DiaryTOP > 2010年04月

2010年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

岩山登山のフレシネ国立公園

魔女の宅急便のパン屋?

キキとジジ

本日は、タスマニア東海岸にあるフレシネ国立公園へ。
途中ロスに立ち寄り、『魔女の宅急便』でキキがいたといわるパン屋さんへ。
壁に申し訳程度にキキの置物が売られている以外はいたって普通のパン屋さん。
スタジオジブリは、ここがモデルのパン屋であることを否定しているそうだけど、宮崎監督がもしこの街を旅したことがあって、作品を創るときにこの街を思い浮かべていたら、とても素敵なことだと思う。
ロスの街は、中心が5kmもないほどのこじんまりとした街で、地方独特ののんびりした時間が流れている。
歴史ある教会が大切に今も使われていて、至る所にベンチが設置されている。
「魔女の宅急便」では、こじんまりとした田舎町のなんでもない日常や人々に対する愛情も描かれているけれど、この街から宮崎さんがそういったものを吸収していたとしたら、やはりすごい感性の人なんだと思う。
パン屋でゆーやんの好物・エクレアを買って、フレシネ国立公園へ。

展望台から見たワイングラス・ベイ

この国立公園は、火山岩で形作られたフレシネ半島にあって、半島は美しいビーチがあるため、夏はどの宿も満室になるほどのリゾート地。
国立公園入り口のインフォメーション・センターで地図とルートの説明を受け、私達は「ワイングラス・ベイ」というワイングラス型の湾までの道を往復する約3時間のコースに行くことにした。
緑の多かったクレイドル山に比べて、こちらは乾燥した岩山といった印象。
岩山と言っても道は登りやすいように舗装されていて、登りは、なだらかなハイキング・コースを湾の見える展望台まで歩く。

ワイン・グラスベイ

展望台から湾までは、一気に下り道。
もう膝が笑い出す~という頃に、やっと海の音が聞こえる。
弓形に婉曲した白砂の湾は、初秋を迎え、少し風が冷たかった。
戻りは下ってきた道をひたすら登る。
毎日足を使うと、少しずつ筋肉がついてきているみたいで嬉しい。

ハネムーン・ベイ

キャンプ場に戻る途中、「ハネムーン・ベイ」と名付けられた、美しい岩場の湾に立ち寄る。
振り返ると、今日登った山が見える。
下山し、遠くから山を眺めて「さっきまであそこにいたんだ」と思うと信じられない感じ。

ありさ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 岩山登山のフレシネ国立公園


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

マウントフィールドの緑豊かな森

コールスベイのテントサイトを朝出発し、一気に南西へ。
ホバートから西に1時間あまり行くとマウントフィールド国立公園がある。
トータル6時間くらいかかると思ったけど、5時間で到着。

途中第一の街、ホバートで食料を買おうとするも、
イースター前の金曜休み(ビックフライデー)で断念。
先に進んで小さな街で買い物ができたので運がよかったけれど、
営業時間はいつもよりも短い。
イースターって日本人には馴染みが薄い祭日だが、
キリスト教の国では大きなお休み。日本でいうゴールデンウィークみたいなものか。
確かにホバートからじゃんじゃん郊外に向けて車が流れていく。
みんなボートやキャンプ道具をわんさか引っ張って行っていき、これからレジャーを楽しむのだろう。

マウントフィールドい到着後、そのままウォーキング。
この国立公園はラッセル・フォールという滝が有名で、これだけ見ると20分で終わってしまう。
それではつまらないので、2時間のハイキング・コースへ。

コースに入るとすぐに深い森。苔とシダに覆われている。
ひんやりとして気持ちがいい。
コースも平坦で歩きやすい。気持ちがいい。いい感じだ。
歩いて5分もしないで、ラッセル・フォールへ。
なかなか綺麗。絵葉書なのでよく使われるのがわかるくらい画になる。

マウントフィールド国立公園 ラッセル・フォール

滝を見た後、さらに深い深い森へ。
背の高いユーカリに囲まれ、ひんやりとした道を進む。
クレイドル・マウンテンやフレシネとも全く違う森。
この小さな島にこれだけ豊富な自然があるなんて、それだけで驚き。
どこもそれぞれ特徴があって、味があっておもしろい。

マウントフィールドの森

ここマウント・フィールドは歩きやすさと気持ちよさでベスト。
ずっと森を歩いてレディーバロンという滝を目指す。

たどり着いた先の滝

こんにちわ

帰りは最後にきつい階段があるけど、それさえクリアすればとてもいいコース。
2時間もかからないで終了。

予定よりも早くやることが終了したので、少し足を伸ばしてポートアーサーへ。
今朝来た道を少し戻り、ホバートから南西へ1時間半ばかり行った監獄の街。
陸の孤島のような僻地に昔監獄があり、そこでひどい拷問や労働を課した場所らしい。
今ではすっかり観光地化されている。

着いた頃には陽が暮れそうだったので、ポートアーサーのキャラバンパークへ。
ここは今までのどのテントサイトよりも広大で、そして人が多い。
さすがイースター。

ポートアーサーのテントサイト

国立公園のレンジャーさんが夕食後にタスマニア動物についてのレクチャーを子供たちに向けてやってくれるというので興味本位で参加してみる。
家族連れが多いため、子供もわんさかいる。
子供たちは自由に参加したり、出て行ったり。
子供の親たちも参加して、意見を言い合ったりしている。

タスマニアには、タスマニアにしかいない動物がたくさんいる。
自分は動物については全く有名なのが何がなんだかよくわからない動物がいっぱい紹介されていた。
それでも有名なタスマニアン・デビルは、その子供の生態を参加者でデモしながら勉強したり、紹介したりとおもしろい。
ありさはデビルの赤ちゃんを食べる犬の役を演じてました。拍手!
思わぬレクチャー参加でここまで来てよかった~なんて思って、
テントまでを歩くと、小動物がさささっと歩いている。
あの飛び方はカンガルーかワラビーのはず。
ほんとに夜出てくるんだ…道路の死骸はやはりほとんどが夜にひかれるものらしい。
またもや思わぬところで、貴重な経験。
それにしてもテントの周りに糞が多いと思っていたけど、こんなにも普通に野生動物たちが目の前に出てくるなんて。
自然ってすごい。

ゆーじ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - マウントフィールドの緑豊かな森


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

憧れのカンガルーとの衝撃的な出会い

カンガルー

道路脇に撥ねられた動物達の亡骸ばかり見てきた私達。
元気な動物達に会いたいので、「タスマニアンデビル・保護パーク」へ。
ここでは、近年数が減少し続けているタスマニアン・デビルを中心に怪我や病気をした動物を保護して野生に返す作業を行っている。
「動物園」というと、小さな檻がたくさん並んでいるイメージだけど、ここは動物の生活するスペースが中心で、逆に人間が小さくなってそこにお邪魔させてもらうような造りになっている。
決まった時間にはタスマニアン・デビルやカンガルーの餌付け、バード・ショーも見られる。

肉食獣のタスマニアン・デビル


タスマニアン・デビルは、デビル同士でじゃれあっていたかと思うと、5分に1度くうらい口を大きく開けて威嚇する。
見た目はかわいらしい小動物なのに肉食獣で、生肉をがつがつ食べている様はまさにデビル。
カンガルーと同じ有袋類で、お腹の袋で子育てをして、4匹育てたうちの強い1匹だけが生き残るそうだ。

エサを食べるカンガルー群

オーストラリアに来て道路脇の屍骸ばかり見てきたカンガルー。
夜行性だから、視界の悪い夜、車に撥ねられてしまう。
私は以前オーストラリアに来たときに動物園でたくさん見ていたけど、ゆーやんは昨夕、野生のカンガルーを一匹見ただけで、生きたカンガルーを他に見ていない。
カンガルーに会えるのを楽しみにしていたゆーやんだけど、カンガルーのいる場所の扉を開けてびっくり。
何十匹ものカンガルーが、エサを待ってこちらを見ていた。
手のひらにエサを持っていると、カンガルーが群がってくる。
手のひらはなめられて唾液でびちょびちょだし、小さいカンガルーがエサに近づかないように大きいカンガルーがチビカンガルーを足でバシバシ殴っているしで、ゆーやんは少し困惑した表情をしていた…。
大きいのはジャンプ力も相当なので、時速にすると、きっと車より早い速度で移動できるんだろう。

この保護センターはタスマニアにいる動物しかいないので、今回の旅ではコアラやカモノハシなどのオーストラリア特有の他の動物には出会えなかったけど、このセンターで動物を大満喫した。

ありさ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 憧れのカンガルーとの衝撃的な出会い


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

【こんな印象持ちました5】1カ国目 オーストラリア

ゆーじ
1、物価たかっ 全てにおいて日本並みかそれ以上の物価 お肉だけは安い
2、道端の動物の死骸 結局コアラには出会っていない
3、オージーイングリッシュ グッダイ!聞いたことない発音がずらり
4、アウトドア生活デビュー テント生活は体温調整が重要
5、タスマニア最高 自然の種類の多さ、豊富さに全身癒される

ありさ
1、野生のイルカちゃんを見れた
2、ウルルは間近で見るとほんとに美しい
3、闇夜でウォンバットを発見
4、マウント・フィールド国立公園ハイキングは空気がおいしい
5、テント生活続きで、テントを2分で張れるようになった
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 【こんな印象持ちました5】1カ国目 オーストラリア


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

【こんな国でした】1カ国目 オーストラリア

滞在期間:20日間
主な滞在先:西オーストラリア(パース、ピナクルス、モンキーマイア、バンバリー)、
エアーズロック、シドニー、タスマニア

●ありさ
カンガルーの標識があるとは聞いていたが、ドライブをしていると車にはねられた動物の死骸がたくさんあって、
それだけ動物が多い国だと実感した。
特に西オーストラリアはカンガルーやエミューなどの大きな動物が多かったが、
タスマニアはポッサムやウォンバット、タスマニアンデビルなど小動物が多かったのが印象的。
大陸のサイズに応じて動物も進化するのかなと思った。
カンガルーの死骸しか見ていないとなげていたゆーやんが最終日に、生きた何十匹のカンガルーに囲まれていて、おかしかった。

西海岸の海沿いの自由な雰囲気、
中央部の乾燥した大地の乾いた風、
シドニーの妖艶な街、
タスマニアの緑と水と動物を満喫した旅だった。
とにかく大きいと感じた。

●ゆーじ
滞在先によってこうも気候と景色が変わるのかってびっくりするほど、大きな国。
パースは地中海性気候の穏やかな日々。
エアーズロックは気温が毎日30度以上でプールにまで入ったのに、
タスマニアでは完全冬の装備。そんな中、滞在日数の半分以上をテント生活となかなかハードな毎日。
それでも今まで経験したことの無いアウトドアな毎日でかなり刺激的な体験をすることができた。
オーストラリアは特に自然をメインに体験しようとして周ったけれど、
ここまで驚異的なものだと想像すらしていなかった。

西オーストラリアの海岸線ドライブは、忘れられない。
トラブルだけじゃなく、真っすぐな道路、時速110kmのスピード、ここにしか無いような風景だった。
エアーズロックは、大きさ以上に美しさを感じた。
この不思議な感覚はなんなだろう?ってずっと自問自答中。
タスマニアの森は、鳥肌もの。そこにいるだけで特別な感覚を受ける。
まだまだずっといたい場所。
  • Comments: 4
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 【こんな国でした】1カ国目 オーストラリア


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2010年04月

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。