FC2ブログ

DiaryTOP > 2010年05月13日

2010年05月13日

チェルシー散策と大統領専用ヘリ

チェルシー

チェルシー

ニューヨークの最先端アートの発信地チェルシーへ。
前は工場と倉庫群が立ち並ぶ工業地帯だったチェルシー西部だが、1990年代に地価が高騰したソーホーからギャラリーが移転してきたことでアートの中心地となったそうだ。

まずは、高架鉄道(ハイライン)跡のパブリックアートを見にいく。
この高架鉄道はビルや倉庫を貫通して設置されているため、貨物列車から建物内へ荷物をそのまま搬出入できる効率的な造りになっている。
トラック輸送の発達にともない、一部解体されたり路線変更されたりした後、全線解体の話が持ち上がったが、住民の反対運動が功をなし、パブリック・アートとして保存されることになったという。
鉄道部分には緑豊かな植物が植えられ、鉄道に沿って歩道やベンチが設置されていて、19世紀に建てられたヨーロッパ調の赤レンガのダウンハウス(集合住宅)やマンハッタンのビル群を見ながらのんびり散歩することができる。
ここはまだ改装工事中で、まだすべては完成していないけど、完成すればチェルシーの中心となるだろう。
ホイットニー美術館の別館も建設中だったし、今度来たら今以上に賑わっているはずだ。

チェルシーマーケット

高架下周辺はおしゃれなカフェやギャラリーが並ぶ。
その辺りをぶらぶら散策していると、何でもない鉄の扉に人が吸い込まれるように入っていく。
何の表示もないので、「入っていいのかなあ?」と、恐る恐る足を踏み入れると小さな飲食店が並ぶマーケットになっていた。
この「チェルシー・マーケット」、とにかくめちゃくちゃおしゃれ。
もともとはナビスコの工場だったそうで、もとの建物のレンガやパイプを効果的に利用してアーケードが造られている。
いかにも素材がよさそうなシーフード、パン、お寿司、果物、野菜たちに胸をときめかせて悩んだ末、フォッカッチャとコーヒーをいただいた。
フォッカッチャの上にのっていたトマトは甘酸っぱく、バジルはほんのりよい香りで、挽きたてのコーヒーは味わい深く、すばらしかった。

チェルシーの壁

ケイトモス@チェルシー

マーケットを後にして、ギャラリーをぶらぶら散策。
おいしい食べ物に刺激的なアート。
若い人のエネルギーを感じる居心地のよい場所だ。

サークルライン

ニューヨーク最後日は川からマンハッタンを眺めようという事で、観光船「サークル・ライン」に乗って2時間の船旅。
船からはウォール街のビル群が見える。
立ち並ぶビル群のひとつひとつの窓の中にはたくさんの人が働いて動いているはずなのに、海から見るとどのビルも人気がなく、静止しているみたいに見える。
そこで世界の経済が動いているなんて信じられない感じだ。

自由の女神

何人もの移民の歴史を目撃してきた自由の女神。
間近で見てみるとかなり大きい。
これからどんな歴史を見るのだろう。

オバマ

ブルックリン橋の近くにはなぜか多数の警察の船が待機している。
数分後、上空を黒いヘリが猛スピードで降下してきた。
船内アナウンスによると、オバマ大統領がウォール街に用事があり、大統領専用ヘリで到着したそうだ。
カモフラージュ用のヘリも併走していたので、どっちに大統領がいたのかは分からなかった。
激務に加え、命の危険と隣り合わせの大統領任務、大変だ。

オバマ大統領

宿のあるハーレムに戻ると、前を歩くお母さんがオバマ・パーカーを着てオバマ・バッグを肩から提げて歩いていた。
歴代初の黒人の大統領は、ハーレムのヒーローなのかもしれない。

ありさ
FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - チェルシー散策と大統領専用ヘリ


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

【こんな国でした】3カ国目 アメリカ合衆国

滞在期間:30日間(ハワイ8日間、西部15日間、NY7日間)
主な滞在先:ハワイ島、ロサンゼルス、ラスベガス、グランドサークル、ニューヨーク

●ありさ
アメリカは「ほんとに同じ国だっけ?」と思うくらい、場所によって印象が全然違う。

オアフ島の明るくあったかいイメージで向かったハワイ島は、
到着日から雨で雰囲気が暗く、想像していたよりうんと寒くて「ハワイはどこ?」って感じだった。
でも思い返してみると素敵な思い出ばかり。
火山、滝、熱帯植物、鳥の声など、自然が生き生きしていて、地球の鼓動を感じられる場所だった。
ハワイ島のキャンプ場で出会ったお母ちゃんの、何でも受け入れるハワイアン・スピリットは忘れられない。
ファーマーズ・マーケットものんびりした雰囲気で、なぜかスペインの音楽が流れていて溶けそうだった。。
おいしいものを自信に溢れた顔で提供する農家の人々の表情、めちゃかっこよかった。

グランドサークルは、ひとつひとつの見所が巨大で、似ているようで全然違う。
どれも独特で、忘れがたい。
国立公園がものすごく整備されていたのも印象的。
それぞれの国立公園に初級~上級のアウトドアが用意されていて、
どれを取るかは自己責任なのがアメリカっぽいなあ、と思った。
ザイオン国立公園の岩肌にロッククライマーが小さくへばり付いていて、
岩の上まで行くには2日かかるため、ぶら下がったまま一夜を明かすことを知った時は衝撃的だった。

ニューヨークは毎日いろんな所へ行って、いろんなものを見て、忙しかった。
世界中の最先端が集まるエネルギーを感じてウキウキした。
MOMA、ABC Home&Carpet、Lenox Lounge、チェルシーなど、毎日でも通いたいスポットがいっぱいある街。

アメリカを旅して、とにかく移民が多いのを実感した。
それと対照的に、いたるところでアメリカ国旗を目にした。
移民のるつぼをひとつの国としてまとめるために、アメリカ国旗は重大な役割を果たしているのだろう。

●ゆーじ
ハワイ島は、ヒロに到着してすぐに、常夏のイメージを覆されたけれど、
そのがっかり以上にひとつの島にいくつもの気候帯があり、
その場所その場所に様々な姿を持つ自然を目にする事ができた。
火山の溶岩が流れただけの寒々しい景色の場所もあれば、
豊かな水と緑溢れる森のある場所もあり、
リゾートにぴったりの暑い暑いこれぞハワイという場所もあった。
くるっと島を周るだけでほんとに目まぐるしく景色が変わった事にびっくり。

グランドサークルはほんとに行ってよかった。
ここまでの大自然に触れられることはそうないんではないのかと思う。
そこに身を置いた時の自分がとても自然体になれる気がする。
その自然と起点となる街ラスベガスのギャップの大きいこと。

NYは見るのにいくら時間があっても足りないくらい多くの物事に溢れている。
アートだけでも1週間で足りなかった。
それだけ自分が最先端文化に触れたい想いが強いからなのかな。

訪れた場所がひとつの国とは思えなかった。
ここまでの多様なものをまとめ上げた国、それがアメリカ。
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 【こんな国でした】3カ国目 アメリカ合衆国


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

【こんな印象持ちました5】3カ国目 アメリカ合衆国

ゆーじ
1、大自然 今までこんなに自然が豊かだと想像していなかった ハワイ島とグランドサークルは絶景
2、多様性 文化・人・言葉何でもミクスカルチャー これこそがアメリカなのか
3、車社会 これじゃCO2は減らないだろうなと思うくらい車がなければ何もできない社会
4、コンビニエンス ATMも何でもドライブスルー クレジットカードで何でも買い物
5、マックとコーラ まさかこんなにお世話になるとは 意外においしくて飽きずに食べ続ける

ありさ
1、消費社会 使い捨ての紙やコップに寛容で環境問題より効率性重視
2、最先端 アート・技術・建築・音楽、何をとっても世界の最先端が集まる 
3、多様な国土 国土が広大なだけに、ひとつの国で全く違う場所を旅しているような気分になる
4、人種のるつぼ アメリカンカルチャーと移民のカルチャーがミックスしている
5、ユニバーサル・スタジオとハリウッド スクリーンの向こう側でしかなかった映画が身近になった
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 【こんな印象持ちました5】3カ国目 アメリカ合衆国


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2010年05月13日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top