FC2ブログ

DiaryTOP > 2010年02月05日

2010年02月05日

エコツアーカフェTOKYOへ

エコツアーカフェTOKYOが開催する「旅がつなげた世界」
というテーマのトークイベントに行ってきた。
ゲストスピーカーは、Think the Earthプロジェクト事務局の佐々木拓史さん。

21歳の時にユーラシア大陸を自転車で横断後、
アフリカ、中南米等を旅し、旅の体験を様々な仕事に還元してきた、
旅がライフワークとなっている方。
今までの旅の写真をスライドで写しながら、
旅での経験や、旅が仕事にどのように結びついているのかを話された。

旅話で印象的だったのは、やはり危険な目に遭った時の話。
イランの橋の下にテントを張って寝ている時に川が増水して
貴重品等をすべて流されてしまった話や、
パキスタンで泊めてもらった家で襲われそうになった話など。
手に汗を握るような危険な体験も、なんだか楽しそうにサラリとお話されるので、
本当に、根っからの旅好きなんだろう。

所持品すべてを失ってしまった時、致命的な何かが起こった時、
それでも旅を続けようと思える、その原動力は何なんだろう。

佐々木さんは、旅先にじっくり滞在して観光や文化を楽しむよりも、
次の旅先に何が待っているのか、わくわくしながら移動している時が一番楽しいと言う。
旅の原動力は、そこなのかもしれない。
いくらどん底まで落ちても、次に待つ、わくわくする何かへの期待がある限り、
旅は続けられる。

人生もそうでありたい。
何かあっても、これから待っているであろう、
「わくわくする初めてのこと」への期待を失わずにいたい。

これまで約80カ国を旅してきた佐々木さんが、
次に行きたい土地は、ギアナ高地やイエメンだそうだ。
いくら旅をしても、やっぱり行きたい場所がある。

佐々木さんのお話を聞いたことで、
旅を通して広がる仕事の世界への
リンクの仕方のヒントを得た気がする。

私たちも、旅の経験を自分たちだけのもので終わらせず、
何らかの形で社会に還元していきたい。
旅の最中も、帰国後も。
そのカタチは、私たちが心から「楽しい!」「気持ちいい!」「生きてる!」
と思うことを追求し続けていけば、見えてくると思う。

NPO法人 日本エコツーリズムセンターが開催するエコツアーカフェTOKYOは、
毎月第1木曜日に開催され、
毎回とても素敵なゲストスピーカーがお話される。
東京在住の方で、エコツアーや旅に興味のある方は是非。

ありさ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - エコツアーカフェTOKYOへ


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > 2010年02月05日

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top