FC2ブログ

DiaryTOP > 2010年06月17日

2010年06月17日

スミデロ渓谷でワニを見る

昨日、ツアー会社で「スミデロ渓谷」行きのツアーを申し込み、意気揚々と目覚める。
朝9時に宿に迎えに来てもらえることになっていたので、10分前には準備をすませていた。
が、待てど暮らせど迎えが来ない。
ま、ここ、メキシコだし。30分くらいは来ないよ、と気長に待つも、30分経過…。
35分経過…。
40分経過…。
さすがに置いていかれたかも!
「今日は予定変更して、W杯観戦にしよっか」と話していたちょうどその時、宿の扉を叩く音がした。
よかったよかった。

渓谷でボートに乗るだけのこのツアー、参加するのは私達ぐらいかと思ってツアー会社のバスに乗り込むと、私達が乗ってちょうど満席になった。
バスの中はフランス語で溢れていて、フランス人の団体が参加しているみたい。
車で1時間、どんどこ標高は下がり、空気もカラッと乾いて暑くなってきたところで到着。
ゆーやんの時計を見ると、標高は約300メートル。
天気もよくて気持ちいい。

スミデロ渓谷

スミデロ渓谷

車を降りると早速ライフジャケットを着てボートに乗り込む。
これが小型のくせにものすごいスピードで、サングラスをしないと目が開けられない。
絶景ポイントに到着すると、エンジンを止めてスペイン語でガイドをしてくれる。
チンプンカンプンだけど景色がいいからいいのだ。

スミデロ渓谷

再びしぶきを上げながら進んだボートは何かを発見したらしく、急に回転。
ボートの先にはワニが日向ぼっこしていた。
今回のボートトリップでワニを2匹見たけど、2匹とも口をあんぐり開けたままぼーーーーとしていた。
口、渇きませんかねぇ。
地上に出ているのは2匹しか見かけなかったけど、濁った深緑色の川の中には、うじゃうじゃワニがいるのかなあ?わくわく。

スミデロ渓谷

切り立った岩を進む風景は、なんとなく中国っぽい(行った事ないけど)。
ワールドサークル以来、ずっと都市を巡っていたので、大自然の中に佇むのは久しぶり。
「空気も埃っぽくないし、緑が目にやさしい~」と、最初は感動していたのだけど、同じ風景が1時間続くとさすがに最後の方はちょっぴり飽きてしまった。

スミデロ渓谷

途中、洞窟の壁にマリア様が祭られている場所があった。
その下はちょうど澱んだ水が溜まるようになっていて、流れてきたゴミがプカプカ浮いていた。
人間が足を踏み入れるところには必ずゴミ。ちょっと残念な光景だ。

スミデロ渓谷

渓谷最大の絶景ポイントは、クリスマスツリーのような形をした岩肌から流れ落ちる白糸の滝。
近くから上を見上げると、顔に水蒸気のように細かくなったしずくが落ちてきて気持ちがいい。

水門まで行くとボートは急スピードで折り返した。
前々日にここに来た同じ宿の旅人は、猿やピラミッド状に折り重なったワニも見たと言っていたけど、今回は猿はいなかった。

チアパ・デ・コルソ

スミデロ渓谷を後にし、車は少数民族の住むチアパ・デ・コルソ村へ。
ここで一時間のお昼休憩。
ゆーやんはW杯のメキシコ対フランス戦が気になるらしく、村の散策もそぞろにテレビを探しまくっている。
ゆーやんの今日の服装、なにげにメキシコユニフォームやし…。
教会前のハンバーガー屋台のテレビでW杯をやっていたので、そこで前半戦を観戦。
後半戦が気になる…と思いながら、再び車でサンクリへ。

サンクリ

車がサンクリに到着すると、街の人たちが満面の笑みでピースをして運転手さんに合図を送っている。
車を降りて聞いてみると、2対0でメキシコが買ったらしい。
2対0だからピースサインだったんだ!
相変わらず小雨が降るサンクリの街だけど、皆勝利に沸いていて、街中が明るく感じた。

ありさ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - スミデロ渓谷でワニを見る


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2010年06月17日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top