DiaryTOP > [9カ国目 ニカラグア]コーン島

[9カ国目 ニカラグア]コーン島

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

波の音と眠る

レオンは昨日から雨。
一昨日の夜、宿で仲良くなったドイツ人のヤンさんが
「僕も明日グラナダに行くことにしたよ!」とわざわざ知らせに来てくれた。
時間が合えば一緒にグラナダに行こうと誘ってくれたのだろうし、
途中のマナグアでの乗換えが不安なので
ニカラグア滞在が長いヤンさんが一緒だと助かるのだけど、昨日は朝から大雨だった。
雨に移動の気力をなくし「多分、明日はグラナダに移動するから」と、
ヤンさんと「グラナダの宿で会おうね!」と握手して別れた。

そして、今日もやっぱり雨。
ヤンさんには会いたいけど、雨の中大きな荷物を抱えてグラナダに移動する気にならない。
二人で相談した結果、大きな荷物を宿に預けて急遽コーン島に行くことにした。
出発の前に、この天気の中、飛行機が飛ぶかどうかを空港会社に確認。
すると、天気は問題ないけど、席に限りがあるから本当に今日飛ぶなら予約した方がいいとの事。
支払いをしなくても、電話で席が確保できることに驚きながらも予約してもらう。

搭乗券

コーン島にはATMがないので、お金を下ろしてからマナグアの空港へ向かう。
航空券は殴り書きの手書きで何が書いてあるか読めない。
受付のお姉さんは「ハイテクでしょ」と言いながら、搭乗券を渡してくれる。
こちらはプラスチックの使いまわしのカードに番号が書いてある。
番号のおかげで何人に搭乗券を渡したか、分かりやすくなっている。
帰りの便の予約は?と聞くと、オープンチケットとの事。
なんとも大らかな航空会社だ。

マナグアを離陸したプロペラ機は、ほぼ満席。
コーン島に行く人が殆どだと思っていたら、
途中で寄ったニカラグア本土のブルーフィールズで大半の人が降りてしまった。

飛行機から見えるコーン島

再び機体は上昇し、約1時間で窓の下にはコーン島が姿を現した。
珊瑚に囲まれたコバルトブルーの海に緑豊かな森がこんもり。
ビーチ沿いにだけ、ちらほら建物が見える。
飛行機が到着するビッグ・コーン島が10平方km、
そこから船で40分行ったところにあるリトル・コーン島が2.9平方kmと、とても小さな島だ。

リトルコーン島への船着場

レオンの宿で一緒だったドイツ人のヤンさんから、リトル・コーン島をお勧めしてもらっていたので、
空港からタクシーで船着場へ行き、夕方の船でそのままリトル・コーン島に向かうことにした。
小さな船には乗りなれてきたはずだけど、今まで乗った場所は湖だったり川だったりして、
やはり大海原は揺れが違う。
大波と船がぶつかり、ばったんばったんと上下左右に揺れながら、
頭がシェイクされた状態でリトル・コーン島に到着した。

さすがに移動続きで疲れていたので早く宿を見つけたいところだけど、
持っているガイドブックにはリトル・コーン島の地図がない。
船着場でダイビングショップのお兄さんからもらった無料の地図を頼りに探してみることに。
島には車がないどころか、大部分が森だ。
島の西側にある船着場から森を横断して東側のビーチまで歩き、やっと何件かの宿が見つかった。
せっかくなので、少し高いけどビーチが目の前のコテージに泊まることにする。
もしかしたら、これがこの旅で最後のカリブ海かもしれない。
朝に夕に、その美しさをこの目に焼き付けたい。
波の音を聴きながら眠るのは、久しぶり。

ありさ

FC2ノウハウ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 波の音と眠る


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

蛍と星の光る夜

ご機嫌なビーチ リトルコーン島

朝、コテージの扉を開くと、すっかりご機嫌な風景。快晴だ。

目の前には、いつでも好きなだけ泳げるマリンブルーの海が広がっている。
椰子の木に張った洗濯ロープに洗濯物を干したら、早速島をお散歩。

運ばれてきた物資 リトルコーン島

船着場のある島の西側には何軒かの小さな商店があるけど、
すべての物資がコーン島から船で運ばれてくるので物価は高い。
小さな島での物価は覚悟していたものの、地元の人が行くような食堂がないのには困った。
たくさん歩いてようやく雰囲気のよいお手軽なお店を見つけて朝食をいただく。

北側は島民の生活の場

ホテル、2軒のダイビングショップ、商店、カフェが集まる島の西側の観光客向けゾーンを過ぎて北上すると、
そこは島民の生活の場となっていた。
小さな家々が並び、小学校があり、バスケットボールコートがあり、野球場があった。
年頃の娘たちは念入りに髪を結い、ドレスアップして男性陣の気を引くように歩く。
誰もが知り合いの、小さな島の生活。

椰子の森

島民の住む北側を抜けると、再び森の中。
てくてく歩いて北東部にある宿を探しに行く。
そのうちの1軒で部屋を見せてもらうと、個性的な造りのコテージもあって、遊び心がくすぐられる。
でも、船着場からはかなり距離があるため、こちらに泊まっている人はほとんどいない。

カリブ海に沈む夕陽 リトルコーン島 

ビーチ沿いを南下して自分達の宿に帰ろうとした時、西の空が染まり始めた。
島で見る夕陽はどうしてこんなに美しいのだろう。

岩場でカニが横歩き

岩場で夕陽に見とれていると、辺りはぐんぐん暗さを増して、真っ暗になってしまった。
ヘッドライトの明かりを頼りに宿を目指す。
岩場にはカニがいっぱい。
ふとビーチと反対の方に目をやると、森が転々と光っている。
静かにオレンジ色の光を放つ無数の蛍だった。
蛍はかなり高いところまで飛んでいて、木々の間に光る星に混じってどれが蛍か見分けがつかない。
蛍と星の光る夜。

ありさ
FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 蛍と星の光る夜


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

島時間

コテージ リトルコーン島

この島は、今まで訪れたどの島とも違う。
そこまで高級リゾートでもなく、そこまでリーズナブルでもないく、ちょうど中間。
バッグパッカーとして来るにはいささか高くつき、ハネムーンとして来るには快適さと華やかさに欠ける。
きっと、あくせくと何かしようとするからいけないのだ。
島にあまりにも何もないので、最初はどうしたものかと思ったけど、昨日歩いてみてわかった。
森を散歩して、海につかって、木陰で読書する。
それだけで充分。
それが、似合う島なんだ。
それに気づいてからは、ゆったりとした島時間に身をゆだねることにした。

花が誘う散歩道 カーサ・イグアナ

レオンで出会ったドイツ人のヤンさんが「カーサ・イグアナ」という宿に泊まり、
景色がすばらしかったと言っていたことを思い出し、行ってみることにした。

カリブ海を望むレストラン カーサ・イグアナ

宿は高台の上にあり、コテージやレストランからは穏やかなカリブ海を一望できるようになっていた。
とっても贅沢な眺め。
宿の敷地内は花が咲き乱れ、歩道は白砂が敷かれている。
ちょっとここだけモルディブみたい。

波と戯れる リトルコーン島

その後、森を抜けて西側に行ってみると、風が唸り声を上げている。
嵐が来ているようだ。
西側はこんなに波が高くても、東側は波ひとつない穏やかなビーチ。
小さな島だけど、西と東で表情が全然違う。

ロブスターピザ

夕食は、お気に入りのお店でロブスターピザ。
島で一番安いお店。味はまあまあ。でも、ロブスターはぷりぷり。

こうしてのんびりした島時間が過ぎていった。

ありさ

FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 島時間


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

恐怖のボート

リトル・コーン島からビック・コーン島行きのボートは1日に2便だけ。
朝6時半とお昼の1時半。
昨日は激しい風のため、船が出なかったらしい。
今日には天気がまだ少しはまともになるから、出航するかもと島の住民達は言っている。

強風が吹く リトルコーン島

そして、今朝にでも風が無さそうだったら、ビック・コーン島に向かおうと思っていたけれど、
寝ていてもわかるくらい、激しく風が吹いているので、諦めてもうちょっと寝ることにした。
昼の便を期待して、10時に宿をチェックアウトし、
ご飯を食べに島の西側に周ると、めちゃくちゃ海が荒れている。
昨日もそうだったけれど、島の西と東の海岸でこうも海の状況が違うとは…。
ボートは島の西側から出るので、こりゃ無理かと思っていた。
しかし、今朝島の東側のまだ比較的穏やかなビーチ側から出航したとのことで、
午後もたぶんそこに行けば船が出るよといろんな人が言うので、まあ気長に待ってみる。

カーサ・イグアナからの眺め

東側のボートが出る場所は、島の東側にある一番の豪華な宿、カーサ・イグアナのすぐ近く。
そこで、カーサ・イグアナに行って何をするでもなく、ぼーーっと海を眺める。
ここからの海の眺めは絶景。
あまりにも綺麗すぎ。いつまで見ていても飽きないくらい。

1時半になるとどこからか数人が集まり、予定通り出航する。
そして、これが悪夢の始まり。

沖に出ると、やはり海は荒れている。
スピードを出すにつれ海水ががんがん飛び散ってくる。
大きな1枚のビニールシートが雨除けとして、みんなの頭上にひかれ、
ボートの端に座っている人たちは必死にそれを引っ張って飛ばないようにしている。
少しでも風になびけば海水が入ってくる。
こうなると外が全く見えない。
前に座っている人の背中しか見えていないくらい。

今はどこで、どういう風に船が進んでいるのか?
それさえもわからなくなる。
たまにふわっと浮く事がある。
それは大波を越えている瞬間。それがまた怖い。
そして着水の時の衝撃も大きい。
暗闇でジェットコースターに乗っているようなものだ。

はっきり言って恐怖しかない。
激しい縦揺れと着水の衝撃。
あまり船酔いしない自分でもかなり気持ち悪くなるくらい。
吐かないようにと思う前に、
無事に着いてくれって願う。

恐怖の30分。
長い。
ビニールシートが取られ、太陽の光が入ってきた時は安心した。
そして、ビック・コーン島に着いた。
しかし、その船着場は行きと違うところ。
どこなんだ?と思いつつ、島を歩く。
まだ船に乗っていた余韻か、ふらふらが止まらない。
気持ち悪さも止まらない。
あー早く休みたいと思う時に限って宿がなかなか見つからない。
もともと選ぶ余地が無いほどしか宿の数は無いのだけれど、
なんだかんだとかなり歩きまくって一番安い宿へ。
リトル・コーンよりも物価がグッと安くなってなんとなく安心。

夕焼け空 コーン島

そして、また美しい夕陽を見る。
コーン島の夕陽は燃えるように赤い。

ゆーじ

FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 恐怖のボート


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

ビック・コーンを歩く

ありさはスキューバのPADIアドバンス・コースを取得するため、朝から海へ。

自分はカメラ片手に島を歩いて1周することに。
1時間半で周れると聞いたので、余裕だと思って歩き出す。

ビック・コーン島

島の北側は海がとても澄んでいて、透明度がかなり高そう。
まだ風が少しあるけれど、止むともっと海がきれいに見えるそうだ。
リトル・コーンの方がきれいだと言われているけれど、
ここでも充分なくらいだ。
リトル・コーンはモルディブのようなリゾート島の感じがする。
大陸から離れているため、物価がかなり高い。その点でもリゾートちっくな印象を受ける。
ビック・コーンも大陸よりは物価が高いが、リトル・コーンほどではない。
観光客は皆リトル・コーンに行ってしまうようで、
あまりというか、ほとんど観光客を見かけない。
移動のために寄っているだけという人が多い。
ビック・コーンはローカル色が濃く、ご飯もローカルのお弁当やさんがあって、
安くて助かる。滞在期間中毎日お世話になりそう。

今日はかなりギラギラと太陽が照っていて、日射病になりそうなくらい。
それでも、美しい海を見ながら、のんびり島を歩くのは気持ちいい。

ビック・コーン島

北の方にはあまり住民がいないようで、家がちらほら見えるだけ。
気候といい、雰囲気といい、ハワイの島の田舎のような光景。
住民の人も気軽に声を掛けてくれる。

ビック・コーン島

1時間半歩いても島の半分くらいしか進んでいない。
あまりに時間が掛かりすぎる…
島にはタクシーが溢れていて、お昼には小学生たちがタクシーに乗っていったん家に帰っている。
ちょうどそのお昼どきに疲れ果ててきたので、タクシーに乗ろうにもなかなか捕まらない。
結局2時間以上かかって島を1周。
全く何も無い島だけれど、とても好きな感じを受ける。
いいところだわ~。

しかし、コーン島というくらいだからとうもろこし畑がいっぱいあるのかと思ったが、
全く見当たらない。なんでコーン島?

ゆーじ

FC2ノウハウ
  • Comments: 5
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - ビック・コーンを歩く


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > [9カ国目 ニカラグア]コーン島

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。