。
理想の髪型を必死で伝えている様子。
バッチリ伝わったって感じで、姉さんは自信満々でバリカンを手にし、ゴイーンと襟足から刈りだす。
バサバサと髪の束が落ち、「えええ!坊主ですかっ」と突っ込もうとした瞬間、停電でバリカンが動かなくなった。
仕方なく、バリカンをハサミに持ち替えた姉さん。
これまたバサバサと髪を切断。
キューバ人は一瞬たりとも迷わない。

目を泳がせているゆーやんに、私は抱腹絶倒だったけど、ラストスパートで姉さんが前髪を真横にチョキンとやった時、これはいかん、まずいことになると思った。
「これで終わったら、しばらく日本人には会えない」と肝を冷やしたその時、姉さんのハサミが縦に入り、真横に直線だった前髪が整えられた。
はぁ、(残念じゃけど)よかった。

キューバの床屋さん

襟足を剃られ、油や粉やと塗りたくられ、過程はちょっと違うけど、結局最後は日本で切るのと変わらないスタイルで終了。
担当の姉さんが運良く腕のよい人だったようだ。
姉さん自身もいい人だったので、気分よく支払おうとすると、ちゃっかり5CUCも請求された。

ダイキリ

散髪後は、すっきり頭のゆーやんと、街をぶらぶら。
あまりにも外が暑いので、バーに入ってヘミングウェイが好んだというダイキリを頼んでみる。
ダイキリは、ラム酒にライム、砂糖、カキ氷を入れたもので、暑いところならではのおいしさ。
写真のは、バーテンダーが気前がよすぎて並々と注いだため、グラスからお酒が溢れている様子。

スパゲティ

お昼ごはんは食堂で、噂に聞くキューバ・スパゲティを頼んでみる。
相当お腹が空いていたせいか、まあまあ。
「スパゲティ」だと思うと茹ですぎだし油っぽいけど、「おかず」と思えばまあ大丈夫。

また街をぷらぷらし、公園のベンチに座っては酔っ払いに絡まれ、散策して再びベンチに座っては酔っ払いに絡まれを繰り返す。
どの街でも、公園のベンチで酔っ払いに絡まれる率は100%。
キューバの酔っ払いは、私達がスペイン語がチンプンカンプンなんておかまいなしに、陽気にしゃべるしゃべる。
それにしても、ゆーやんはお酒が好きなせいか酔っ払いに寛大だ。

ラスタマン

この街ではなぜかジャマイカっぽいラスタマンを結構見かける。
そして、ラスタマンはなぜかアジア人である私達を見ると友達のように合図したり、声をかけてくれる。
カフェに入ると一緒のテーブルに座るように誘われ、旧友のように話しかけてくる。
結局なぜあんなにフレンドリーなのかわからないままだったけど、
ヘアスタイルといい、服装の色合いといい、ポリシーがある人はかっこいい。

ダンサーズ

そろそろバス停に向かおうかと思っていると、衣装を身に着けた集団が目に入った。
ここ数日開催されているカリビアン・フェスティバルに近隣諸国からダンサーが集まっているようだ。
次々と各国のダンサーがバスで到着しては、街の中心へ向かっていく。

メヒコ・ダンサーズ

おっと見たことのある服装!ソンブレロ!
メヒコだ。
メヒコ・ダンサーズはどの国のダンサーよりもサービス精神旺盛で、観光客がカメラを向けるたびに整列してポーズをとっていた。
キューバでメキシコ人を見るとなぜかほっとしている自分に気づく。

アイス

バス停までは歩いて向かう。
途中、長い長い行列ができている公園があったので立ち寄ってみると、行列の先にアイスの屋台。
とりあえず、並びましょ♪
このアイス屋台、かなり人気みたいで、箱を持参して10スクープも20スクープも入れてもらっている人もいる。
1スクープだけ頼む人が殆どいない。
どれだけおいしいのだろう、とわくわくしながら順番を待ち、アイスを口に入れるとぶちうま!!
バニラアイスでここまでおいしいのは今まで食べたことないかも。
濃厚で、生乳が活きてます!という味がした。

キューバ人はおいしいものには貪欲みたいで、たくさんの同種の屋台があってもおいしい店だけ長蛇の列。
何時間待ってでも、おいしいものには並ぶようだ。
だから、キューバでおいしいものが食べたかったら一度行列に並んでみるといいかもしれない。

そういえば、バラコアの宿の息子さんが言っていた。
「キューバ人は海外旅行に行くほどのお金は稼げないから外国には行けない。
 モノもないから買い物もしない。
 だから、お金が入れば入るだけご飯を豪華にする。食べ物にしかお金を使うところがないから。」

ありさ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - ゆーやんキューバで断髪


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2010年07月

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。