FC2ブログ

DiaryTOP > 2010年05月12日

2010年05月12日

NYに触れる

今日は冬のように寒い。毎日のように気温と天気が変わる街。

今日はアートから離れて、アメリカ自然史博物館へ。
恐竜の化石で有名というのは知っていたが、
具体的にどういう展示されているのかよくわからないまま向かった。

建物の横にでっかい球が正方形のガラスの建物に覆われている。
何だろうと思うと、それはプレネタリウム!
中がプラネタリウム・シアターになっていて、
その中から上を見上げると半球の中に、地球から見た正確な夜空が再現されているそうだ。

自然史博物館のプラネタリウム

宇宙誕生の模様が、映像にナレーションを加え流れている。
サウンドも効果的でかなりの迫力。
宇宙の成り立ち、太陽系のできるまで、そして地球が誕生する過程を紹介していく。
しかし、ビックバンの説明が全く意味分からん。
ただ半球のスクリーンがほんとに空を見上げているようで、
小さい頃に見たプラネタリウムは、ただ星座だけが動くものだったけれど、
それとは比べ物にならないほどに宇宙がリアルに表現されている。
ここまで宇宙を感じることができるとは、驚き。

他の展示物は、実物大の動物のかなりリアルな模型が数多く置かれている。
ただ薄暗い部屋でこういった動かない動物が佇む姿はなんだか不気味にも見えた。

自然史博物館の動物模型

そして、有名な恐竜の化石。
ここのコーナーは新しくリニューアルされているようで、
動物の展示よりも明るくこの博物館の目玉で、観光客も多い。

トライセラトップス!

自然史博物館の恐竜化石-トライセラトップス

しかし、他にもインディオやアフリカ、アジアの文化を紹介するコーナーがあるのだけれど、
なんとも古めかしく、やはり暗い。
日本の説明も昭和初期くらいのイメージで止まってるんじゃないかと思うくらい内容が古かった。
やはり人気が無さそうだとリニューアルは後回しか…。


霧雨が降る中、外へ。
グランドゼロへ向かってみる。
ワールド・トレード・センター(WTC)の地下鉄の駅を出ると、ちょうど帰宅ラッシュ。
ウォール街から帰ってくるサラリーマンで溢れている。
そして、WTCがあった場所は、今ではやっと再開発のため工事が少し進んでいるようだった。

ワールド・トレード・センター跡地

あまりの人の多さと工事現場というシチュエーションで、
少し戸惑い、ここでほんとに9・11が起こったのかと思ってしまう。
近くにある、メモリアルサイトに足を運ぶ。
そこで事件の時間経過と犠牲者の数を知ることができ、
小さな自由の女神の像に消防士の犠牲者のワッペンを貼り付け、
追悼の意、愛国心を称える意を表したものも見ることができる。

さらに事件当時の写真を収めた写真集が何冊かあり、
その模様があまりに壮絶で、今見たその景色がその場所だったとはとても信じられない。
WTCの周りのビルまでが破壊されている。
それは自分の想像の中にある、まさに戦争と言われる光景。
世界一の大都市がこういう姿になったという事実に心が沈んでしまう。

2001年の事件からすでに9年経とうとしているので、
周りのビルも修復され、その面影は感じない。
そして、WTCサイトにはひとつの高層ビルと記念ミュージアム、
倒壊した2つのビルの跡には噴水を造るようだ。

この事件、20カ国以上の3000人近くの人が犠牲になった。
この先アメリカは、アルカイーダは、どこに向かおうとしているのだろう?
いろんな想いが巡る。

9・11メモリアルサイト

そのままウォール街まで歩いてみる。
この辺りも事件当時はすごいパニックだったのだろうか。
映画でよく見たこのストリートは、観光客とビジネスマンで溢れていた。

ウォール・ストリート

NYに来たらJAZZを聞きたいと常々思っていた。
宿がちょうどハーレムのど真ん中なので、いいJAZZライブが見れるところがないか宿で聞いてみると、
地下鉄の駅のすぐ側にある”LENOX LOUNGE”を紹介してもらう。
今日のアーティストは、エントランス・フィーが$3で、ドリンクが最低$16というので、
たいして有名ではないだろうけど、JAZZの、ハーレムの雰囲気を味わいたくて訪れてみる。

そのアーティストは、”Nate Lucas Organ Trio”というオルガン、ドラム、キーボードのトリオ。
プラスNateのお父さんのサックス。なんと99歳!!!!!
しかもめちゃくちゃうまい!
信じられないくらいメローな音を奏でる。
オルガンもかなりのノリですごくいい。
これで$20しないのか…と思えるくらいの高い演奏レベル。
10時からの2回目の演奏はさらに熱い演奏で、
いつの間にか満杯のラウンジもノリノリですごい盛り上がり。
2回目からはテナーサックスとギターも加わり音量も上がっていく。
ギターは15歳の照れ屋な男の子。これがまた異常にうまい。
ほんとにこれでアマチュアなのか?と思えるほどの内容。
来て良かった!
しかも料金が二人で$16だった。。。なんだこの安さ?
ほんとにいいの?と何回も確認しながら、ほくほくでラウンジを後にする。
やっぱいハーレムのJAZZはすごい!

LENOX LOUNGE

なんだかとんでもなくいろいろなものに触れた1日だった。

ゆーじ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - NYに触れる


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2010年05月12日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top