DiaryTOP > [7カ国目 グアテマラ]リオ・デュルセ

[7カ国目 グアテマラ]リオ・デュルセ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

ジャングルを越えて水上へ

セムクチャンペイからどこへ行くか?
できればあまり後戻りをするようなルートを取りたくない。
地図やガイドブックを見て、いろいろ悩む。
グアテマラを後にするのにふさわしい場所は?

決めたのはリビングストン。
陸路では行くことができない、ガリフナの人々が住むグアテマラの西の果て。

ひとまず、リビングストンに向かうのに起点となる町、リオ・デュルセを目指すことに。
そこからボートでリビングストンへ渡る。

しかし、どの道を通ってどうやって行くべきか、ガイドブックには書いていない。
セムクチャンペイの宿でリオ・デュルセに向かう近道がないか聞いてみる。
やっぱり現地の人の生の情報が一番だ。

宿のお兄さん曰く、出発の日に山道を抜けて最短距離を走る車があるか聞いておいてあげるとのこと。
この近道は、ちゃんとした地図じゃないと載っていないような道。
ほんとに大丈夫なのか?
ロンプラ中米版によると、その道は逆ルートは一日で乗り継げる乗り合いバスがあるが、
こちらから向かうには途中の何もない村で一泊しなければいけないとのこと。
一応山賊などの強盗の危険は低そうなので、車が出てるかどうかの運次第で行く事ができる。

そして、昨晩「車が出てるから行けるよ!」と宿の兄ちゃんから連絡を受け、
即「行きます」と返事した。
朝7時に宿を出て、隣町のランキンへ。
ランキンでその車を待つと、荷台にジュースを積んだ車がやってきた。
前の5つある座席には外国人旅行者が座っていて、自分達の座るところが無い。
もしかして、荷台ですか…
荷台の缶ジュースが大量に敷き詰められた上に座ることに。
かろうじてビニールの屋根はあるので、いちおう雨が降っても大丈夫そう。

今回はきちんと何時間かかるか聞くと、帰ってきた答えは5時間。
いやー5時間ジュースの上か!って驚いた顔してると、
大丈夫2時間半で中の旅行者と交代するからと。
まあそれなら…と思って出発!

ずーーーーっと未舗装の山道。
しかも異常なほどスピードを出すので、揺れまくる。
荷台にしがみつかないと飛ばされていきそう。
砂埃もすごい。ダイレクトに風を感じる。
しばらく走ると髪がごわごわになるくらい。
いったいどこに向かうんだか…。

ちょうど2時間半で荷台のジュースを配達する場所にたどり着く。
そこで中の旅行者さんと交代して助手席へ。
いやーやっぱりシートは快適。

少し進むと山道は終わり、大きな普通の道路に出る。
エル・エストールという小さな町に到着。
ここはイザベル湖というグアテマラで一番大きい湖の畔の町。
イザベル湖ではマナティが見れるそうだ。

それにしても暑い。この暑さといい、マナティといい、街並みがベリーズっぽくなってきた。
この町で旅行者さん達は銀行で大金降ろして運転手に支払っている。
何かと思ったら、ランキンに1週間いて、かなり飲み食いしたらしく、
持ち合わせが無くて払えなかった模様。
いったいどれだけ飲んだんだってくらいの金額を支払っている。

この町からリオ・デュルセまではきれいに舗装された道路を西に真っすぐ。
日本の援助で建てられた道路のよう。なぜこんな田舎道を舗装したのか??
なぞだが、湖の近くを快適に走るのは気持ちが良くて最高の気分。
そして、リオ・デュルセというひょうたん型の湖の真ん中のへこみに位置する町に到着。
一目見て今までのグアテマラと違う。
マヤの人たちの姿はなく、代わりに黒人の血を引いているガリフナの人たちが少数いるのがわかる。
町の感じ、暑さ。グアテマラの広さ、多様性を感じた。

リオドゥルセの水上の宿へ

ここからボートで湖の畔にある宿へ。
町の宿よりも湖にある宿の方が値段も変わらず雰囲気がいいという。
宿のボートが迎えに来てくれて、湖へ出ると、びっくり。
豪華クルーザーやヨットがわんさか停留している。
ここは金持ちの来るところなのか!

カーサ・ペリコに到着

こんなところに安宿があるのかな?って思ったけど、
宿に着いてびっくり。
湖の浅瀬の上にまるで水上に建てられたかのような建物がある。

カーサ・ペリコのレストラン

ドミトリーの棟から個室の棟、レセプション・レストランと木のデッキで結ばれている。
こんなおもしろいところがグアテマラにあるとは。

カヤック(無料)を借りて、湖に出てみようと思ったけど、けっこう大変な移動で疲れている。
なので、のんびりごろごろと過ごすことに。

昨日まではジャングルの中。
今日は水上の上。
なんだかグアテマラはおもしろい。

ゆーじ
FC2ノウハウにも掲載されています
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - ジャングルを越えて水上へ


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

滝の温泉に打たれて

サンペドロからアンティグアに向かうシャトルバスの車内。
後ろの席から気になる会話が聞こえてきた。
8年タイに住んだ後、3年サンペドロに住んでいるという男性が、
他の旅人からグアテマラでお勧めの場所を聞かれていた。
その中で一番気になったのが「滝の温泉」。
何でも、あったかい温泉の滝が冷たい滝つぼに落ちていて、
その熱いお湯と冷たい水が混ざるポイントが、とにかく気持ちがよいらしい。
耳をダンボにして話に聞き入っていたけど、肝心の滝の名前を書きとめなかったので、
アンティグアに着いた時には忘れてしまった。

アンティグアの日本人宿に到着し、
台所の壁に貼られていた巨大な「富永マップ」をボーっと見ていた時、あった!
その滝は「フィンカ・エル・パライソ」という名前だった。
日本語だと「パラダイス農園」という意味。
なんだかわくわくした。

フィンカ・エル・パライソへの道

リオ・ドゥルセの船着場にあるカフェに荷物を置かせてもらい、
エル・エストール行きのマイクロバスで1時間。
リオ・ドゥルセとエル・エストール間の道はJBICの援助が入っていて、
完璧に舗装されており、牧歌的な景色はニュージーランドみたい。
窓からは乾燥したあたたかい空気が入ってきて気持ちがいい。

フィンカ・エル・パライソ

小さな滝の看板の前でマイクロバスを降りると、川沿いを山の方へ10分歩く。
川からは、ほのかに硫黄の香りが漂う。
森の中、滝の音が聞こえてきたと思ったらその姿が見えた。
滝つぼでは、地元の人達が気持ち良さそうに泳いでいる。
早速水着で入ってみると、水はちょっと冷たい。

フィンカ・エル・パライソ 滝つぼ

泳いで滝の下へ。
滝があったかい!
人肌より少し熱めの、ちょうどよい湯加減の滝が落ちてくる。
滝つぼの水は冷たいので、なんだか不思議な感じ。
滝つぼは深くなっているけど、一部石の上に立てる場所がある。
そこに立っていると、肩に滝が落ちてくるので本当に気持ちがいい。
昨日、トラックの荷台で支柱にしがみついて肩がこっていたのでちょうどいい。
一日中いたいけど、リビングストン行きの船の最終が13:30なので、
数時間、何度も入ったり出たりを楽しんで滝を後にした。
身体がすっきり軽くなった感じ。

ありさ

FC2ノウハウにも掲載されています
  • Comments: 4
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 滝の温泉に打たれて


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > [7カ国目 グアテマラ]リオ・デュルセ

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。