DiaryTOP > [15カ国目 ボリビア]スクレ

[15カ国目 ボリビア]スクレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

美しきかなスクレ

ラパスから夜行バスで12時間。
ボリビア憲法上の首都、スクレへ。

ある程度の都会を想像していたが、これがまったくと言っていいほど違っていて、
こじんまりしたきれいな街。

そして気候がとてもいい。
半袖で平気なくらい昼間は暖かい。
こんなぽかぽかな陽気はずいぶん久しぶりだなと感じる。
そして、かっなり乾燥しているので、すかっと爽快。

ボリバール公園に行って木陰で涼む。
なんとも平和な感じがする。
ラパスの喧騒が嘘のようだ。

ミニ・エッフェル塔

そして、この公園の名物?ミニ・エッフェル塔。
なぜエッフェル塔なのかは不明…

街の南側には大きな墓地がある。
宿のお兄ちゃんが、とってもかわいい(Muy Lindo)というから訪れてみる。

かつて銀で財を成した人が多いだけに、びっくりするような大きさや装飾の墓地が多々。
観光している人もかなり多く、この墓地は有名なようだ。

大理石の墓地

墓地

墓地に対する感覚が日本人と違い過ぎていて、そのかわいさというものがよく理解できなかった。

東にはEl Gueroという地区があり、そこから街が見渡せるとのことで行ってみる。

スクレの町並み

上から見ると屋根瓦のオレンジ色がきれいに揃っていて、オレンジの街だなって思うも、
道を歩くと家々の壁は白く、街全体が白く統一され、白い街(Ciudad Bulanco)の所以となっているのが伺える。

この地区には、猫(Gato)何々という小さな通りがいくつかあり、かわいらしい。

GatoBlanco通り

Gato地区

白い壁に眩い陽射しに、歩くだけでもいい気分になれる。
スクレ、陽気な気候も手伝って、歩くには素敵な街だ。

中米から何度も訪れてきたコロニアル都市。
まだまだ捨てたものではない。

ゆーじ

FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 美しきかなスクレ


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

恐竜の足跡

ティラノサウルス

恐竜の足跡が見られるというスクレ郊外のクレタシコ公園へ。
中には1メートルにも及ぶ大きさの足跡もあるそうで、わくわくしながら現地へ向かう。

スクレの街の中心の広場から、恐竜の頭が付いた観光客用の専用車に乗り込む。
車内はお金持ち風のスペイン系のボリビア人の団体16人くらいで一杯で、なにやら盛り上がっている。
隣のおばちゃんが「ビール飲みたーい」と言うと、
男性二人が買いに走り、ビニール袋一杯ビールを抱えて帰ってきた。
一人一人にビール缶が配られ、公園へ向かう車内はやんややんやのお祭り騒ぎ。
ラパスで出会った先住民の人達のイメージが強いせいか、ボリビア人はおとなしい人が多いと思っていたので、
なんだかあっけに取られながら公園に到着。

恐竜パークへようこそ

入場料を払って中へ。
園内には恐竜のレプリカが点在。
係員に誘導されるまま、BBC製作の恐竜に関するビデオを観る。
30分くらい観たところで、突然ビデオは切られ、これからガイドが案内するという。
ぐだぐだな進行に皆、笑いながら外へ。
英語とスペイン語グループに分かれ、案内が始まる。

まず小さな部屋で、見つかった足跡とその持ち主の恐竜の説明。
1998年に国営のコンクリート工場が砂を切り出すために山を削ってみると、
1km以上の山の断面にいくつもの大きな足跡が見つかったそうだ。
その後、各国から学者が訪れ、研究を重ねた結果、それらは6,500万年前のものと推測されている。
足跡は山の断面に縦に走っているのは、恐竜達が縦に移動したのではなく、大地が隆起した結果だそう。
もともと南米大陸は平らだったが、プレートが移動する関係で大陸内部が隆起した結果、
足跡の層が縦に走っているという。
このあたりは昔海だったそうで、粘土状のやわらかい土壌のおかげで足跡がくっきり残っているという。

恐竜の足跡が一面にびっしり

恐竜の研究には貴重な場所なのだが、1年前に奥の端の部分が崩壊してしまい、
他の部分が崩壊するのも時間の問題との事。
1つの足跡から、学者はいろんな事実を導き出す。
恐竜の全体像、何を食べていたか、どういう歩き方をしていたか、何を求めて歩いていたのか。
足跡は貴重な研究材料だろうに、崩壊するのをただ手をこまねいていていいのだろうかと心配になってしまう。

恐竜の足跡

足跡を目にするまで、私にとって恐竜はあくまで架空の存在だった。
実在したとは分かっているつもりでも、遠い存在で、アニメや映画の主役でしかなかった。
でも、実際大きな足跡を目にすると、「ここにいた」という事を実感する。
しかも、足跡は1種類ではないので、いろんな種類の恐竜がいたことが分かる。

恐竜レプリカ

恐竜はなぜ絶滅し、その後、なぜ地球上に人間が住むようになったのか。
人間はいつまで地球上に居続けられるのだろう。
その後、取って代わる生き物が出現するのだろうか。
いつもは考えないような疑問で頭がいっぱいになった。

ありさ

FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 恐竜の足跡


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > [15カ国目 ボリビア]スクレ

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。