DiaryTOP > [13カ国目 エクアドル]キト

[13カ国目 エクアドル]キト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

世界遺産キトの街

昨晩泊まった宿は新市街にあり、朝からもう少し安い宿を探すため歩いてみた。
歩いてみてびっくり。
えらくお洒落なカフェ、バー、レストランが立ち並んでいる。
この中心地だけがそうかもしれないが、ここまで小奇麗なお店があることに驚かせられる。
コロンビアのボゴタに継いで、またも自分の想像を裏切られる。
こんなところを全く想像していなかった。
南米のイメージを改めないといけないな。

宿を変えて、もう少し街を歩いてみる。
新市街のオフィス街の辺りがとても洗練されている。
観光客もコロンビアに比べて多く感じる。
お昼ご飯を食堂みたいなところで食べてみる。
安い。なぜか魚介類のメニューが豊富。
キトは山の上にあるのになぜだろう?
わざわざ運んできているとしても、値段は安い。

海鮮のご飯

町を走るトローリーバスに乗り旧市街へ。
このバス、街中を頻繁に走っていて、だいたいどこに行くにも便利。
郊外へ行くにもトローリーに乗り、バスを乗り継いでバスターミナルへと向かい、他の都市に向かう事ができる。
なのでキトの中心部は渋滞も無く、とても効率的に交通網が機能している印象を受ける。
その代わり、ガイドブックに載っている行き方を見ると、
街中にあるはずのバスターミナルが無くなっていたり、乗り継ぎ方がよくわからなかったりする。
地元の人に聞くとわかりやすく親切に説明してくれるので、絶対に聞いた方がいい!
最近になって、それだけの交通機能が整備されたのだなという印象も受ける。

キトの旧市街は、世界遺産に認定されている街で、ぎゅっと歴史を凝縮されたような印象を受ける。
狭い路地に古い大きな建物が立ち並んでいる。
ここまで大きな規模のコロニアルな街並みはあまり見たことがない。
メキシコ・シティの街並みとも違う、きちんと整然と整備された街並み。

キト 旧市街の街並み

世界遺産に登録されていたものの、治安がかなり悪化して観光客が来にくくなったため、
なんとユネスコからこのまま治安が回復しないようでは世界遺産の認定を取り外すとある意味脅されたらしい。
そのためかなり治安が回復し、今では旧市街も夜まで歩けるようになったらしい。

キト 旧市街

それでも、ある地域ではまだ貧しい地区で犯罪が多いみたいで、聖母像のあるパネシージョの丘に歩いていくのは危険とのこと。
この丘の街を見下ろしている巨大な聖母像は、
かなりの大きさく、遠くから見ていても圧倒される。

キト 旧市街から見える聖母像

旧市街に有名な安宿があり、部屋を見せてもらおうと行ってみる。
すると、日本語の情報ノートを見せてくれた。
この宿は、他のバックパッカー宿の半額とかなり安いのだけれど、
敢て新市街に宿を取った、それはある目的のため。
その話はまた今度!

ゆーじ

FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 世界遺産キトの街


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

赤道上で、水はどう流れる?

今日はキトからバスに乗って北へ遠足。
「エクアドル」という国名はスペイン語で「赤道」という意味がある。
それくらい、赤道上にあることをアピールしている国。
せっかくだからこの国で、赤道をまたいでみたかったのだ。

赤道記念碑

赤道記念碑前でバスを降りると、目の前にただっぴろい公園が広がっている。
入場料を払って中に入ると、高さ約30mもある記念碑がそびえ立っている。
その前には、なぜか放し飼いのリャマさんがお散歩中。
記念碑の前後には赤道を示す赤い線が引かれているが、
のちのちGPSで正確な赤道の位置を調べてみると、200mほどずれていた、というのは有名な話。
記念碑の中はエクアドルの生活様式を展示した博物館になっているが、
「ニセモノの赤道なんでしょ」という事で、この博物館は入らず飛ばしてしまう人が多い。
博物館の入場料が別にかかるけど、ここに入館すると、
パスポートに赤道を描いたスタンプを押してもらえる。
記念碑の展望台からは、土産物屋やレストランが並ぶ広大な公園内が見渡せる。
その景色を見ながら、こんなに立派な建物を造って、後で位置がずれていたのが発覚するなんて、
なんて残念なんだろうとなんだか切なくなる。

首狩り族の説明

公園を正面に右手に行ったところに、
正確な赤道上でいろいろ面白い実験を見せてくれる小さな博物館というか、テーマパークがある。
入園料を払うと、スペイン語か英語のガイドが付いてくれる。
ここでは赤道についての解説だけだと思っていたのに、
首狩り族をはじめ、いくつかの少数民族の文化についても知ることができて興味深かった。

i-phoneで方角確認

太陽の影による方角の説明の際に、i-phoneのコンパスでも方角を確認してみる。
すると、微妙に方角がずれている。
民生用のコンパスは、軍事上の理由でわざと位置を少しずらす、というのは本当の話だったのだとびっくり。

赤道

本物の赤道上では、重力が左右に分散されずに真下に働く。
二人一組になって、一人が腕を上に上げようとし、相手がその腕を抑えようとすると、腕は簡単に下がってしまう。
真下に働く重力が強いためだそう。

赤道上で水を流す実験

赤道の北、真上、南で水を流す実験。
いくつか葉っぱを浮かばせてくれるので、流れが見やすい。
北では水は左回り、南では右回りで渦を巻いて落ちていく。
そして赤道上では…!
水は渦を巻くことなく、真下に落ちていった。不思議!

目をつぶって赤道を歩く実験

目をつぶって両手を横に広げ、親指を立てて赤道上を歩く実験。
北と南にひっぱられてうまくバランスが取れず、酔ったようにふらふらしてまっすぐ歩けない。

卵を立てる実験

そして、卵を釘の上に立てる実験。
黄身が真下に落ちるように重力が働くため、卵が立ちやすいという。
ちょっと手間取りながらも、挑戦者全員、成功。

赤道に来た証明書とスタンプ

これに成功すると、証明書をもらえる。
さらに、パスポートに本日2個目のスタンプをゲット。
楽しく赤道やエクアドルの少数民族について学べる、面白い施設だった。

ゆーやんは、他の赤道上の国も訪れてみたいと意気込んでいるけど、
赤道上に領土を持つ国は結構たくさんあるみたい。
アフリカ大陸では、ガボン、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、
ウガンダ、タンザニア、ケニア、ソマリア、サントメ・プリンシペ。
アジアでは、インドネシア、キリバス、モルディブ。
南米では、コロンビア、ブラジル。
でも、こんなに面白い実験をしている国って、他にもあるのかな。
他にはどんな実験ができるんだろう。

ありさ

FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 赤道上で、水はどう流れる?


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

究極の餃子と黄金のニラ玉

旧市街の安宿に泊まらずに、ここ新市街を選んだ理由はこれ。

究極の餃子

皮がもちもち。焼き加減も抜群。具の味も文句の付け所が無い。
まさに究極の餃子。
日本で食べるレベルをはるかに超越している!

そして、もうひとつ。
お店に来る中国人がよく頼んでいる”ニラ玉”。
こんなニラ玉を初めて食べた。
見た目に、ニラの緑とたまごの黄色が輝いている。
ほんとに一目見てうわっ!て思ってしまうくらい綺麗なのだ。
まさに黄金を見つけたかのように。
もちろん味のほうも、鶏がらスープで味付けされ、少し塩味が効いていて、うまい!

黄金のニラ玉

さらには水餃子。
このもちもちっぷりにはやられる。

プリプリ水餃子

ちなみに麻婆豆腐はいまいち…
やはり豆腐が苦い。辛さを山椒ではなく赤唐辛子で出しているため、辛味が違う!
と贅沢を言ってしまったが、
こんなにおいしい餃子、ニラ玉などにここ南米、エクアドルで出会えるとは、なんともうれしい限り。
コスタリカで食べた中華、飲茶も侮れないけれど、餃子という面ではこの餃子の右に出るモノは今のところ出会えていない。

詳細な旅情報と愉快な日記でよく目にしている世界一周夫婦かけてこさんの日記を読んで、
絶対に来たいと思っていたお店。
かけてこさんは、何と7日キトに滞在して6日もここ玉麺館に通ったという。
そこまでするくらいだから相当おいしいはずと思って、
期待大でキトに到着した朝一からお店を探した。
しかし、この時全然見当たらなくて諦めてしまった。
もう2~3年も前の話だからつぶれたかもしれないなと不安がよぎった。

もう一度ネットでいろいろ調べてみると、今年の7月にも行った事のある人がいることが判明。
諦めきれず次の日にも探してみる。
かけてこさんのお店の案内の通りに、
実際にトロールバスに乗ってその駅に降りてみて見える方向を探してみると、
あった!CHIFA(”中華”という意味)の文字。
かけてこさんの日記の中にある写真ではお店の店名が書かれた看板があったが、今はそれが無くなっている。
この通りの前を前日には何度も歩いていたのに…。
これでは、わからないはず。

見つけてすぐさま直行。
まだあまりお腹は空いていなかったのに行ってしまった。
そして、おいしすぎる餃子と光り輝いているにら玉に出会ってしまった。

さらにはキト最終日にも、まずお昼に行って、
もう一度餃子!
そして、夕方5時にもう一度最後の晩餐のつもりで、
足を躍らせ、躍らせ、ついには小走りになって行くとなんと閉まっている!
お昼にもう一度来るからってお店の人に言って、閉まる時間まで確認したのに…無念…

エクアドル、キトにお越しの際は、是非”玉麺館”へ
ただし、朝10時から夜6時までという早く閉まってしまうので注意!
そして、エクアドルでは(キトだけかどうかはわからない)日曜にお酒が飲めない決まりがあるらしい。
究極の組み合わせ、餃子とビールの組み合わせができないので注意!

ゆーじ

FC2ノウハウ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 究極の餃子と黄金のニラ玉


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > [13カ国目 エクアドル]キト

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。